So-net無料ブログ作成
検索選択

神話ではなかった古事記・葦原中国の平定 [日本の歴史]

前回までの流れに戻ることになります。 
 古事記は、平定に先立って、次のように書いています。

天照大御神之命以「豐葦原之千秋長五百秋之水穗國者、我御子正勝吾勝勝速日天忍穗耳命之所知國。」言因賜而天降也。於是、天忍穗耳命、於天浮橋多多志此三字以音而詔之「豐葦原之千秋長五百秋之水穗國者、伊多久佐夜藝弖此七字以音有那理此二字以音、下效此。」告而、更還上、請于天照大神。
爾高御產巢日神・天照大御神之命以、於天安河之河原、神集八百萬神集而、思金神令思而詔「此葦原中國者、我御子之所知國、言依所賜之國也。故、以爲於此國道速振荒振國神等之多在。是使何神而、將言趣。」爾思金神及八百萬神、議白之「天菩比神、是可遣。」故、遣天菩比神者、乃媚附大國主神、至于三年、不復奏。

 天照大御神の命もちて「豊葦原の千秋長五百秋の瑞穂の国は、我が御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の知らす国ぞ」
と言よさしたまひて、天降したまひき。ここに天忍穗耳命、天之浮橋に立たして詔りたまひしく、「豊葦原の千秋長五百秋の水穂国はいたく騒ぎてありなり」と告りたまひて、更に還りて上りて、天照大御神に請したまひき。ここに高御産巣日神、天照大御神の命もちて、天の安の河原に、八百萬の神を神集へに集へて、思金神に思はしめて詔りたまひしく、「この葦原中津国は、我が御子の知らす国と言依さしたまへりし国なり。故、この国に道速振荒振る国つ神等の多なりと以為ほす。これ何れの神を使はしてか言趣けむ。」とのりたまひき。
 ここに、思金神また八百萬の神、議りて白ししく、「天菩比神、是遣はすべし。」とまをしき。故、天菩比神を遣はしづれは、すなはち大国主神に媚び附きて、三年に至るまで復奏さざりき。
倉野憲司校注「古事記」より。拝借。

 これらの文章から解ることは、
①天照大御神より高御産巣日神の方が、位は上の様です。
②天照大御神が、「豊葦原の千秋長五百秋の瑞穂の国は、我が御子、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の知らす国ぞ」と考えた。
③天忍穗耳命は天の浮橋に調べに行きました。(天の浮橋は、中蒜山の五合目)
④葦原中国は、争いが絶えない (水穂国はいたく騒ぎてありなり)
⑤国の運営は、階級がハッキリしていた。
⑥それ以下の者に、問題をおろして、合議制で決めたことが判ります。
天照大御神は、葦原中国へ、使者を派遣します。
最初は、天菩比神です。三年たっても、還って来ないので、次は、天若日子です。家来に天之麻迦古弓と天之波波矢を付けます。八年経っても還らないので、次は、雉の鳴女です。
ここまでで、問題になる点は、
④の水穂国はいたく騒ぎてありなりです。
誰が騒いだのか、この部分では分りません。

次は、雉の鳴女です。 鳴女という名前は付いているのですが、どうやら、人間ではない様です。
次回に続く

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

太郎さん

 
 ご無沙汰致しております。
 最近のニュースで 綴ってみました。
 銅鐸と古事記”天孫降臨”
 http://hitori-kami.blog.so-net.ne.jp/2016-10-27
by 太郎さん (2016-11-17 06:06) 

vetty

12月13日コメント頂いていましたのに、見つけました。 ありがとうございました。 よろしかったら、この記事を 紹介したく思います。このあたりの事は、一人の力では解明できないと思います。
by vetty (2016-12-13 02:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0