So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

国土防衛(4)人口問題(4)若者の意見 [思うままに]

若者の意見と書きましたが、次の記事は何才の方か判りませんが、少なくとも、私よりも年令は下の様なので、高齢者の一人の意見を書いてみます。
 因みに、私は もうすぐ、78歳です。

いつだったか忘れましたが、私が、何時頃、死ぬ事になるかを考えたときがありました。その時は、80歳ぐらいで、亡くなる人が多い様に、言われていた様に記憶します。
 その時は、まだ、仕事をしていました。
昨年、思っていた年令に後、二年になりました。 所が、身体には、あちこち、悪いところが有り、次々、病院通いをしていましたが、この調子なら、85歳までは生きれるなと思う様になりました。
 そこで、多く無い財産を計算しましたら、85歳までなら、どうにか足りる様に思いました。
 しかし、計算をしたお陰で、生活が変わりました。 それほど生きて居れないから、できるだけ、あちこちへ行こうと言うことになりました。その時のお金の使い方が変わりました。出来るだけ、お金を使わないで行こう。 歩いて行けるところは、歩こう。
 歩くということが、楽しいということを発見しました。

さて、読んだ記事は、次の記事です。
人口減少の原因は?影響やメリットも!対策などもチェックしてみよう!
https://nitijouhou.com/613.html

人口減少の原因は?
と、書いて居られます。
 これは、前回見ていただいたようなものを読みますと、確かに、人口は減少しているようです。
 私が住んでいるのは、大阪府の郊外ですが、住んでいて、人口が減ったなという感じはありません。 しかし、上の記事を書かれた方は、老人が、増えすぎているのがご不満の様です。

 これは、確かに云えるかも知れません。 向こう三軒両隣りは、すべて、私と同年輩の老人の様です。 と書きましたものの、本当の事は知りません。 両隣りは、偶に、私が外出する時に、お隣も出掛けられるようで、「こんにちは」と挨拶はしますが、それ以上、お話することは有りません。

nice!(0)  コメント(0) 

国土防衛(3)人口問題(3)世界の人口減少国 [思うままに]

世界で、人口が減っている国は、見つかりませんが、次の記事は、
  増加している国から、順番に表示されています。

 国の人口増加率順リスト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%A2%97%E5%8A%A0%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88
 データは国際連合の世界人口推計報告書の2008年版[1]による2005-2010年の中位推計の年増加率による。
人口増加率は、一年間に人口が1%ずつ増加する国は、70年後には人口が2倍以上になり、一年間に人口が1%ずつ減少する国は、69年後に人口が半分以下になる。
と記されています。

世界の人口増加率は、1.18と記されていますから、世界規模で考えますと、現在は、地球全体では、増加していることになります。
 減少している国は、一覧表の下から、順番に記されています。
私が知っている国名とその位置を知っている国は、ロシア、ドイツ、日本、ギリシア、デンマークと成ります。

nice!(1)  コメント(0) 

国土防衛(2)人口問題(2)人口減少 [思うままに]

「人口減少」をキーワードにして、グーグルで検索しますと、一杯ヒットするのを紹介しました。
 私も少し、読んで見ましたが、人口が減少したら何故困るのか、人口が減少したら、どのようなことが起こるのかなど、範囲が広すぎて、考えがまとまりません。

タイトルを見て頂きますと、解かりますように、国土防衛から考えると、人口が減ると、兵隊になる人が減ると単純に考えまして、スタートしました。

国土を防衛するにはいろいろの方法が有りますが、防衛するには、人間が、防衛するか、器械が防衛するか二通りしかありません。

 攻めくる相手に関係無く、簡単なのは、北朝鮮の例が有ります。

トランプ氏は、自分の国が、一番核兵器を持って居ながら、地図を眺めてもわかるような小さな国、北朝鮮を相手に、戦争を始めました。
 少し、脅せば、直ぐに、言うことを聞くと思ったのでしょう。使う言葉は、どんどん、えげつない言葉になりました。
 すぐにでも、アメリカからミサイルが飛んでくるような勢いでしたが、脅し合いは、ストップしてしまいました。
 何故かと言いますと、簡単です。いくらトランプ氏に脅されても、北朝鮮は、口だけではなくて、新しい核兵器を飛ばしました。 北朝鮮の記念日には、誇らしげに、ミサイルをひっぱって見せました。
 あまりにも大きいのでハリボテ加と思っていましたら、次々と撃ちあげました。
それだけではありません。そのミサイルが、アメリカ本土に届く事が分かりました。

 その結果、どうなりましたか。
アメリカは、北朝鮮のような馬鹿デカイ、ミサイルではなく、小型の核兵器製造に切り替えることにしました。
 切り替えたのではありません。一発落とせば、1000万人は、死ぬであろう、核兵器をアメリカは、6970発も所持していることになっています。

北朝鮮は、8発ですが、それほど必要ありません。3発を、アメリカに撃ちますと、アメリカの6970発は、爆発しないのでしょうか。 しないと確信しているのでしょう。核兵器は、自爆装置が働かないと、爆発しないのでしょうね。

 しかし、北朝鮮の核兵器で、アメリカの6970発の核兵器は、爆発しないという保証は有りません。
もし、爆発しますと、アメリカは、全員死亡することになります。

私は北朝鮮は、あの何度でも放映されます、軍隊の行進を見るだけで、国民全員は、いつでも、死ぬ覚悟は出来ていると思っています。

長くなりましたが、北朝鮮の勝ちです。
国土防衛をするのは簡単です。核兵器を三発持つだけで、アメリカにも勝つことが出来るということが分かりました。
 その代わり、日本も消滅しますが・・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

国土防衛(1)人口問題 [思うままに]

 国を守るには、一番に人が大切です。次は軍備だと思います。その他、諸々ですが、どれか一番大切とは云えないと思います。
 
 どれも、同時進行で、考え、実行したく思います。
とは言うものの、特に急ぐ必要の有るものを上げたいと思います。

タイトルに書きました「人口問題」です。 特に、私がこれまで考えた訳ではありませんが、ここ一年は気になっています。 そして、解かった事は、日本の人口減少は、止めようがないと言うことです。

「人口減少」をキーワードにして、グーグルで検索しますと、一杯ヒットします。
上から、二つのみ、紹介しますので、読んで下さい。


総務省|平成29年版 情報通信白書|人口減少社会の課題と将来推計
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc141110.html
フィードバック
この結果について
人口減少が「当たり前」を崩していく日本の黄昏(『未来の年表』書評1/2 ...
hiah.minibird.jp/?p=2708
1. キャッシュ
2017/12/17 - 少子高齢化が叫ばれて久しいが、自分の生活や社会がどう変わるのか実感しにくい。そこでデータに基づきその影響をまとめた『未来の年表・人口減少日本でこれから起こること』を読んだところ、悲観論者大歓喜の絶望的未来にドン引きした。今回は本書が描く日本の未来を8つのイシューに分けて紹介。介護離職や輸血血液・病院不足など色々やばい。
人口減少社会 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/人口減少社会
1. キャッシュ
2. 類似ページ
人口減少社会(じんこうげんしょうしゃかい,Population decline)とは社会において出生数よりも死亡数の方が多く継続して人口が減少していく時期。日本においては、2000年代後半、もしくは2010年代以降、その局面に入ったとされる。 目次. [非表示]. 1 人口減少に入った地域; 2 原因; 3 経済との因果関係. 3.1 経済成長; 3.2 生産年齢人口; 3.3 国家財政; 3.4 消費; 3.5 物価. 4 その他の影響; 5 日本. 5.1 具体的な影響. 6 脚注; 7 関連項目. 人口減少に入った地域[編集]. 人口減少に入った地域. 国, 年, 人口, 自然減
‎人口減少に入った地域 • ‎経済との因果関係 • ‎その他の影響


 
これだけ、分かって居れば、順番に、実行していけば、解決しそうなものですが、どんどん進行して行くと思われます。

考えるよりは、実行だと思います。  78歳の私の考えですが、思いついた順に、書いてみようと思います。

nice!(1)  コメント(0) 

スパイ作戦 [思うままに]

日本軍が有利な展開なうちに早期に休戦・終結させる試みは、1942年(昭和17年)の時期から一部の政治家・官僚・民間人の間で摸索された。

終戦工作の例
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%99%8D%E4%BC%8F#終戦工作の例
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内、 検索

 どのよに、終戦工作をしたかは書いてありませんが、ここには書いてない所に、ロシアに仲介を頼もうとしていたが、上手く行かなかったとの記事を見ました。その後、ネットで検索しましたが、同じ記事は見つかりませんでした。
 この記事に、アメリカは、ロシアのスパイを使っていたことが書かれていました。 そのスパイは、中国に働きかけて、日本に不利になるようなことをしていたことが書いて有りました。
 しかし、私が知っている歴史は、日本が、だまし討ちにして、真珠湾を攻撃した内容になっています。

 そのような馬鹿なことはあり得ない。アメリカとの戦争になりかけた時に、ロシアに仲介をお願いしようとしていた記事は、あり得ますが、本当は、日本は、ロシアの様子は、全く知らなかったので、仲介の話が生まれたのではないかと思いました。

このスパイの件も、もう一度、見つけようと思いましたが、見つけることは出来ませんでした。
でも、本当にありそうな話だなと、今も思っています。
と言う次第で、「真珠湾攻撃は日本のだまし討ちでは無かった」ことを調べる気になりました。

下記に記すような記事が見つかりましたが、皆、難しいですね。 難し記事は、夫々、関係は無しにかかれた記事ですから、どれも、当時の正しい歴史は、こうだと言うものが有りませんから、一層複雑なものと成り、頭混乱です。


真珠湾攻撃は日本のだまし討ちではなかった ~最初に戦争を行ったのはアメリカだった~
https://ameblo.jp/kousyoku-labo/entry-12030256226.html

真珠湾攻撃 隠された真実
https://sites.google.com/site/uranenpyou/home/attack-on-pearl-harbor

ルーズベルトの罪状:日米戦争をおこしたのは誰だ
http://bewithgods.com/hope/japan/14.html

 
「真珠湾攻撃は日本のだまし討ちだった」という歴史は、長いこと、信じて来ましたから、なかなか、打ち消すことは出来ません。

また、時間を置いて考えて見ようと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮の核爆弾50ktの威力や破壊力は広島型と比べて、どのくらいの強力なのか? [思うままに]

https://jpreki.com/50kt/ 
東京に落とされた時のことを想像しながら、読んで下さい。

北朝鮮と中国の歴史は、勉強していませんが、北朝鮮と中国の国境の地図をご覧ください。 川が国境になっていますが、国境は長いですら、北朝鮮は、中国からの進出は防ぐことは出来なかったと思います。中国は、武器は必要無かったと思います。
世界の人口ランキング
http://ecodb.net/ranking/imf_lp.html
 人口が多いと言うことは、国土が広いことにもなりますが、文化が発展すれば、人口は増えるのではないかと思います。
 現在の人口では、確かな事は言えませんが、一億の中国人が、武器を持たずに、朝鮮半島に移動したとしますと、北朝鮮(朝鮮を含む)は、中国の人を止めることは出来なかったと思います。
 文化が高ければ、武器の性能は高いと考えられますから、一層、中国は朝鮮半島に進出津、民族は、一緒になっても可笑しく無いのですが、動詞、朝鮮は、中国に併合されなかったのでしょうか。

想像の域ですが、朝鮮は、戦争の度に、ちゅうごくより、優秀な武器を開発したの手は無いでしょう。
 それが、北朝鮮の核爆弾50kt と考えています。

これは、威力が強すぎて、実験されていませんが、東京に落とせば、一発で全滅だと思います。
しかし、アメリカが攻撃されれば、散髪で全滅です。

と言う次第で、トランプ氏は、北朝鮮に武器を放棄しなさいと命令していますが、間違いでしょう。
 アメリカと一緒に、核兵器は、放棄しようと言うべきでしょう。

アメリカは数だけで見れば、北朝鮮には負けることは有りません。

しかし、使うことは出来ません。
北朝鮮は、散髪ハ、アメリカに使うでしょう。
韓国と日本には、一発ずつ、使う覚悟はあります。

ソウルと東京に使うと宣言しています。 本気だと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

水素爆弾 [思うままに]

前回、原子爆弾のことを書きましたが、その後、水素爆弾が開発されました。 そして、実験されました。

エニウェトク環礁 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%88%E3%82%AF%E7%92%B0%E7%A4%81
環礁は太平洋核実験場の一部となり、1948年から1962年までアメリカ合衆国の核実験に使われた。1948年4月30日のサンドストーン作戦(エックスレイ実験)を皮切りに、1952年には最初の水爆実験アイビー作戦(Operation Ivy)が行われた。

第五福竜丸(だいごふくりゅうまる)は、1954年3月1日に、ビキニ環礁でアメリカ軍の水素爆弾実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船の船名である。無線長だった久保山愛吉(くぼやま あいきち、1914年6月21日生まれ)がこの半年後の9月23日に死亡した。
結果論ですが、エニウェトク環礁 では、人間は死ななかったのでしょうか。
ビキニ環礁では、日本の第五福竜丸が日本に戻って来ましたから、解かりましたが、もし、まともに、水爆下に居たら、一瞬に、消滅して誰も居なかったことになります。

この様に眺めて来ますと、アメリカは、結果的には、世界で初めて、原子爆弾の実験を広島と長崎で実験したことになります。
そして、その後、人類は、二度と実験をしなかったのですが、これらの流れから判断しますと、
広島と長崎は、アメリカが、原子爆弾の実験場として使ったことになります。
仮に、一歩譲って、広島は、実験でなく、日本に早く、戦争を止め刺す為だったとすれば、威力は、直ぐに、解かった筈です。 何故かと言いますと、どれぐらいひどかったかは、投下後、日本に上陸して確認しています。
出来れば、どのような結果であったかを公表して欲しいものです。
 どうしてかと言いますと、このときに、ソ連(ロシア)も、何故か、日本にきて、調査をしました。その時の資料を日本は、受け取っています。
アメリカは、公表しませんでしたが、オバマ大統領は、このような事情を知っていたから、広島を訪れました。そして、献花をし、被爆者の方の肩に手を添えられました。
トランプ氏は、広島は訪れずに、韓国を訪問された時に、元慰安婦といわれる方を抱擁して、慰め(?)られました。 どうして、元慰安婦の方が、招待されたのでしょう。

nice!(0)  コメント(0) 

原子爆弾(6)  日本への原子爆弾投下 [思うままに]

• ウィキペデイアの次の部分より借用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E6%8A%95%E4%B8%8B
日本への原子爆弾投下(にほんへのげんしばくだんとうか)は、第二次世界大戦の末期に当たる1945年8月に、アメリカ軍が日本に投下した二発の原子爆弾による空爆である。人類史上初、なおかつ世界で唯一核兵器が実戦使用された例である。
• 1945年8月6日に広島市に投下された原子爆弾については広島市への原子爆弾投下
• 1945年8月9日に長崎市に投下された原子爆弾については長崎市への原子爆弾投下をそれぞれ参照。
この原爆の使用は、この時の前後には、一度も使われていない使用です。 使われた理由は、戦争を早く終わらせる為とされていますが、そのような書類は、アメリカに保存されているのでしょうか。

私の勝手な想像では、書類は残っていないと思います。(本当は残っていないとおかしいです)
実験をするかしないかは、国であれば、政府の中で、議論された筈です。
日本に原爆の投下は、案外簡単に決まったと思います。(残っていないとしますと、あまり論議もそれないで決まったと思われます)

 しかし、その威力が分かっていないと、東京や大阪に落とせば、1000万単位の人が死ぬとすれば、戦争を早く終わらせたかったという結論にはならなかったと思います。
威力は、それほど大したものではないと推定していたのではと思います。 それぐらいの程度に思っていたのであれば、誰が、どの様な発言をしたかは残されて有ると思います。
一度も実験もしないで、戦争に使うことは有りえません。 普通、実験は、開発した原子爆弾の100~1000の1の威力のものを作り、それを実験します。

最初は、アメリカの国内で実験をしたのでしょうか。
調べましたが見つかりません。 陸でないとすれば、海になります。
有名なのは、第五葺く竜丸です。 
この船に乗船しておられた久保山愛吉氏が被害に遭われて、亡くなられました。
第五福竜丸(第五福龍丸、だいごふくりゅうまる)は、1954年3月1日に、ビキニ環礁でアメリカ軍の水素爆弾実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船の船名である。無線長だった久保山愛吉(くぼやま あいきち、1914年6月21日生まれ)がこの半年後の9月23日に死亡した。

エニウェトク環礁 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%88%E3%82%AF%E7%92%B0%E7%A4%81
環礁は太平洋核実験場の一部となり、1948年から1962年までアメリカ合衆国の核実験に使われた。1948年4月30日のサンドストーン作戦(エックスレイ実験)を皮切りに、1952年には最初の水爆実験アイビー作戦(Operation Ivy)が行われた。

広島に投下されたのは、1945年8月6日 です。上記に書きました実験等の日付を確認してください。

【終戦の日】日本人なら知っておきたい昭和20年8月15日の出来事
https://matome.naver.jp/odai/2140794190016356501
1945年(昭和20年)8月15日正午

確かに、アメリカが言う様に、
1945年8月9日に長崎市に投下された原子爆弾の 6日後に終戦になっています。

アメリカは、広島の被害の確認をしない内に、日本は、終戦を宣言したことになります。

このように考えてきますと、アメリカは、やはり、広島で実験したのでしょう。
でも、もう一度、長崎で実験したと考えるのは、おかしいです。 戦争を早く終わらせるためであれば、長崎は、必要なかった筈です。

nice!(0)  コメント(0) 

原子爆弾(5) [思うままに]

 アメリカは、どうして、原子爆弾を広島と長崎に投下したか、調べて頂きましたか。
別に、調べなくても分かっている理由は、戦争を早く終わらせる為に、行ったという理由は、正しいとこれまで、ずっと、思っていました。(アメリカは、このように言ってましたから)

 別に原爆投下はしなくても、アメリカが勝つ事は分かっていたが、日本が、どうしても、負けましたと言わないので、戦争終結を早める為に行ったと信じて来ました。

 言い変えますと、日本は、どれだけの日本人が死んでも、止めようとしなかったので、日本の為に原爆を落としたと思っていました。

 しかし、終戦前後には、いろいろ、不思議な事件が起こっていました。
 その内の一つに、大きな地震が有りました。
戦中戦後の歴史に埋もれた「昭和の4連続超巨大地震」https://matome.naver.jp/odai/2137775333953640001
 この中の一つに、東南海地震があります。 この地震では、津波も同時に発生しました。

昭和東南海地震  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E6%9D%B1%E5%8D%97%E6%B5%B7%E5%9C%B0%E9%9C%87
1944年(昭和19年)12月7日午後1時36分から、紀伊半島東部の熊野灘、三重県尾鷲市沖約 20 km (北緯33度8分、東経136度6分)から浜名湖沖まで破壊が進行した(震源としては「熊野灘」)M7.9のプレート境界型巨大地震。単に「東南海地震」または「1944年東南海地震」と呼ばれることがある。・・・・

 この地震は、戦時中で有ったためか、詳しい状況は分かりませんが、東海地域の軍需工場が壊滅的な打撃を受けたました。特に、
飛行機の主力工場が、壊滅状態になったのではないかと推理しています。 終戦の年の丁度一年前に当っています。

nice!(0)  コメント(0) 

原子爆弾(4) [思うままに]

原子爆弾というような古い話を書き始めて、4回目になります。

どのような兵器でも、新しく作られた時は、どれぐらいの威力があるか実験をするものでしょう。威力が有り過ぎて、撃った銃が、爆発して、撃った人が死ぬようでは、使い物になりません。
 どのようにして、試すのでしょうか。
仮に、一発撃って、大丈夫であれば、100回位実験して、大丈夫であれば、製品にするのでしょうか。
 100回は大丈夫でも、200回撃って、撃った人が死ぬようでは、武器になりません。

アメリカは。原子爆弾を作った時は、何処で、何回程、実験をしたか知りたくなりました。

ネットで、「原子爆弾 アメリカ 実験」で検索しますと、一杯ヒットしました。

恐ろしい記事が見つかりました。

原爆投下は人体実験だった?
https://ameblo.jp/orange54321/entry-12058297272.html

 アメリカは日本に、広島と長崎に原爆を投下しました。

「原子爆弾 広島 長崎 投下」をキーワードにして、検索しますと、一杯、ヒットします。
https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=oa2CWum8Dciw8wXOpYF4&q=%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE+%E5%BA%83%E5%B3%B6%E3%80%80%E9%95%B7%E5%B4%8E%E3%80%80%E6%8A%95%E4%B8%8B&oq=%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE+%E5%BA%83%E5%B3%B6%E3%80%80%E9%95%B7%E5%B4%8E%E3%80%80%E6%8A%95%E4%B8%8B&gs_l=psy-ab.12...2199.40308.0.60771.46.28.18.0.0.0.142.2799.16j12.28.0....0...1c.1j4.64.psy-ab..0.28.2234...0j0i30k1j0i4k1j33i160k1j33i21k1.0.ugUM6pvBLlk

タイトルの「実験だった」に「?」が付いていますが、私は「実験だった」は本当だったのではないかと疑がっています。
 と言うことは、原子爆弾が製造してから、実験をしないで、初めて、日本で使ってみようとしたのではないかと考えています。
 どうしてかと言いますと、終戦前の日本の政府は、戦争をどの様に考えていたか調べますと、軍隊は陸軍は、もう一度、戦って見たいようでしたが、天皇陛下は、「戦争はやめたい」と思っておられたらしいです。
 それは、政府要人が、議論をしているときに、天皇がご臨席して居られて、希望を述べられたようなことを書いた記事残っていました。
 これは、私が調べたのではなくて、調べた方が、書かれた記事でした。
ここには、次のことが書かれていたと記憶します。
 
 天皇のお気持ちは、形を変えて、戦争相手の五カ国に、終戦にしたい旨を伝えたと書かれていました。 しかし、その返事はなくて、直ぐに、広島長崎に原爆投下が有ったことになります。
 「終戦にしたい旨を伝える」方法は、
①第三国を介してつたえる。
②直接、各国に、文書を送付して伝える。
③直接、各国に、大使を通じて伝える。
④直接、各国に、電話、電報で伝える。
 などが考えられますが、①が、第三国という証拠が残りますから、依頼したのではと思います。
 問題は依頼先は、ソ連だったのではと推理します。

このようなことをしている時に、原子爆弾は、投下された事になります。

日本は、原爆投下後、直ぐに、降参宣言をしたと思います。
このような時の書類は日本やアメリカに残っているのでしょうか。

 その後のアメリカの行動は、素早く、どの様に日本を統治するかの計画は、完全に出来上がっていたと見えて、裁判までも、直ぐに行われました。

 以上、終戦前後の様子を、私の考えもまじえて書いてみました。

別の表現をしますと、もう、一週間もすれば、終戦だったのに、アメリカは、急いで、原子爆弾を使いました。

 そして、一番、驚いたのは、アメリカだったと思います。
すぐ、日本に調査に来て、多くの日本人が、一瞬に死んでいたことを知りました。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -