So-net無料ブログ作成
日本の歴史 ブログトップ
前の10件 | -

日本本土空襲(4) [日本の歴史]

愈々、アメリカが日本に上陸してからの空爆の様子は、気が狂ったような様子だったことを知りました。
 みなさんにも読んで頂こうと思って、「日本本土空襲」のタイトルで、三回書きましたが、私はまだ、読んでいません。

 私が疎開していました街は、滋賀県の一番北にいちします、木之本町です。ここは、攻撃されるような施設は無かったと思いますが、あちこちに、防空壕が掘られて、警報が鳴る度に、批難した記憶は、かすかに有ります。

 と言うことは、大阪よりにある虎姫や長浜、大津などは、町が大きかったので、空将は受けたのではと思いましたが、終戦後は、通過すするばかりで、戦争の時の様子は、全く知りません。

ネットで検索していましたら、次の本が出版されたことが分かりました。
 米軍資料から滋賀県内の空襲実態をまとめた「本土決戦と滋賀」
http://www.sankei.com/west/news/140815/wst1408150009-n1.html

 旧米原町史では「空爆があったとする記録はない」としているが、水谷教諭は「米原の円形機関車庫と線路、蒸気機関車にロケット弾が命中」と米軍資料に記載があることを紹介。

旧米原町史では「空爆があったとする記録はない」と記していますのに、米軍資料に記載があることを紹介しています。
 アメリカ人は、すごく几帳面な人達であったことが分かります。

それにしても、アメリカは、滋賀県には、空爆する程の施設はないことも調べていたことになります。

どうして、これほどまでに、日本を攻撃しなければならないと思ったことが不思議に思えます。

nice!(0)  コメント(0) 

日本本土空襲(3) [日本の歴史]

何時も 読んで頂きまして、有難うございます。
 この記事は、今朝の一時とこの時間に、二回も投稿しています。今、見直しましたら、昨日も投稿しています。
 申し訳ありませんでした。

 頭が遣られていますね。 しかし、4歳の時に、空高く、飛んで行く飛行機を見た記憶ははっきりと覚えているのです。
 そして、この飛行機が、どうやら、福井県を攻撃する飛行機だったらしいことも思い出して、どんどん、ネットで検索していましたら、全国、隅から隅まで、空爆を行われた資料が見つかりました。

次のような記事も見つけました。

地震等の災害の歴史8【「戦争に隠された地震災害」終戦前後の地震災害】No1  
https://blogs.yahoo.co.jp/tnarumiya2001/55797750.html

近代日本の戦争史
http://critic.cocolog-nifty.com/kk/cat24088509/index.html

日本の降伏
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%99%8D%E4%BC%8F#終戦工作の例

日本政府は少なくとも1945年5月に降伏の打診をしているが、この打診は米政府によって公式に無視、あるいは拒否された。
http://soumoukukki.at.webry.info/201010/article_3.html

日本の降伏を無視したアメリカ「証拠と証言」
https://ameblo.jp/daitoaseinenkai21/entry-11574543724.html


しかし、昨晩は、遅くまで、他の資料を探していました。
名古屋に津波を伴った地震が起こった夜には、天皇陛下は、降伏をかんがえられたという記事を以前、見つけました。 そして、その翌日には、5ヶ国に対して、降伏をするような通知を送ったと書かれていました。

昨晩、この資料を探していましたら、これは見つからないで、別の記事が見つかりました。

名古屋に津波を伴った地震が起こった、次の日に、B29から、「次は何のお見舞いをしましょうか」と云う意味のビラが、飛行機から撒かれたという記事がありました。 その記事は、アメリカが撒いたと思っていましたが、これは、日本が、日本人を騙すために、撒いたのだと書かれた記事でした。

この記事が正しいかも知れません。

・・・・・・・ 理由には成らないかもしれませんが、 同じ記事を三回も投稿したのには、所謂、第二次世界大戦の前後の歴史は、勉強をしなおさねばと思いました。










nice!(1)  コメント(0) 

日本本土空襲 [日本の歴史]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A9%BA%E8%A5%B2#都道府県別被害数

 いつの事か記憶に有りませんが、父は軍隊に召集されました。九州の福岡に赴任したらしいです。
これが何時の事かは、幼児期(昭和15年4月生まれ)でしたから、分かりません。大阪市天王寺区に住んでいました私達家族は、滋賀県の湖北の木之本町に疎開しました。父は、家財道具は、トラックで、木之本町へ送り、その後、私達家族は、汽車に乗って、おじいさんの家の木之本に行きましたが、戦争だったことは勿論、知りませんし、楽しい旅行気分だったと思います。
 父は、その後、戦地へ行くことになりますが、いつ行ったかは知りません。

いつの事かは,分かりませんが、沢山の飛行機が、南から北へ飛んで行くのが見えました。高度は高過ぎて、よく見えない程、小さかった様に思います。滋賀県の一番北の木之本町ですから、すぐ、お隣りは、福井県です。

随分後日になってから、福井県に行く、飛行機だったことを知りました。飛行機の形などは解からない程の高さでしたから、日本の飛行機ではなく、福井県を空襲する飛行機だったのだなと、大きくなってから思いました。
日本の飛行機と戦うでもなく、高射砲も無かったのでしょうか。悠々と編隊を組んで飛んでいました。
 この時の戦争は、ウィキペディアに依れば、次のように記されています。

テニアン島を飛びたったB-29 127機による81分間の集中爆撃を受け、壊滅的な被害となった[1]。米軍の評価によると、福井市街地の損壊率は84.8%で人口103,049のうち罹災者85,603、世帯数25,691のうち罹災世帯は21,992にのぼった。死者は1,576人(女915人、男661人)にのぼり、重軽傷者6,527人で内108人はその後死亡した。
地方都市への爆撃としては富山市、沼津市に次いで全国トップクラスであった。
 1945年(昭和20年)7月19日の午後11時24分から翌日午前0時45分にかけてアメリカ軍により行われた。
私は昭和15年4月2日の生まれですから、もし、私が見た飛行機が、このB-29であれば、私が4歳の時の事になります。
終戦の年は、私は木之本町の小学校に入学に入学しました。
と言うことで、戦争のことは、全く知りません。
私だけではなくて、ご近所の大人の人も観ていましたから、福井県を攻撃する飛行機だったと思います。しかし、見た飛行機は、3~4機で、次の日も飛んでいた様に思います。
「テニアン島を飛びたったB-29 127機による81分間~」と書かれた飛行機は、私がみたのとは、異なる飛行機なのかも知れません。
なにぶん、私が4歳になったばかりの時に、見た初めての飛行機ですが、その後、大阪空港(伊丹と豊中市にある)の近くに移住しましたから、やかましいほどの飛行機を見ましたが。せんご、相当経っても、機映が見えないほどの飛行機は見たことが有りません。B29は、降りてくる時とか、飛び立つときしか、見たことが有りません。

nice!(0)  コメント(0) 

日本本土空襲 [日本の歴史]

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E7%A9%BA%E8%A5%B2#都道府県別被害数

 いつの事か記憶に有りませんが、父は軍隊に召集されました。九州の福岡に赴任したらしいです。
これが何時の事かは、幼児期(昭和15年4月生まれ)でしたから、分かりません。大阪市天王寺区に住んでいました私達家族は、滋賀県の湖北の木之本町に疎開しました。父は、家財道具は、トラックで、木之本町へ送り、その後、私達家族は、汽車に乗って、おじいさんの家の木之本に行きましたが、戦争だったことは勿論、知りませんし、楽しい旅行気分だったと思います。
 父は、その後、戦地へ行くことになりますが、いつ行ったかは知りません。

いつの事は分か
りませんが、沢山の飛行機が、南から北へ飛んで行くのが見えました。高度は高過ぎて、よく見えない程、小さかった様に思います。滋賀県の一番北の木之本町ですから、すぐ、お隣りは、福井県です。

随分後日になってから、福井県に行く、飛行機だったことを知りました。飛行機の形などは解からない程の高さでしたから、日本の飛行機ではなく、福井県を空襲する飛行機だったのだなと、大きくなってから思いました。
日本の飛行機と戦うでもなく、高射砲も無かったのでしょうか。悠々と編隊を組んで飛んでいました。
 この時の戦争は、ウィキペディアに依れば、次のように記されています。

テニアン島を飛びたったB-29 127機による81分間の集中爆撃を受け、壊滅的な被害となった[1]。米軍の評価によると、福井市街地の損壊率は84.8%で人口103,049のうち罹災者85,603、世帯数25,691のうち罹災世帯は21,992にのぼった。死者は1,576人(女915人、男661人)にのぼり、重軽傷者6,527人で内108人はその後死亡した。
地方都市への爆撃としては富山市、沼津市に次いで全国トップクラスであった。
 1945年(昭和20年)7月19日の午後11時24分から翌日午前0時45分にかけてアメリカ軍により行われた。
私は昭和15年4月2日の生まれですから、もし、私が見た飛行機が、このB-29であれば、私が4歳の時の事になります。
終戦の年は、私は木之本町の小学校に入学しました。
と言うことで、戦争のことは、全く知りません。
私だけではなくて、ご近所の大人の人も観ていましたから、福井県を攻撃する飛行機だったと思います。しかし、見た飛行機は、3~4機で、次の日も飛んでいた様に思います。
「テニアン島を飛びたったB-29 127機による81分間~」と書かれた飛行機は、私が見たのとは、異なる飛行機なのかも知れません。
なにぶん、私が4歳になったばかりの時に、見た初めての飛行機ですが、その後、大阪空港(伊丹と豊中市にある)の近くに移住しましたから、やかましいほどの飛行機を見ましたが。戦後、相当経っても、機映が見えないほどの飛行機は見たことが有りません。B29は、降りてくる時とか、飛び立つときしか、見たことが有りません。

nice!(1)  コメント(0) 

和歌山県の空襲 [日本の歴史]

和歌山県に岩橋千塚古墳群があります。千塚と書いてありますから、千近くの古墳が有るのだろうと以前から行きたかった古墳です。
 http://wakayamacity-bunkazai.jp/iseki/5258/

二年前になりますが、千もありますと、歩いて回れないので車で、古墳を全部見て回ろうと思いました。いつもですと、いろいろ下調べをするのですが、最近は、根気が無くなって、調べる気力がなく、なにも調べないで出掛けることにしました。
 私は大阪ですから、和歌山まで高速がはしっています。関西国際空港の少し、手前から、高速に乗りました。
 この空港は、昔、伊丹空港と呼ばれていましたが、豊中市と伊丹市にまたがって有ります。国際との名前が付いていますが、国内線しかありません。
 暫く貼りますと、私の車の後ろについた車は、すべて、抜いて行きます。危険なので、スピードを上げますと、早すぎて、景色など見ている余裕が有りません。暫くしますと、スピードが速すぎて、怖いです。 車は、時速80kmを越えていました。 どの車も、私の車を抜いて行きます。
 大阪市内に入りますと、車線は多くなり、どの車線も、すごいスピードです。
最近は、あまり車に乗りませんし、高速道も走ったことが無いので、頭が付いていけないことが分かりました。
 それでも、時速80km以下で走りますと、危険なので、スピードを上げました。

疲れたのですね。途中で何度か、車を止めて休憩しました。
和歌山で高速をおりましたら、何故か、どの車も、高速道並みのスピードで走行しています。それだけではなくて、道幅が広く、高速並みのスピードです。

休憩の意味もあって、図書館によって、下調べをすることにしました。ただ、どの道も道幅が広く、普通の道なのに、車のスピードが速くて、おそるおそる走りました。

和歌山県には、「加太」という所が有ります。昔から、私は地名に興味がありましたので、一度は行きたいと思っていました。普通は、地名を付けると言うことは、住んでいる人が、他の人に分かる様に付ける目印の様なものですから、意味が有ります。
 「加太」は、「加」は、加えるの意味です。「太」は太いという意味です。これでは、「加太」はどのような地名か判りません。この様な時は、「加太」は、地名は古い事になります。

 こんなことを考えながら、図書館で休憩するようで、辺りにあるものを眺めていましたら、和歌山県の空襲について書いてあるものを見つけました。
 歴史書ではなくて、日記の類のような文体で書かれたものでした。

これを読みだしましたら、面白いので夢中になって読んでいましたら、2時間位過ぎていました。
 失礼な言い方ですが、和歌山県には、大切ななものがあったのでしょうか。
例えば、飛行機や軍艦の製造工場があるとか、皇族の方が、疎開して居られたとか。

なにも無いのに、アメリカは、空爆しました。
 では、他の府県は、どうだろうと、調べましたら、全国の都道府県も、空爆を受けていました。

アメリカは、日本人、皆殺しにするつもりであった事が分かります。
その他に、電磁波を使って、四ヶ所で、地震を起こしました。

名古屋では、地震だけではなくて、津波の実験にも使用したと思います。


それも、アメリカを初めとして、イギリス、フランス、ロシアにも、終戦の依頼の連絡をしたと思います。
 届いていた筈なのに、それに自信を経たアメリカは、原子爆弾の実験を広島と長崎にも投下しました。

 そんな証拠は有るのかと言われそうですが、アメリカもイギリスも、日本に対して、その証拠を出す事ができるのかと、お聞きしたい所です。

日本から、終戦の依頼書は、届いたはずですから、残っているでしょう。書類は知らないが、私は見たというアメリカ人が居られる筈です。

戦争に対する謝罪は何度も、日本にさせた国ですが、そんな人は居ても、よう名乗り出ないでしょう。
 名乗りでますと、アメリカでは生きて居れないと思います。

でも、勇気を出して、本の形で、真実を言った人は、次のお二人です。
①アメリカの鏡・日本  
ヘレン・ミアーズ著 伊藤延司氏  (アメリカ人)  ----是非この本を読んで下さい。
   角川書店

②なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか
  ヘンリー・S・ストークス  加瀬英明著  (イギリス人)
祥伝社

韓国は、慰安婦の事で、もう、10億円支払う様に、要求してきました。
よく、意味が分かりませんが、その代わり、韓国も10億円を出すそうです。
1月11日 産経新聞 一面のトップに書いてあります。

前に渡した10億円は、200人?位の慰安婦の方が受けとられたそうです。
これが正しければ、一人当たり、500万円ずつ、受け取られた事になります。

 他の皆さんは、満足しなかったので、後10億円出して下さい。韓国政府、10億円だしますからという意味でしょうか。

 と言うことは、まだ、受け取っておられない人が、400人居られる事になります。

もし、そうであれば、400人のお名前などの資料は送って来られたのでしょうか。

受け取られる人が、400人ですから、その人は、現在もお元気の筈ですから、住んで居られる住所等も、日本に報告すべきでしょう。

いろいろ書いてきましたが、韓国は、どうしようもありません。

先日、日本人はできるだけ、韓国に旅行をしないでおこうと、書きましたが、実際に、随分減ったことが報道されていました。

やはり、日本へ来て貰うのも、断るしかないでしょう。そうしませんと、細菌とかウイルスをビニールの袋に入れて、日本に来てから、ばら撒くだけで、多くの日本人が死ぬことになると思います。 これは、空港の検査では、見つからないでしょう。


和歌山大空襲
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2#1945%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%A9%BA%E8%A5%B2

nice!(0)  コメント(0) 

資料・本 日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと [日本の歴史]

http://online.chichi.co.jp/category/BOOK/1029.html
 本の名前は、長すぎて、読む気がしない本の様ですが、どのような内容かは、上のhttp
をクリックして頂きますと、解かります。

 特に、最後に書いてある「終 章 占領文書二百五十万ページ研究への挑戦と成果」とは、どのような意味科と言いますと、アメリカと言う国は、凄い国ですね。

「占領文書二百五十万ページ研究への挑戦と成果」とは、どういう意味かと言いますと、終戦時、日本が保存していた物は、兎に角、アメリカに持ち帰った様です。どれぐらい、持ち帰ったかは調べていませんので、どなたか調べてください。

著者の高橋史朗と言う方は、「占領文書二百五十万ページ」を発見されます。それから、確か、二年半、留学されて、毎日、仕事の合間に、「占領文書二百五十万ページ」をすべて、コピーされて、その報告書の一つとして、
「検証 戦後教育」日本人も知らなかった戦後五十年の原点
を出版されました。

「高橋史朗 著書一覧」
https://www.amazon.co.jp/%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E5%8F%B2%E6%9C%97/e/B001I78WK4
 上の所で検索して戴きますと、著書が一杯ヒットします。教育に関する本が多いですから、今日行く関係の学者と思われますが、所謂、教育の専門家ではない様に思われます。

アメリカが日本にやって来て、どのような教育をしたかと言いますと、「日本が二度と立ち上がれないように」に教育をしたことになります。

 その為には、皆がしっている「日本の歴史」は、頭から消えるように、終戦の年、1945年は、私が小学校に入学した時ですが、私達は、戦前に習った方法ではなくて、別のアメリカ式の教育を受けました。

この本の副題には、「こうして日本人は国を愛せなくなった」と書かれています。

私は単純ですから、「そうだったのかと」と感心して、何度も読み直しました。

他の歴史書も読み進む程に、最近は、アメリカは、日本を占領してから、このような方針を立てたのではなくて、日本を攻撃する前には、1945年の終戦前後にかけて4年連続で1,000人を超える死者を出した4大地震(三河地震、鳥取地震、東南海地震、南海地震)の人口地震を起こしたと推理しています。

 このように考えますと、日本と戦争するのは、すべて、アメリカは計算づくでしていたと考えます。

1944年(昭和19年)12月7日午後1時36分から、紀伊半島東部の熊野灘、三重県尾鷲市沖約 20 km (北緯33度8分、東経136度6分)から浜名湖沖まで破壊が進行した(震源としては「熊野灘」)M7.9のプレート境界型巨大地震。単に「東南海地震」または「1944年東南海地震」。

 この時に被害が大きかったのは、飛行場だったと思われる。その為に、この時に、日本は、終戦を考えたと書かれたものを以前に読みましたが、見つかりません。

戦局は、あっという間に、広島への原子爆弾投下。長崎への投下となります。
別に原子爆弾を誓うひつようは無かったと思われます。
 アメリカは、戦局を早く終了さす為に、投下したと説明しましたが、私は実験をしたのだと思います。
 投下して直ぐに、アメリカとロシアは、日本に調査団を派遣して、原子爆弾の威力をカメラに収めました。

このように戦局の流れを見ますと、
「日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと」は、戦争を始める前から、準備をしていたことになります。

アメリカが始めた戦争であることは、次の二冊の本を読みますと、解かります。

①アメリカの鏡・日本  
ヘレン・ミアーズ著 伊藤延司氏  (アメリカ人)  ----是非この本を読んで下さい。
   角川書店

②なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか
  ヘンリー・S・ストークス  加瀬英明著  (イギリス人)
祥伝社



韓国は、慰安婦の事で、もう、10億円支払う様に、要求してきました。
よく、意味が分かりませんが、その代わり、韓国も10億円を出すそうです。
1月11日 産経新聞 一面のトップに書いてあります。

前に渡した10億円は、200人?位の慰安婦の方が受けとられたそうです。
これが正しければ、一人当たり、500万円ずつ、受け取られた事になります。

 他の皆さんは、満足しなかったので、後10億円出して下さい。韓国政府、10億円だしますからという意味でしょうか。

 と言うことは、まだ、受け取っておられない人が、400人居られる事になります。

もし、そうであれば、400人のお名前などの資料は送って来られたのでしょうか。

受け取られる人が、400人ですから、そのひとは、現在もお元気の筈ですから、住んで居られる住所等も、日本に報告すべきでしょう。

いろいろ書いてきましたが、韓国は、どうしようもありません。

先日、日本人はできるだけ、韓国に旅行をしないでおこうと、書きましたが、じっさいに、随分減ったことが報道されていました。

やはり、日本へ着て貰うのも、断るしかないでしょう。そうしませんと、細菌とかウイルスをビニールの袋に入れて、日本に来てから、ばら撒くだけで、多祁の日本人が死ぬことになると思います。 これは、空港の検査では、見つからないでしょう。



和歌山大空襲
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E7%A9%BA%E8%A5%B2#1945%E5%B9%B47%E6%9C%889%E6%97%A5%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%A9%BA%E8%A5%B2


nice!(1)  コメント(0) 

資料・人工地震・三河地震 [日本の歴史]

ウィキペデイアに依れば、三河地震
の概要は、次の様になっています。

三河地震(みかわじしん)は、1945年1月13日午前3時38分23秒に、愛知県の三河湾で発生したマグニチュード6.8(Mw 6.6)の直下型地震である。 また、1945年の終戦前後にかけて4年連続で1,000人を超える死者を出した4大地震(鳥取地震、東南海地震、南海地震)の一つである。


上記のように、人工地震の言葉は使われていませんが、4大地震(鳥取地震、東南海地震、南海地震)も調べる必要があります。



★太平洋戦争中におきた四つの大地震 アメリカはどうやらそつなく原爆も人工地震も両方実験。
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/eb89fd9e19cd0defbc20b42814e0b644

nice!(1)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(251) 古事記と日本書紀(5) [日本の歴史]

前回の文章は、どこかおかしいと思われましたか。

「同じ時代に、正史が、古事記と日本書紀と二冊存在したことになります」
本当は、一冊しかありません。
ある人は、日本書紀が正しいと思い、有る人は、古事記が正書と思っただけです。

正しいと思ったことを文章に書こうとした時に、両者とも、その文章の書き始めの言葉を

「天と地が初めに、存在した時」から書き始めました。
これは、偶然か、どちらかが、先に作られた歴史書を見て、真似をしたと考えるしかないと思われます。
 日本だけを視野に入れますと、真似をしたことになりますが、視野を世界に広げますと、地球はどのように誕生したかは、外国にあります。
 この場合は、真似をしたではなくて、参考にしたことになります。

しかし、日本書紀と古事記を並べて、考えた時は、どちらにも当てはまらなくて、日本書紀は、古事記は、正しくないことを説明する為に、作られたと考えています。このように私は考えますが、ズバリ、日本書紀は、古事記を消し去るために、書かれたと書いた書物は有りません。

だれが、そのような事を考えるだろうかと思われるでしょう。

誰か書いたかは分からない様に、日本書紀には、書いた人の名前は、どこにも書いてありません。本当は、書いてあったが、消されてしまったのかも知れません。

nice!(0)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(250) 古事記と日本書紀(4) [日本の歴史]

「他の一書」に書いてある事が、すべて、正しいと仮定します。すると、同じ時代に、正史が、古事記と日本書紀と二冊存在したことになります。

それでは、二冊の内容を比べてみます。
両書とも、天と地が、定まらない頃からの事が書かれていて、天と地に分かれた様子から書き始めています。そのような世界の中に、神が生まれたと記します。

始めに生まれた神は、天之御中主神です。次々と生まれる神は、両書とも、一人神ですが、その内に、男女のイザナギとイザナミが生まれたことを記しています。

古事記では、この部分の神は、「別天つ神」ですと断る部分が有ります。
所が、日本書紀には、「別天つ神」は書かれていません。 日本書紀は、古事記を参考にして書かれたのではないかと推察していますが、古事記に書かれた「別天つ神」の意味が分らなかったのではないかと考えます。

古事記の初めの部分は、
 天地初めて発けし時、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神。次に高御産巣日神。

「高天の原」の内、「天」の部分を「阿麻」と読むに拘って、注釈文が書かれています。

それ以上に、「高天原」という言葉が重要視されています。しかし、この高天原が、日本の何処にある場所だったかは、学門的によく分からなかったようで、ヒルゼン高原であることは、随分、最近になって解かったのではないかと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(249) 古事記と日本書紀(3) [日本の歴史]

 『日本書紀』の特徴は、世界に例を見ない編集方法にあります。
と書いて、「他の一書」の素晴らしさを書いて居られます。

私は、逆だと思います。本文において、足らない部分を補うものとして、「他の一書」が書かれていますが、「他の一書」が、誰が書いた、何時書かれた、書物の名前などが書かれていません。多い物では、11書かかれたものが有りましたが、本文を補うものにはならないと思います。

 参考にすることは別に、悪くは有りません。

タイトルは、「古事記と日本書紀」としましたので、いつも、思っている不思議を書いてみます。
 仮に、古事記も、日本書紀も、正史だとしますと、両書の内容は、同じ時代を扱った書物だと思われます。
 そうしますと、同じ時代に、正史が二つあったことになります。普通に考えますと、日本書紀は、何時、誰が書いたか、分かっていませんから、正史でないと考えますが、古事記は序文が有りました。
 古事記の序文には、書いた人の名前「太安万侶」の名前が、このような書き方は、あり得ないから、序文は、ニセモノである。
 このような事から、古事記は、正史ではないと思われていました。

人間と云うものは、おかしな動物です。古事記はだれが書いたかを書いたを示す、序文があれば、この序文は、ニセモノだから、古事記は、偽書だという人間が登場します。 一方、序文のようなものはない日本書紀は、偽書だという人も現れます。

しかし、その後、太安万侶のお墓が、発見されました。 お墓の中に書かれていた名前と古事記に書かれている名前は、同じでしたから、古事記に書かれている事は、正しい。正史と認められるようになりました。

では、日本書紀は、どうかと成りますが、結論だけを言いますと、私は正史では無いと考えています。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 日本の歴史 ブログトップ