So-net無料ブログ作成
検索選択

No462天孫降臨(35)  建御雷神と天鳥船神(4) [日本大好き]

天孫降臨に際して、アマテラスは建御雷と天鳥船神を大国主神のところへ交渉に派遣します。これは、古事記に書かれてあることですし、神話のことですから、あまり追及しても意味のないことかも知れません。しかし、私は実話だと考えています。
 そのつもりで、調べてみますと、いくらでも、面白いことが見つかります。
 古事記に書かれていることを丁寧に見ます。

 この二人の神は、出雲国の伊那佐の小浜に降り立って十掬剣を抜いて、逆に浪の穂に突き刺して、その剣の前に跌み坐して交渉に臨んだと書いています。
 伊那佐の小浜とは、どこかと言いますと、書いてある通りですと、出雲国になります。出雲ではなく、これは、伯耆国ではなかったかと想像しています。
 なぜなら、これまでに、調べてきたことから推察しますと、天孫降臨に関わった神は、鳥取の倭文神社と波波伎神社の祭神として祭られています。

倭文神社は、舎人村      倭文神社 志津村 http://homepage2.nifty.com/mino-sigaku/page730.html
波波伎神社 
 このことから、どうやら、倉吉で天孫降臨が行われたようですが、そうしますと、伊那佐の小浜も伯耆国でなければなりません。
 
 どうして、地名に小波が採用されたと思われますか?
小波とは、その浜には、小さな波しか来なかったから付けられた浜だと思います。と云う事は、遠浅の浜辺でしょう。
 それを現在の地名で確認します。
湘南の小波 http://ameblo.jp/ruisurf0513/
島根県松江市島根町小波 
松江野地図です。 地図 
 
次は古事記に書かれてある伊那佐です。稗田阿礼が古事記を書くにあたって、あちこちの神社を調べに訪れたと思います。淀江町の大和村大字小波字浜にある三輪神社へも来たのではないかと思います。鳥取県神社誌が作られた時には、このような地名はあったと思われますが、稗田阿礼が訪れたであろう時は、大和村という地名はあったかも知れませんが、小波や浜という地名はなかったのではないかと思います。
 このように地名の無い所では、その所の風景の様子を書きとめています。従いまして、伊那佐という地名の小浜という地名で談判が行われたのではないと思います。

では、伊那佐とはどう言うことでしょう。否砂ではないでしょうか? 砂がなくて遠浅の海岸だったのではないでしょうか?
三輪神社に行かれますと判ると思いますが、現在は、神社の周りは海ではありません。しかし、神社の後にある壺瓶山が海に迫っていたと思います。壺瓶山の周りに沿って、淀江の方から来る道が走っていたと思います。稗田阿礼がやってきたときも同じ状況だったと思います。なぜかと云いますと、この海岸の西は、海抜4m以下ですから、当時は海だったと思われます。しかも、岩場でしたが、この三輪神社のある浜だけは、日野川が運ぶ川砂のために、岩場なのに砂が、遠浅の海岸だったと思います。
 その砂浜で、波が打ち寄せる所のことを、稗田阿礼は「浪の穂に」と表現しました。二人の神は波際まで進んで、剣を逆に立てたと書いています。そのまま、突き刺したのであれば、剣で脅しながらの交渉になりますが、はじめから話合いをしたことになります。
 
日本書紀でも出雲の国の五十田狭の小汀としています。日本書紀を書いた人は、古事記を読んでも意味が判らなかったのでしょう。五十田狭とは、どう言う意味でしょう。小汀とは、小さな海岸と言うことでしょうか?
三輪神社の西一帯のボーリングを行えば、その当時の地形が現れます。4m掘りますと、岩の層があり、遠浅の砂の層が出ると思います。三輪神社から10m置きに西の方向へボーリングすれば良いことになります。
 三輪神社のある大和村大字小波字浜の「大和村」の「大」は大典、大礼、大葬と同じで大王を表します。ここには、大物主が住んでいました。勿論、大物主は国譲りを賛成したと思われます。古事記には、多くの神が登場しますが、神野名前がないのは、大物主ぐらいでしょうか?
 日本書紀は、伯耆の国に、天皇家ゆかりの人はいなかったことにするのに、一生懸命でした。この大物主もいなかったことにするために、大神神社を奈良の桜井に造り、大物主の神話を作ったと思われます。崇神天皇のところに書いてありますから、読んでください。御神体がなくて、後の山を神体とするとしています。このような神社はほかにもあります。有名な所では、奈良の石上神宮もそうです。神殿がありません。これが、日本の神のもっとも古い形式だとされていますが、本当でしょうか?
 もっと、調べるひつようがあるように思えます。

三輪神社のすぐ近くにある日吉神社の資料を眺めます。
 
 この神社へ合祀された神さんが掲載されています。ここの神さんは、大和村からやってきました。
大和村大字平岡字向山 鎮座 無格社平岡神社(祭神 稚日女命)
大和村大字小波字鹽入 鎮座 無格社日御崎神社神社(祭神 天照大御神、素盞鳴尊) 

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

大和島根

いま、薮田絃一郎著「ヤマト王権の誕生」が密かなブームになっていますが、
それによると大和にヤマト王権が出来た当初は鉄器をもった出雲族により興
されたとの説になっています。
 そうすると、がぜんあの有名な山陰の青銅器時代がおわり日本海側で四隅突出墳丘墓が作られ鉄器の製造が行われたあたりに感心が行きます。当時は、西谷と安来-妻木晩田 の2大勢力が形成され、そのどちらかがヤマト王権となったと考えられるの ですがどちらなんだろうと思ったりもします。
 西谷は出雲大社に近く、安来には日本の母神であるイザナミの神陵があるとのことでこれら神話とのかかわりも考えられるかもしれません。

by 大和島根 (2008-10-29 19:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0