So-net無料ブログ作成

戦争への備え(12)ヒアリ [思うままに]

ヒアリの事は、神戸港で見つかって以来、太平洋側で、どんどん、発見されていましたが、その後、全国あちこちで発見されました。

次々、読んでいますと、コンテナで運ばれたにしては、港と関係無い所でも見つかりました。
誰かが、どこからか持ってきて、どんどん、あちこちに、ばら撒いているのでは、考えました。しかし、それにしては、見つかった範囲が広すぎるし、この発想がいやらしいですから、そんなことを考える自分が嫌になって、詮索するのは止めにしました。

 久しぶりに、調べて見ましたら、以前より、広範囲に増えています。
ウィルスや細菌ですと、人間について、その人は、飛行機でも移動しますから、北海道でも見つかっても可笑しくありませんが、ネットで検索したところ、現在では見つかっていない様です。

九州も、福岡止まりです。

 ヒアリは日本では、寒くて、越冬出来ないように書いてあります。

ヒアリが上陸してから、どんどん、自分の力で、内陸に移動して、増えたとは考えにくいです。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(11)ヒアリ [思うままに]

 少し、古い話ですが、「ヒアリ」
の事を書いてみます。

「ヒアリ」 ウィキペディアより抜粋
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AA

主にアルカロイド系の毒[2][3]と強力な針を持つが[4]、人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合もある[4]。

ヒアリの事は、私が最初に知った記事では、大阪港で発見されて、刺されると死ぬ恐れがあるような記事でした。
 自宅が、近いので、新聞報道された記事は、全部読んだだけではなくて、ネットで、次々検索しました。

記事は、読む度に、どんどん、大阪府を北上しました。 あっという間に、高槻? 辺りまで行ったように記憶します。
 大阪港で、コンテーナーから抜け出したにしては、蟻がそんなに早く移動る訳がない。どんどん、移動すると言うことは間違いで、コンテナから、別のトラックに移し替えられた荷物が運ばれたから、大阪府を北上したと考えていました。

 それにしても、刺されたら死ぬ恐れのあるヒアリが、どんどん、違う所で発見されるのはおかしいなと思いました。

これは、中国から、大阪港へやって来たコンテナで見つかったのではなくて、外のルートで、日本に上陸したと考えました。

 正確なことは忘れましたが、5日程しますと、あちこちで、発見される様になりました。
と言うことは、大阪府が、調査したのではなくて、国が調査をしているのだと、ネットで検索して、ヒアリの情報を得る様にしました。

ヒアリ関連ブログ
①大阪港におけるヒアリの確認について
http://www.env.go.jp/press/104283.html

②ヒアリ各地で発見
http://www.asahi.com/topics/word/%E3%83%92%E3%82%A2%E3%83%AA.html

 確かに、政府が主導して、調査をしたようでしたが、 その内に、メディアは、報道しなくなりました。
 
 刺されたら死ぬ恐れが有ると言う報道は、本当かも知れませんが、めったに死なないのだろうと自分で判断しました。
しかし、意地悪に考えますと、どこかの国の人が、日本へ旅行にやって来て、移動しながら、ヒアリを撒く事は可能です。
 ヒアリは無理でも、ウイルスや最近であれば、検疫を免れることは可能だなと考えました。


 このような調査は、全国的に、各都道府県で行われたのでしょうが、 このような仕事は、自衛隊の仕事だなと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(10) [思うままに]

前回、書き忘れたことを書きますと書いた件です。
自衛隊の方が、訓練で本白根山に来られていて、白根山噴火に合われた事は、新聞やテレビで報道されていました。

 そして、お一人の隊員の方が、亡くなられ、二人の方が、入院されたとの報道でした。

私の今、書いているシリーズは、「戦争への備え」は、10回目になりますが、怪しいことが発生した時は、警察ではなくて、自衛隊の仕事だなと考えています。

これまでの、時代ですと、現在の自衛隊員で、対応出来ると思われて、人員数が決められています。
 しかし、相手国が、これだけいる日本なら、戦争をするわけにはいかないなと思わせるには、倍の人数が必要でしょう。 それだけ自衛隊員がいますと、第二次世界大戦の時のように、日本中の町を空爆しないと追いつかないでしょう。
 自衛隊員が、現在の5倍いても、核兵器をたくさん持てば、人数は、関係ありません。核兵器は、100発もあれば、全員殺す事が出来ると思います。

100発と云えば、各府県に、二発ずつの核兵器と言うことになります。

 自衛隊は、戦争になった時は、最前線に立って、戦うことになるのですが、仮に、200万人の自衛隊員がいることが分れば、そのような国に、戦争を仕掛けて来ないと思われます。

 このようなことを書けば、お前はなにを言ってるのかと怒られて、最悪の場合は、殺されることになると思いながら、書いています。

アメリカは、北朝鮮の核兵器を廃棄するように勧告しています。勧告ではなくて、恐喝に近い言葉を使って、何度も、忠告しています。
 アメリカは、世界で一番多くの核兵器を持っていると思います(これは、私のいい加減な推理です)
 北朝鮮は、核兵器を持っているか、持っていないかは知りません。しかし、アメリカがあれほど、真剣に、廃棄を命令するのですから、きっと、北朝鮮は、核兵器は、10発位は持っているのだろうと判断しているようです。
 北朝鮮は、持っているだけではなくて、100%使用するとアメリカは判断しているのでしょう。
 そう考えませんと、アメリカが、あれほど、強硬に命令しないと思います。

話題は少し、逸れましたが、自衛隊の存在は、日本が他国から攻撃されない最大の武器だと考えます。
 その自衛隊の人が、遊びではなくて、あの雪の中で、訓練をして居られたのですから、メディアの人は、話題の一つとして、取上げられても良かったと思います。


今頃になって、少し、話題にはなってはいますが・・・・。

「自衛隊 白根山噴火」をキーワードにして、検索
https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=EE1uWuy3IMa78QX--b3ABQ&q=%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%80%80%E7%99%BD%E6%A0%B9%E5%B1%B1%E5%99%B4%E7%81%AB&oq=%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E3%80%80%E7%99%BD%E6%A0%B9%E5%B1%B1%E5%99%B4%E7%81%AB&gs_l=psy-ab.12...2319.25036.0.27180.35.28.7.0.0.0.169.2710.17j11.28.0....0...1c.1j4.64.psy-ab..0.24.2056...0j0i4k1j0i30i19k1j0i30k1j0i131k1j0i4i10k1j0i4i10i30k1j0i4i30k1j0i4i37k1j33i160k1.0.0GDinUijNL8

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(9) [思うままに]

前回、次のように書きました。
全く、話題は変りますが、めったに起こらないことが、次々起こっています。その一つに、白根山噴火があります。 あんなおかしな話は有りませんね。3000年前とは言え、前に起こったことが事実であれば、本白根山の下には、マグマは、ずっと、有った筈です。

 あの日は、私は変った報道が有るかと思って、一日中、テレビを見ていました。

不思議なことがあったからです。
①あれだけの噴火だったのに、どうして、3000年に噴火したのに、何故、又、噴火したかを説明した報道は有りませんでした。
 
 前の日に、毎日、あの辺りだけ、雨を降らせることは可能でした。すると、しみ込んだ、雨水は、どんどん温められて、膨張します。以前に爆発していますから、上に、道筋は付いていますから、爆発しても不思議ではありません。

 あの辺りの天気は、調べられたのでしょうか。
どうして、このようなことを言うかと言いますと、熊本県の地震の回数が多過ぎるからです。ここが爆発しますと、熊本県どころか、西日本は、全滅すると思います。

熊本県のここ、一年の天気と、地震が起こった日と一致するかどうか、調べるべきです。

この様に、電磁波で、局所的に雨を降らせることが出来る国は、アメリカ、ロシア、中国、日本だと思います。

戦争への備え(7)において、関東の豪雪を書きました。 日本海沿岸も豪雪になっています。 今は、冬ですから、雪が降っても、不思議ではありませんが、数年に一度以上の雪の量だと思います。

私の考えすぎでしょうか。
 仮に、関係無いにしても、電磁波による攻撃は、考慮する必要はあると思います。

もう一つ考えたことは、次回に書きます。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(8) [思うままに]

昨日は、東京では、近来まれに見る雪で、これは、雪ですから、誰かが、人為的に攻撃している可能性があるとして、注意しないといけないと記しました。

人為的とは、どういうことかと言いますと、素人の私も、書きながら、良く知らないのです。HAARP(地震兵器)があり、人工的に地震を起こす兵器があるそうです。 これとは、別の物かも知れませんが、電磁波を使って、海や地面の温度を温めることが出来るのではないかと考えています。

 この話は、スケールが大きいので、上手く説明出来ませんが、電磁波を使って温度を上げる物は、電子レンジがあります。 あっという間に、入れた料理が暖まります。

 ものを温める時は、ガスを使いまいと、ガスの炎は見えます。青い色をしていますが、上の方は、黄色と赤の色をしています。炭火は赤いです。ということは、赤色の方が、温度は低いのでしょうか。
 まあ、こんな程度の知識です。

電磁波は見えないのですが、随分前に、コンピューターで眺めていた文章に、電磁波の事が書かれていました。
 発明したのは、ソ連(ロシア)で、直ぐに追いついて、アメリカが利用するようになりました。
 お互いにどのように利用したのか忘れましたが、お互いの国を攻撃する為に使った様に書いてあったと思います。
 そこで、お互いには、電磁波を使わないという条約を結んだと書いて有りました。

以上は、なにもかも、忘れるようになった77歳の老人のお話です。

以下、私の想像ですが、ロシアとアメリカは、お互いには、使わなくなったのですが、その後、家庭用の電子レンジが売りだされました。

 便利ですから、毎日のように使っていますが、最近、電子レンジを使った食べ物は、味が悪い訳ではありませんが、全く、栄養のないものになっていますとかいてあるものを読みました。それをたべたから、身体か悪くはならないそうですが、すべてを電子レンジをつかって、食事をしますと、そのうちに、痩せてくるなと思っただけです。

 全く話は変りますが、中国がオリンピックをした時がありました。その時に、雨を降らないようにしたと報道されたように記憶します。
 どうして、雨を降らないようにしたかと言いますと、電磁を使ったと私が思っただけです。 どうして、その様に思ったかと言いますと、その何年か前に、中国で、大洪水が有りました。余りにも被害が大きかったために、人工的に、遣られたのではないかとうわさが有りました。 これは、私が考えたことではありません。

 私の悪い頭で、考えました。海に電磁波を当てます、電子レンジと同様に、海の海水の温度は、上がります。温められた水分は、軽くなって、どんどん上に移動します。有る程度上昇しますと、空気の温度は低いですから、水になり、雨と成って落ちてきます。

 このあたりまでは、間違いないのではないかと考えます。
と言うことで、雨にはなりますが、豪雨になるかは、解かりません。中国のオリンピックは雨ではなくて、天気にするのですから、どうすれば天気になるでしょうか。

 全く、話題は変りますが、めったに起こらないことが、次々起こっています。その一つに、白根山噴火があります。 あんなおかしな話は有りませんね。3000年前とは言え、前に起こったことが事実であれば、本白根山の下には、マグマは、ずっと、有った筈です。
 1メートルもあるような岩が噴火して飛んできた映像が有りました。なのに、全く前兆が無かったと報道されていました。
 振動を測定する器具がそなわってなかったとは、報道されないで、前兆は、全く無かったと報道されていました。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(7) [思うままに]

関東、平野部で積雪 4年ぶり
https://mainichi.jp/articles/20180123/ddm/001/040/171000c
 毎日新聞2018年1月23日 東京朝刊
日本列島は22日、本州の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、関東地方を中心に大雪となった。東京都心の午後11時現在の積雪は23センチで、27センチの積雪があった2014年2月以来、・・・・

この記事は、23日の朝刊の記事ですから、22日の記事です。

東京の年最深積雪の記録と年間降雪日数
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/kiroku/kiroku/data/64.htm

24日の東京都の雪による混乱は、今日の朝刊を読んでいませんから、解かりませんが、テレビで見る限りでは、交通機関は麻痺状態でした。

最近では、最高の麻痺状態でした。

関東だけではなくて、日本海沿岸でも、雪が多かったようです。

これまでに、この様な出来事の場合は、政府は、どこかの国から、攻撃されたと警戒はするべきだと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(6) [思うままに]

戦争への備え(2)に於いて、書きました「頻尿 4500万人」ぐらい、大したことは無いと思われるでしょう。
しかし、もし、可能性が高いとしますと、

 前回書きました数字は、一層危険な数字だと思います。
慰安婦合意
韓国新方針「納得できぬ」90%
日本「拒否」88%支持

 これぐらいになりますと、真剣に、考察する必要があります。


 韓国の方は、どのように考えられるのか、ネットから探して見ました。

どなたが書かれたか判りませんから、書いてある事が正しいとは限りませんが、どのような事でも、取り入れて、考える必要があると思います。


検索語に「韓国 日本 」を使った所為か、次のブログが一番に見つかりました。

韓国が日本を見下す理由
http://ironna.jp/article/1497?p=4
 


① 第一回 なぜ韓国は日本を許さないのか。
http://russianemperor.blog120.fc2.com/blog-entry-3760.html

② 親日派のための弁明  金完燮著

③ 李栄薫教授は「従軍慰安婦は売春業」
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/09/03/20040903000051.html

④ 趙英男というタレントが「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」
 https://www.amazon.co.jp/殴り殺される覚悟で書いた親日宣言.../dp/4270000651

⑤ なぜ韓国は日本を許さないのか
http://ironna.jp/article/1395

⑥ 日本は韓国にいくら戦後賠償を払ったか
http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/11256231.html

⑦ 日本国憲法のここがおかしい
http://ironna.jp/article/1665

⑧ 首相の靖国参拝を「問題化」したのは他ならぬ日本人だった!
http://ironna.jp/article/6741

⑨ 韓国人にとって靖国神社とはいかなる存在なのか
http://ironna.jp/article/6622

⑩ 韓国と北朝鮮の陸海空戦力はこんなにも違った!
http://ironna.jp/article/8020

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(5) [思うままに]

戦争への備え(2)に於いて、 「頻尿 4500万人」の事を書きました。
 http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2018-01-21

私は相変わらず、毎日、15~20回、トイレに走っていますが、夜中が、6~7回の為に、寝不足でクタクタです。
この時に、
さて、誰が犯人だと思われますか。それとも、私が馬鹿だと思われますかと書きました。

この時に、思いました。誰かが、日本に来て、細菌か、ウィルスを撒かないと起こらないなと思いました。
 しかし、「頻尿 4500万人」のタイトルで調べました。 これは明らかに、病気ですから、原因は、簡単に分かると思いました。
 原因は、細菌とも、ウィルスとも書いてありません。

日本もいい加減な国だなと思いました。

患者が、4500万人も居て、実際に、近くの医院に行きますと、玄関には、靴が一杯です。狭い待合室は、坐る椅子も無いほどです。
 勿論、「頻尿 4500万人」の人ばかりではなくて、インフルエンザの人も多いのでしょうが、あまりにも多過ぎます。

「頻尿 4500万人」の原因は、細菌か、ウィルスかは分かっているのだと思いましたが、分かっていません。
 ウイルスにしても、もう、患者は減ってきても良い筈です。


昨日、(1月22日)の夕刊に、次の記事が、一面のトップに有りました。
慰安婦合意
韓国新方針「納得できぬ」90%
日本「拒否」88%支持

国民が、お互いに、90%の人が、納得できないと言うことは、もう、戦争しかありませんね。

韓国の方は、日本にどれぐらいの方が来られるのか、ネットで調べました。詳しい事は分かりませんが、一年間に、700万人の方が来られているらしいです。逆に、日本人は、韓国へは、どれぐらいの人が行かれるのか調べましたが、良く解りませんが、400~500万人ぐらいでしょうか。最近は、減っていると書かれていました。

慰安婦合意
韓国新方針「納得できぬ」90%
日本「拒否」88%支持

という数字は、お互いに、信用していないと言うのではなくて、憎み合っていると言って良いと思います。

鎖国とは云わなくても、それに近い程、減らさないと、戦争に発展すると思います。

日本人が、韓国への旅行を止めることは簡単です。
せめて、日本だけでも、韓国への旅行を止めませんと、訪問先で、事件に合われる恐れは、十分な情勢になって来ました。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(4) [思うままに]

熊本県の近くの方には、悪いことをしたなと思っています。戦争が起こるのは、50 ~100年も先の事です。
 別に人工的に、地震を起こさなくても、熊本県と鹿児島県は、桜島や阿蘇山が爆発する可能性はありますから、覚悟は必要です。 それにしても、余震は多すぎます。人工的に、地震を起こす事は、可能です。


 南海トラフ巨大地震という名前の地震が有ります。 ネットで検索すると、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87

この地震のことは、ウイキペディアには、次のように書いてあります。
南海トラフ巨大地震(なんかいトラフきょだいじしん)は、フィリピン海プレートとアムールプレート[注 1]とのプレート境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いが震源域と考えられている巨大地震のことである[1][2]。
また、2011年8月に内閣府に設置された「南海トラフの巨大地震モデル検討会」が検討した、南海トラフ沿いで発生すると想定される最大クラスの地震も「南海トラフ巨大地震」と称する。
地震の発生確率
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%B5%B7%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87#地震の発生確率

2017年1月1日時点   規模(M) M8~9  程度
30年以内に発生する確立  70%

30年以内に地震が発生する確率は、70%と言うことは、殆ど、地震は起こると考えて良いことになります。

 私は、年令と住んでいる住所から、考えて、可能性は少ないように思われます。
ただ、これが本当に起こりますと、東北沖地震より範囲は広いし、津波も起こるとしますと、被害は大きい様に思われます。

http://www.bousai.go.jp/jishin/nankai/taisaku_wg/pdf/20130318_shiryo2_1.pdf

備えは個人に任せるのは無理でしょう。

政府は、現在の人の税金を使って、この日の為に、貯蓄を行うしかないでしょう。

直接的な対応としますと、
フィリピン海プレートとアムールプレート[注 1]とのプレート境界の沈み込み帯である南海トラフ沿いが震源域に対して、人工的に、変形を加えて、地震の規模を軽減するしかないと思われます。10年ぐらいかけて、研究すれば、地震の規模を抑えれるかも知れません。

nice!(0)  コメント(0) 

戦争への備え(3) [思うままに]

 前回、日本に対して、どこかの国が、攻撃しているお話をしました。
一つの例が、熊本地震です。

熊本地震 (2016年)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87_(2016%E5%B9%B4)#主な地震の一覧
 一部抽出しますと、
日本国内の震度7の観測事例としては、4例目(九州地方では初)[7]および5例目[6]に当たり[注釈 2]、一連の地震活動において、現在の気象庁震度階級が制定されてから初めて震度7が2回観測された[9]。また、一連の地震回数(M3.5以上)は内陸型地震では1995年以降で最多となっている。

以上です。 これぐらい、地震の回数が多いのは、おかしいです。

私が直ぐに、これは阿蘇山と関係無いのかなと、考えました。
これほど、微震とはいえ、回数が増えますと、少しずつ、地形にひずみが生じると思います。 もう、始まっているのかもしれません。

阿蘇山は活火山ですから、爆発するおそれは有ります。
もし、爆発したら、青森まで、影響有るぐらいの爆発になるという記事を書いた人が有りました。
しかし、今探しますと見つかりません。

次の記事は、上記の「熊本地震 (2016年)」の中に、
⑦活火山の影響が有ります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%9C%B0%E9%9C%87_(2016%E5%B9%B4)#火山活動への影響

 次のように記して居られます。
16日午前8時30分ごろに阿蘇山の中岳第一火口で小規模な噴火が発生し火口から噴煙が上空100mにまで上がった[114]。 気象庁は一連の地震との関連性は分からないとしながらも[115]、九州大学教授であり火山噴火予知連絡会副会長でもある清水洋は、「阿蘇山のかなり近い場所で大規模な地震が発生したことで今後の火山活動に影響なしとは言い切れない」と発言した[116

後は、ご自分で、調べて下さい。
限りなく、怪しいというか、本当に起こった時は、日本の西側、全滅になると思います。

これは、国が調査する必要が有ると思います。

nice!(0)  コメント(0)