So-net無料ブログ作成
検索選択

田村誠一氏はどのような人 その2 [古墳から探る歴史]

 前回、田村誠一氏の著書  
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html
を見て頂きました。
 
前回に記しましたように、余りにも常識的に知っている日本の歴史と違いますから、第一話から、順番に読もううと思いましたが、古書店には有りませんでした。ネットではアマゾンが一番利用していましたから、検索しましたら、田村氏の本は、歴史だけではなくて、病気の本も出版されていました。

アマゾンで探して下さい。
https://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E6%9D%91-%E8%AA%A0%E4%B8%80/e/B00JIBEPMG
 ネットでは、本の資料は掲載してありましたが、「現在、在庫切れ」でした。近くの図書館に行って、コピーしようと思いましたが、見つかりませんでした。どれほど、探したでしょうか。一冊も見つかりませんでした。
 コンピューターで、本のタイトルを入力しますと、全国で蔵書している図書館は記載されていましたが、遠くばかりで諦めました。

本は出版されましたが、世の中から消えた書物とくれば、一番にひらめいたのが、 「古事記」でした。 
 712年作られた古事記は、その後、どうなったか判りませんが、8年後には、古事記に代る日本の正史である「日本書紀」が出来ました。
 その後、400年経って、古事記が見つかったことになっていますが、今では、古事記は、偽書扱いとされ、信用されていません。
 古事記には、本当の歴史が書いてあったので、抹殺し、自分達に都合の良い日本書紀を作ったと考えました。
古事記を頑張って読んできましたら、古事記に書いてあることの方が、日本書紀よりも正しいなと思うようになっています。

田村誠一氏の著書に書かれた本が、日本では、一冊も無くなったと云うことは、書いてあったことが正しかった証拠だと思い、できるだけ購入して、読みました。

 と云うことは、歴史のプロも含めて、日本書紀を信じた人の歴史観は間違っているのでないかと考え、手に入れました本は、コツコツとコピーして、ネットに掲載し、皆さんに読んで頂こうと頑張ってきました。

以下に、保存して居りますから、読んで頂ければと思います。

どの本も難しいですので、私なりに、考えた日本の歴史を書いたのが、今、読んで頂いているペー゛です。
「新しい日本の歴史so」 http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/  です。

3041回も書いてきましたが、みなさんから見はなされてしまいましたので、辞める決心をしました。

長い事、読んでいただきまして、有難うございました。




田村氏の著書は、ネットでは、次の処に掲載しています。

 第一話 神々のふるさと ヒルゼン --めぐりあい
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2007/12/post_4854.html

第二話  地図が解いてくれた倭国と邪馬台国のなぞ
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2008/10/page2-4099.html

第三話  ヒルゼン古事記 
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2008/06/2_eff0.html

第四話 西大寺ヤマト
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2008/12/4page-3-2f67.html


第六話 正史だった古事記 はじめに
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2009/12/6-aeb4.html

十七話 古事記が解いた古代史 まえがき
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2012/04/17-5128.html


十九話  壬申の乱は日唐戦争
http://rakuraku.cocolog-nifty.com/tanosimu/2011/08/19-1a2e.html

真説 建国史
http://obitikuoosaka.blog.fc2.com/ 

上のアドレスをクリックして、表示されたページをスクロールして、最初のページがトップページです。

129回まで、保存しています。
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305582278-1 
129がトップになっています。一番上の左側をクリッリしますと、「前のページ」が表示されます。

このページは多すぎて読みにくいので、次のところに、少しずつ、掲載しています。
帯広発~大阪行 http://obitikuoosaka.blog.fc2.com/

田村誠一氏の著書
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2