So-net無料ブログ作成

歴史各論 三角縁神獣鏡(116)魏志倭人伝(67) 邪馬壹国は、何所に(63)邪馬壹国(22) [三角縁神獣鏡]

前回、北朝鮮のことを書いてみますと、書きましたが、北朝鮮のことは、なに一つ知りません。
 北朝鮮のことを書く以上、少しぐらい北朝鮮の事を知ろうと、近くの図書館へ行きました。 鈴木琢磨著『テポドンを抱いた金正日』を借りてきました。

 この本は平成18年10月20日の発行です。と云うことは、この時点で、鈴木氏が知っておられた知識を元に書かれたことになります。 今、66ページを読んでいるところですが、私が知りたいこと ---〔北朝鮮の人は、長寿である〕の根拠になるようなことは何も書いてありません。
 これまでの所は、「金日成」・「金正日」の名前が、主に出てきます。そして、66ページには、「その高英姫は1953年6月16日に大阪鶴橋で生まれた」との文章があります。
現在の最高責任者は、金正恩ですが、この金正恩氏は、金正日(父)と高英姫(母)の間に生まれた三男です。
 鈴木氏の書かれた『テポドンを抱いた金正日』には、金正恩の名前はありません。良く似た名前では、「正雲」の名前を見ることが出来ます。

 6年前に書かれた本に、金正恩の名前が無く、金正雲が書いてあります。読み方は、「キムジョンウン」ですから、金正雲の方が、正しいように思われますが、6年前には、分らなかったことになります。
 鈴木琢磨氏は、時々、TBSテレビの【みのもんたの朝ズバッ】で、コメンテーターとして出演しておられます。
毎日新聞の編集委員をしておられるそうですから、北朝鮮に関して、毎日新聞のトップの方だと思います。それでも、三男の名前すら分らなかったことになります。北朝鮮では、漢字を使わないからかもしれません。

 66ページまでは、「金日成」・「金正日」のことが、割合詳しく書いてありますが、本当かいなと考えながら、読んでいます。なにとダブるかと云いますと、中臣鎌足です。日本をつくった人です。
 しかし、本当の所は、どこの誰かはよく判りません。 

 北朝鮮の事は、何一つ知らないのに、〔抗日パルチザン〕という言葉だけは知っていました。インターネットで検索しましたら、
〔満州の抗日パルチザン〕
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%97%E6%97%A5%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B6%E3%83%B3
 がありました。ややこしいですね。この辺りの事を知りませんと、現在の北朝鮮を知ることができないように思われます。

 お手上げです。取り敢えず、『テポドンを抱いた金正日』は最後まで読むつもりになっています。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

NO NAME

最初にあなたはこの認識が間違ってます。
世界最古の土器は、日本の大平山元I遺跡の縄文式土器(約1万6500年前)
です。
ヲシテ文字等も本物でしょう。
表立っては言いませんが、まともな人は日本のほうが国家、民族でも古い事は知ってます。
by NO NAME (2012-05-26 20:19) 

vetty

コメント ありがとうございました。
by vetty (2012-05-28 06:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0