So-net無料ブログ作成

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(181)   吉野ヶ里(24) [日本の歴史]

 前回の180回は、「私のつぶやき」のような内容になりました。

日本の歴史に限っては、知らない人が多いので、毎日を愉しむ人ばかりで、こんな日本は、軍隊を差し向けなくても、簡単に滅ぼす事が出来ると思います。

私のブログへの書き込みが出来なくなった話を書きました。関係ないかも知れませんが、「楽しい人生」というブログを書いていました。内容は、いろいろでしたが、日本は電磁波による攻撃を受ける恐れがあると、阪神大震災や東北沖の地震のことなどを、ずっと、以前に書いていました。 最近では、熊本や鳥取県の地震も可能性があることを書きました。

 電磁波による地震や豪雨は、一つも楽しい話題はありません。それでも、続けて書きました。
 最近は、あきらめて、熊本県の地震の回数は、チェックしていませんが、収まったのでしょうか。何故かと言いますと、一日に、数か月分の豪雨が各地で降り、河が決壊した報道が多いですから、そちらのニュースを見ています。

 一昨日は、台風が発生したとの報道があり、「気象庁は、注意するようにと発表した」と書いてありました。
どのように注意するのかと、検索しましたら、次の記事がありました。

台風5号 気象庁も悩む進路
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000074-mai-soci

次の記事もありました。
<台風3号、4日に九州上陸か> ---どうして、この様に続けて、台風が発生するのでしょうか。

気象庁が悩むのは、台風ばかりではありません。 先日から、豪雨や、34度を超える温度に、熱中症に注意してください。 これでは、どの様に注意するのか判りません。
昨日は、37.5度の地域もありました。

予想は、どの府県も、34度ばかりでした。

 フルにクーラーを一日中、効かせますと、身体のどの部分も、血液の流れが悪くなります。すると、全身の組織は、酸素不足になるはずです。

癌は、酸素が少ない組織では、どんどん増えることが分かっています。(と以前に、書いたことが有りますが、理解困難です)

低酸素 癌 進展 の学術記事
http://scholar.google.co.jp/scholar?q=%E4%BD%8E%E9%85%B8%E7%B4%A0+%E7%99%8C+%E9%80%B2%E5%B1%95&hl=ja&as_sdt=0&as_vis=1&oi=scholart&sa=X&ved=0ahUKEwiyos-Wt7bVAhWJgbwKHXozCm8QgQMIJDAA これが本当であれば、クーラーは、高めに設定するか、出来るだけ、どの窓も全開にして、空気を入れたり、庭に撒く水の回数を増やしたり、飲む水の量を多くして、汗をだして、体温を下げるなどして、クーラーは出来るだけ、使わない方がいいと、アドバイスをするべきでしょう。(これは私の間違いでしょうか)

 私は五年前の膀胱がんの時は、このようなことを実行した為かどうか判りませんが、4ヶ月で、癌は見えなくなりました。そして、昨年の夏に、膀胱がんは、治りましたと言われました。その代わりと書けば変ですが、前立腺がんが見つかり、今年の9月から、放射線治療開始です。
 お解りですか。 暑い。---クーラーを過度に使用す。----全身に送られる酸素が少なくなる。----癌組織は、増える。
 癌と戦うために、今日も、私は病院へ行きます。 9月からの放射腺治療を最大の効果を出す為です

 話は、横に逸れましたが、電子レンジはご存じですね。 あっという間に、なんでも、熱くなり、便利ですね。
 あれを海で行いますと、海の水は蒸発し、どんどん上にあがっていきますと、上に行くほどに、空気の温度がさがって、雲が発生し、雨となって降って来ます。 この理屈は間違っていますか。

 私はこんなヘリクツをつけて、豪雨が人為的に、起されていると考えています。
 豪雨も、台風も、電磁波で起せるのではないでしょうか。

 最近は、気象庁は、避難してくださいと避難命令の連発です。
 あまり、度々、避難命令を出しますと、皆さん、避難をされないのではないでしょうか。

避難命令が、出れば、仕事は休みにして、避難すべきなのに、避難命令がでますと、前が見えない程の中を態々、車で、走って、テレビは撮影をして居られます。すると、いっぱいの自動車が、タイヤの3分の1は見えない程、水しぶきを上げて走っています。 毎回、繰り返されるメディアの注意報です。

 豪雨は、3時間も続くでしょうか。 あのような映像が、毎回、放映されるのが不思議に思います。私は3時間も待てば、雨は少し、マシになるのにと思っています。テレビの画面は、雨で道路が見えなくなった江を一杯の車が走っています。

あれだけ降って居れば、会社を休んでも、多めにみてくれるのにと、思っています。

これは、吉野ヶ里と関係ありませんでした。

これぐらい記事の量が、多いですと、つぶやくになりませんので、 吉野ヶ里に入れました。
すこし、吉野ヶ里のことを書きます。

 吉野ヶ里は、漢人と日本人との戦いでした。

日本では、2000年前から、戦いが行われて、その一つとして、吉備も戦場だったことを書いています。
 造山古墳は、日本史では、四番目に大きな古墳だったことを見て頂きました。

吉備は、最大の戦場だったのではないかと考えています。

今朝は9時から病院ですので、もう、投稿して、寝ます。

電磁波を浴びた日本国民は、どうなると思いますか。

私の行ってます病院をビデオにとって、お見せしたいほどです。
一番広い一回の総合待合室は、びっしりです。 

私のような人だけではありません。診察を受ける前の診察券を出すだけに、並んでいます。

私が受ける放射線科は、私を含めて、一昨日は三人でした。私がトップでしたが、お昼までに、一人1.5時間掛りましたから、満員だったことになります。

この大勢の医療費は、どうなるのでしょうか。

私のように、三人てあればいいですが、数日前に、打ってもらった注射は、別の病院で、8000円でした。高齢者ですから、病院には、80000円の収入ですが、国は、80000円の支出です。

こうして、これから、39回してもらって 助かるのかと云いますと、初めに、先生は、この放射線治療して、効いたかどうかは、確かめる方法がありません。

この放射線治療は、いくら掛るのでしょうか。
こんなに治療に、国民健康保険でお金を使っていいのでしょうか。

癌が治っても、私は77歳ですから、長く生きて、90歳までの命でしょう。 
癌の治療は、紹介して頂いた病院に戻って、死ぬまで続くと思います。

私は電磁波による戦争は、減殺も進行形だと考えています。

この記事が正しいと思われる方は、クーラーの使用は、少し減らして、相手の判らない、戦争と戦うひつようがあると考えています。

おやすみなさい。