So-net無料ブログ作成
検索選択

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(102)別天つ神五柱(14) [日本の歴史]

もう一度、お聞きします。 50000分の1の地図は、購入されましたか。

前回も書きましたが、古事記以外で、歴史を語ってくれるものが無いからです。
 
 読んで頂きして、「なるほど」と思われた方は、地図を眺めて、私と違ったことを発見されて、新しい歴史を見つけられるかも知れません。
 しかし、その地図の眺め方を書こうと思っているのですが、「なるほど」と思われた方は、お一人だと思います。
 ひょっと、すると、10人かも知れませんが、「なるほど」と思われた方は、nice! をクリックして頂いています。 これがありますと、私も、元気が出るのですが、面白く無いのですね。 殆ど、nice! を頂く事はありません。 別の意味では、nice! がないときは、もっと、判り易く 書いてみようと頑張っていますが、毎日、考えて書く事は限界だなと思っています。

 もう、知力も体力も限界ですから、せめて、地図から歴史を読む楽しさを知って頂ければと考えています。

国土地理院 1:50000 米子 を求めてください。 出来れば、その東隣りの「大山」も買って戴ければと思います。
 地図で一番に見る所は、川です。人は、川の側で、生活をはじめました。その川に沿って、移動をしましたから、古くから、道が平行して走っています。その内に、道に平行して、鉄道が敷かれることになりました。
 以上の事から、一番に目に付くのが、日野川です。外に、見付かる川は、精進川・法勝寺川・小松谷川が有ります。法勝寺川・小松谷川は、日野川と合流しています。

 日野川沿いに発達した町は、上流から、溝口、岸本、八幡、古豊千ぐらいです。意外に少ないです。と言うことは、この川は、度々、氾濫して、川の近くに住む事は危険だったのでしょうか。

岸本の東に、「久古」があります。このように、二文字(クゴ)の地名は古い地名と考えています。「久」にも、「古」にも、意味がないと思います。
 古事記に天皇が作られたと云う「葦原の しけしき小屋に 菅畳 いやさや敷きて 我が 二人寝し」があります。 久古神社があります。


日野川は、北に向かいますと、日本海に流れ込んでいます。
 すると目に附くのが、黒い点です。これは、地図の右側に、目をやりますと、「建物」と書いてあります。ここは、多くの人が住んでいた所です。薄い色が施されています。 古くは山陰道と呼ばれた道路で、現在は書いてありませんが、国道9号線と云います。
 淀江という所は、上淀廃寺が見つかった所です。600年頃に建てられた寺院です。
http://inoues.net/ruins/jyoyodohaiji.html
 
ここへは、態々、遺蹟を見に行ってきました。早く行きすぎましたので、素人の私には、理解出来ないことが一杯でしたが、奈良法隆寺と同じ規模の伽藍が見つかったと騒がれた所です。