So-net無料ブログ作成
検索選択

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(186)   吉野ヶ里(29)  [日本の歴史]

 最古絹片も華中ルート
http://o-mino.la.coocan.jp/page990.html

上の記事は、以前に掲載していますが、もう一度、書いてみます。
数行だけ記してみます。

タイトルのフレーズは、平成10年1月1日の読売新聞と西日本新聞に掲載されたものを「文化財発掘情報3月号」に収録された記事のタイトルです。
これでは、意味がよく判りませんので、其の一部を転載します。
弥生時代の環濠遺跡としては濃くない最大規模の吉野ヶ里遺跡(佐賀県)から、1994年に出土した絹織物片が中国華中地域の絹糸の特徴と一致することが、繊維学と蚕絹史の権威である布目順郎・京都工芸繊維大名誉教授(83)の鑑定であきらかになった。また、華中地域の人骨と吉野ヶ里をはじめ北部九州の弥生人骨の特徴が一致することが、国立科学博物館や九州大学の研究者が参加した日中共同調査団で確認されており、布目名誉教授は、この二つの研究成果から、日本への渡来人による養蚕と絹織物の伝来は、定説の「華北--朝鮮半島ルート以前に」に、「華中ルート」が存在したとしている。近く、専門誌に発表する予定だ。

上の事から、布目順郎・京都工芸繊維大名誉教授は、繊維学と蚕絹史の権威者で居られる事が判ります。

布目順郎著 「養蚕の紀起源と古代絹」 昭和54年1月20日発行 484ページ
この本の10ページに 第1-3表 
同じ弥生中期に発掘された日本の立岩遺蹟外 春日市と須久岡本遺蹟の6つの資料と中国の陽高縣県漢墓の4つの資料と比較された資料が記されています。

 ここでは、①完全度と②繊維断面積の両者の比較がされています。
残念ながら、完全度の数値の意味が判らないので、中国の平絹の方が、優れているのか、日本の方がすぐれているのか判りません。
 私の素人判断に拠りますと、断面積が大きいということは、絹糸が太いということで、太い糸で、絹を織りますと、ごわごわした絹織物になると思われます。

 中国から、日本に絹が伝えられたのであれば、同じ時代の絹ですから、中国産の方が、全て、面積が小さいはずですが、資料は、中国の方が大きい絹もあり、私にとっては、この厖大な分析資料は役に立ちません。
 
 布目順郎氏は、本文の中で、これこれの資料から、日本の6種の絹と中国の4種の絹は、日本製と中国製と、はっきり分けることができますと書いて居られます。

ということは、立岩遺蹟の平絹は、中国から来たものではなくて、日本製の可能性が強いと書いて居られます。
①完全度と ②繊維断面積を調べますと、日本で発掘された資料と中国で発掘された資料が、別のものであることが判るということです。立岩遺蹟の平絹が中国の中国の陽高縣県漢墓と同じ系統であれば、立岩遺蹟の平絹は、中国から持ってこられた絹になります。

パリーゼ著の「絹の道」の訳本は、雄山閣の出版です。

布目順郎著 「養蚕の紀起源と古代絹」
10ページ 第1-3表
で確認してください。
nice!(0)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(185)   吉野ヶ里(28)  [日本の歴史]

 最後にもう一度、吉野ヶ里から離れて、秩父の絹の事を書いてみます。

朝日新聞市社の発行で、『発掘された日本列島』のタイトルの本が、毎年、その年に発行されます。1995~2007年まで、購入していましたが、最近は、古書でも、高くて購入していません。
『2000発掘された日本書紀列島』がありましたので、なんの気なしに、書庫より取り出しましたら、購入しただけで、読んだ記憶がありませんでした。
 9頁が、最初のページでしたが、タイトルが 
「秩父原人」登場? 五十万年前の石器と生活跡が出土した 
 小鹿坂(おがさか)遺蹟・埼玉県秩父市  でした。

 この遺蹟の近くの多摩ローム層と比較しますと、43万年前の尾田蒔丘陵の五メートル下にあることと、尾田蒔丘陵には60~65万年前に降下した上宝火山灰が堆積していないことから、本遺蹟は50万年前に形成されたと考えていると書かれています。

 その後、17年が経過しますから、もっと、詳しいことが分かっているかもしれませんが、確かめていません。
 この遺蹟の近くでは、長尾根遺蹟も発掘されており、秩父市は関東で初めての人が住んでいたことが分かった地域になります。
 このように考えてきますと、絹を秩父に持ちこんだのは、ユダヤ人の可能性は、大いにあることになります。
 

nice!(1)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(184)   吉野ヶ里(27)  [日本の歴史]

 前回、「神」の字のつく地名とか、人名は、ユダヤ人に関係があるのではないかと考えていますと書きました。
 このお話はあまり人気がありません。
人気のないところは、現在は、ユダヤ人と言われる人は、この人だと知っている人は少ないからだと思われます。

 「アインシュタイン」という方が、居られます。この方は、ユダヤ人です。
ノーベル賞を受賞された人であることは、日本人であれば、お名前を知って居られる人は多いと思います。
では、名前の前の部分も知って居られる人はす少ないと思います。

 本の題名は忘れましたが、1922年に、日本を訪れた時に、
兎に角、日本と日本人が好きだったと述べられたことを知りました。

普通は、好き、嫌いには、理由があるものですが、「好き」の一言だったのです。

確か、アインシュタインは、物理学での分野で、受賞されたぐらいの知識しかありませんが、物事を順序だてて、考える分野だと思うのですが、「好き」だったのです。

 ユダヤ人のことをかいた本は、一杯出版されていますので、一度ご覧ください。私が以前に読んだユダヤ人に関する本に、著者が、日本の飛行場に着いたら、気持が落ち着くのですと書いておられました。好きではなく、空気が好きだとの誉め言葉でしょうか。

私がユダヤ人について書いたことは、次のところにありますので、ご覧ください。
ユダヤ人が、日本に、紀元前からやって来ていた証拠は、2000年も前の事になりますから、書物の様なものには残っていません。残っているのは、地名に残っていると考えています。

 随分以前に書いていますが、よろしかったら、覗いてください。

①日本大好きNo71 神の字が付く地名とユダヤ
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2007-05-14

②No257 神の付く地名とユダヤ
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2007-12-29
③No32 頭に「神」がつく、神と人
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2005-07-19
④No30 ユダヤ人と日本人の似ているところ
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2005-07-12
nice!(0)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(183)   吉野ヶ里(26)  [日本の歴史]

秩父と絹の関係を知りたく思っています。

30年程前に、確か、埼玉県に住んで友達が、私が古事記の事で、絹のことを勉強していると手紙に書いたら、山の中に、大きな蚕部屋がある養蚕家があると教えてくれたので、ネットでみましたら、見ることが出来ましたが、今は見ることができません。 傾斜が急なので、住むのには、不便な所だと思ったのと、桑の木を何処に植えるのだろうと思ったことがありました。

秩父の歴史
http://www.city.chichibu.lg.jp/3983.html

上のブログで、にわか勉強をしました。

①神庭洞窟(三峰)
 随分前から、古事記を追いかけて来たことから、「神」の字のつく地名とか、人名は、ユダヤ人に関係があるのではないかと考えています。 その代表は、神武天皇(神倭伊波礼毘古命)です。広辞苑では記載されていません。日本書紀では、神日本磐余彦です。

古事記に書かれている神倭伊波礼毘古命ですと、全く漢字を読めない人は、別にして、「倭」の漢字を読むことが出来れば、「カミヤマトイワレビコ」と読むことは出来ます。
神日本磐余彦は、「カミニホンイワヨヒコ」としか読むことはできません。

このように眺めますと、昔は、神武天皇と言われていたのでしょうが、太安万侶が、神倭伊波礼毘古命と書き残したと考えるのが自然です。
 
 所が、広辞苑では、神日本磐余彦としか、記載されていないということは、太安万侶の間違いで、現在の歴史学者の意見を入れて、国語学者も賛成して、広辞苑には、神倭伊波礼毘古命を書かない様にしたことになります。
 もちろん、学校では、神倭伊波礼毘古命は教えないのでしょう。


外に、神川町、寄居町、ときがわ町、飯能市がどうして、付けられたのを知りたいです。
神の字が付いた地名だけではありません。 全部、読むことが出来ません。 このような地名を、私は難読地名と呼んでいます。 どうして、このように難読地名があるのかは、調べる必要があります。 
、ときがわ町は、ひらがなの町名にしました。 古くは、漢字だったのですが、地元の人でも、読めない人多いので、ひらがなに変えられのではないかと考えています。

②「秩父地方が東国にあっていち早く国造が任命されたことになる」
山が多い所にあって、国造が派遣された理由は、絹しかないなと思いました。

③「式内社として秩父神社、椋神社」
この事は、詳しく調べたく思っています。田村氏が、厖大な著書の中で、この式内社のことを取上げられましたので、著書は、現在、どこにもありません。(古書店にもありません)

田村氏の著書
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html

nice!(0)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(182)   吉野ヶ里(25) [日本の歴史]

 吉野ヶ里の原稿は、最近、吉備の話を書いています。絹を運ぶには、運ぶ人の確保もありますが、生産地と運ぶ道の確保が必要です。
 何故かと言いますと、絹は金と同じぐらいの値段がしたように思えるからです。これまでに、分かって来た所は、京都の籠神社と出雲大社です。こちらは、日本海に面した所ですが、大陸から渡って来た人は、どうしても、日本海側に、到達しますから、太平洋側では、見つかりません。

 所が先日、テレビを見ていましたら、「ブラたもり」という番組があり、秩父の銘仙を放映していました。
 木地の染色をしていましたが、意味が良く解らないのです。
年配の男性の方が、布に刷毛で2回染料を塗りますと、模様が染色されました。(ここが判らなかったので。何故模様が、出るのかです。 ビデオで取って有ったので、家内と一緒に見ました。何故かと言いますと、銘仙の着物を持っているから、見せてあげると言っていました。それと、子供の時に、泉州のタオルを作っている所で、刷毛で染色しているを見たことが有る。お父さんが、そのタオルを売る商売をして居られました) テレビを見ていた家内は、途中で寝てしまいましたから、私が一人で見ていたのですが、訳が判りません。染料が付いていた刷毛で塗ったのであれば、塗った側だけに、染料が付くのに、裏も同じ模様が、ついていました。
 その時のテレビの説明では、画面の布と思っていたのは、布ではなくて、縦糸だけが並んでいましたから、刷毛こすると、裏まで、染料が付きました。これを乾燥させてから、横糸を通して、所謂、織っていくことになります。
 翌日に、家内にもう一度、録画見せてもらいました。
 それでも、まだ、理解出来ません。
 刷毛でぬったのは、昔の謄写版やと言われました。私の年代の者は、謄写版は、、小学生の時に、鉄筆で蝋紙の上に字や絵を書いて、学級新聞を作った記憶があります。
 それでも、まだ、理解出来ませんでした。
 「たもり」さんが、同じ様に、ブラシをはしらせますと、見事に、絵柄がずれました。
そして、職人さんが、もう一度するとピタリと図柄があいました。
 
 解かるように書いたつもりですが、お解りになりましたか。

やはり、判らないので、コンピュータで、「秩父 銘仙」をキーワードにして、検索しましたら、解決です。

どうして、拘ったかと言いますと、番組では、秩父の銘仙は、大正からはじまって、戦争前まで、盛んだったことを放映していましたので、そんなことは無いだろう。日本の絹は、2000年前から行われていたということを知っていましたから、テレビの大正というのは、間違いと思っていました。
「秩父 銘仙」で検索して、三つ目のブログが、次のものです。

秩父の伝統織物『秩父銘仙』で全身コーディネートしてみたい ...
 https://grutto-plus.com/experience/008/  少し、コピーしてみます。

逸見恭子さん「秩父銘仙はね、織る前にたて糸に捺染する“先染め”の製法なの」
編集部「えっ? 織ってから染めるんじゃないんですか!」
他の織物と違って、秩父銘仙は先に染めてから織るようです。約1400本ものたて糸がずれないよう、ところどころによこ糸を通した「仮織り」の状態で染色するのだそう。その後、仮織りしたよこ糸を取りのぞきながら本織りする「ほぐし織り」を経て完成するのです。
逸見恭子さん「先染めだから、普通の織物と違って柄の裏表がないのが特徴なのよ」
なるほど〜。裏表どちらでも着られるということは、汚れても反対側に返せばもう一度着られるということ。もともと秩父銘仙は規格外のくず繭で作られた庶民の普段着だったというから、理にかなっていますね。


「秩父銘仙はね、織る前にたて糸に捺染する“先染め”の製法なの」
編集部「えっ? 織ってから染めるんじゃないんですか!」
他の織物と違って、秩父銘仙は先に染めてから織るようです。約1400本ものたて糸がずれないよう、ところどころによこ糸を通した「仮織り」の状態で染色するのだそう。その後、仮織りしたよこ糸を取りのぞきながら本織りする「ほぐし織り」を経て完成するのです。

お解りですか。
私ははじめは、縦糸許と思っていましたら、所々に、横糸があり、染色してから、この横糸を除いて、横糸をつかって、織ることになります。

以上の事から、絹糸も大正時代から作りだしたのではなくて、いつかは判りませんが、もっと、以前から、作られていた私の考えは、間違っていなかったとやっと、納得出来たのですが、一時は、秩父の住民の7割の人が、この仕事に携わって居られたと書いてありますから、完成した銘仙は、どこに集められて、どこに運ばれてたかを調べる必要があります。

銘仙が盛んになったのは、大正と有りますから、殆どが、東京に運ばれたのではないでしょうか。
どなたか調べてください。

長々と書いてきましたが、「ブラたもり」と家内の小さい頃の泉州の思い出と、銘仙の着物を持っている等、どれが欠けても、「ブラたもり」の放映は、見ただけで終わる所でした。

現在の秩父の様子も、ご覧ください。

アメリカ等の化繊にとってかわられた事が判ります。

nice!(0)  コメント(0) 

神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(181)   吉野ヶ里(24) [日本の歴史]

 前回の180回は、「私のつぶやき」のような内容になりました。

日本の歴史に限っては、知らない人が多いので、毎日を愉しむ人ばかりで、こんな日本は、軍隊を差し向けなくても、簡単に滅ぼす事が出来ると思います。

私のブログへの書き込みが出来なくなった話を書きました。関係ないかも知れませんが、「楽しい人生」というブログを書いていました。内容は、いろいろでしたが、日本は電磁波による攻撃を受ける恐れがあると、阪神大震災や東北沖の地震のことなどを、ずっと、以前に書いていました。 最近では、熊本や鳥取県の地震も可能性があることを書きました。

 電磁波による地震や豪雨は、一つも楽しい話題はありません。それでも、続けて書きました。
 最近は、あきらめて、熊本県の地震の回数は、チェックしていませんが、収まったのでしょうか。何故かと言いますと、一日に、数か月分の豪雨が各地で降り、河が決壊した報道が多いですから、そちらのニュースを見ています。

 一昨日は、台風が発生したとの報道があり、「気象庁は、注意するようにと発表した」と書いてありました。
どのように注意するのかと、検索しましたら、次の記事がありました。

台風5号 気象庁も悩む進路
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00000074-mai-soci

次の記事もありました。
<台風3号、4日に九州上陸か> ---どうして、この様に続けて、台風が発生するのでしょうか。

気象庁が悩むのは、台風ばかりではありません。 先日から、豪雨や、34度を超える温度に、熱中症に注意してください。 これでは、どの様に注意するのか判りません。
昨日は、37.5度の地域もありました。

予想は、どの府県も、34度ばかりでした。

 フルにクーラーを一日中、効かせますと、身体のどの部分も、血液の流れが悪くなります。すると、全身の組織は、酸素不足になるはずです。

癌は、酸素が少ない組織では、どんどん増えることが分かっています。(と以前に、書いたことが有りますが、理解困難です)

低酸素 癌 進展 の学術記事
http://scholar.google.co.jp/scholar?q=%E4%BD%8E%E9%85%B8%E7%B4%A0+%E7%99%8C+%E9%80%B2%E5%B1%95&hl=ja&as_sdt=0&as_vis=1&oi=scholart&sa=X&ved=0ahUKEwiyos-Wt7bVAhWJgbwKHXozCm8QgQMIJDAA これが本当であれば、クーラーは、高めに設定するか、出来るだけ、どの窓も全開にして、空気を入れたり、庭に撒く水の回数を増やしたり、飲む水の量を多くして、汗をだして、体温を下げるなどして、クーラーは出来るだけ、使わない方がいいと、アドバイスをするべきでしょう。(これは私の間違いでしょうか)

 私は五年前の膀胱がんの時は、このようなことを実行した為かどうか判りませんが、4ヶ月で、癌は見えなくなりました。そして、昨年の夏に、膀胱がんは、治りましたと言われました。その代わりと書けば変ですが、前立腺がんが見つかり、今年の9月から、放射線治療開始です。
 お解りですか。 暑い。---クーラーを過度に使用す。----全身に送られる酸素が少なくなる。----癌組織は、増える。
 癌と戦うために、今日も、私は病院へ行きます。 9月からの放射腺治療を最大の効果を出す為です

 話は、横に逸れましたが、電子レンジはご存じですね。 あっという間に、なんでも、熱くなり、便利ですね。
 あれを海で行いますと、海の水は蒸発し、どんどん上にあがっていきますと、上に行くほどに、空気の温度がさがって、雲が発生し、雨となって降って来ます。 この理屈は間違っていますか。

 私はこんなヘリクツをつけて、豪雨が人為的に、起されていると考えています。
 豪雨も、台風も、電磁波で起せるのではないでしょうか。

 最近は、気象庁は、避難してくださいと避難命令の連発です。
 あまり、度々、避難命令を出しますと、皆さん、避難をされないのではないでしょうか。

避難命令が、出れば、仕事は休みにして、避難すべきなのに、避難命令がでますと、前が見えない程の中を態々、車で、走って、テレビは撮影をして居られます。すると、いっぱいの自動車が、タイヤの3分の1は見えない程、水しぶきを上げて走っています。 毎回、繰り返されるメディアの注意報です。

 豪雨は、3時間も続くでしょうか。 あのような映像が、毎回、放映されるのが不思議に思います。私は3時間も待てば、雨は少し、マシになるのにと思っています。テレビの画面は、雨で道路が見えなくなった江を一杯の車が走っています。

あれだけ降って居れば、会社を休んでも、多めにみてくれるのにと、思っています。

これは、吉野ヶ里と関係ありませんでした。

これぐらい記事の量が、多いですと、つぶやくになりませんので、 吉野ヶ里に入れました。
すこし、吉野ヶ里のことを書きます。

 吉野ヶ里は、漢人と日本人との戦いでした。

日本では、2000年前から、戦いが行われて、その一つとして、吉備も戦場だったことを書いています。
 造山古墳は、日本史では、四番目に大きな古墳だったことを見て頂きました。

吉備は、最大の戦場だったのではないかと考えています。

今朝は9時から病院ですので、もう、投稿して、寝ます。

電磁波を浴びた日本国民は、どうなると思いますか。

私の行ってます病院をビデオにとって、お見せしたいほどです。
一番広い一回の総合待合室は、びっしりです。 

私のような人だけではありません。診察を受ける前の診察券を出すだけに、並んでいます。

私が受ける放射線科は、私を含めて、一昨日は三人でした。私がトップでしたが、お昼までに、一人1.5時間掛りましたから、満員だったことになります。

この大勢の医療費は、どうなるのでしょうか。

私のように、三人てあればいいですが、数日前に、打ってもらった注射は、別の病院で、8000円でした。高齢者ですから、病院には、80000円の収入ですが、国は、80000円の支出です。

こうして、これから、39回してもらって 助かるのかと云いますと、初めに、先生は、この放射線治療して、効いたかどうかは、確かめる方法がありません。

この放射線治療は、いくら掛るのでしょうか。
こんなに治療に、国民健康保険でお金を使っていいのでしょうか。

癌が治っても、私は77歳ですから、長く生きて、90歳までの命でしょう。 
癌の治療は、紹介して頂いた病院に戻って、死ぬまで続くと思います。

私は電磁波による戦争は、減殺も進行形だと考えています。

この記事が正しいと思われる方は、クーラーの使用は、少し減らして、相手の判らない、戦争と戦うひつようがあると考えています。

おやすみなさい。




神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(180)   吉野ヶ里(23) [日本の歴史]

 私のこのブログは、「神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます」です。

残念ながら、私が読もうと思っている古事記は、偽書と思っておられ人が増えているようです。そして、日本書紀が、720年に完成した、国の作った歴史書ということになっているようです。(古事記のように、書いた日と作者も書いて有りませんが、正式の日本の歴史書とされています)

 そのような日本史は困ると思っています。
何故かと言いますと、最近の日本は、どうかしていますね。

政府は、憲法の第九条の改正を考えていますが、これは、テロ防止の観点から、改正を考えていることになっていますが、自衛隊の戦力のことを織り込もうとしているのでしょう。、

所が、今度の、稲田防衛大臣辞任は、憲法改正どころでなくなってしまいました。

物の考え方は、人それぞれ違って良いのですが、私は、自衛隊は一番に、日本の軍事面で、防衛するのが役目だと思っています。災害時に被害地に隊員を派遣したり、外国の道路や橋の修理までさせていいのでしょうか。

私が書いた様なことは、自衛隊の活動は、
国際連合平和維持活動(PKO)と呼ばれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%B4%BE%E9%81%A3#.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E9.80.A3.E5.90.88.E5.B9.B3.E5.92.8C.E7.B6.AD.E6.8C.81.E6.B4.BB.E5.8B.95.EF.BC.88PKO.EF.BC.89

確かに、援助した国は、今後、日本に友好国になる可能性は有りますが、自衛隊が行かなくても、日本の会社に任せれば良いことです。

道路工事や、災害地への派遣は、受けた国は、助かりますが、各隊員は、本当に戦争になった時には、戦うことが出来るのでしょうか。

自衛隊は戦力をもってはいけない雰囲気ですね。

世界中で、軍隊を持たない国は有るのでしょうか。

アメリカ韓国と日本は、同盟国で、戦争になった時は、軍隊をだして助け合うことになっています。ところが、韓国は、次々と難題を持ち込んで来ます。

慰安婦---このような英語は無いので、わざわざ 説明が付いているそうです。 其説明文には、戦争の時に、日本軍が、韓国の人を無理矢理、慰安婦にしたと書いてあるそうです。ネットでは、英語で表示されていました。
慰安婦という言葉日本語だけのようです。元論、韓国語中国語も無いのでしょう。


軍艦島--- https://matome.naver.jp/odai/2143355229598777801
産経新聞は、韓国がいうようなことは、無かった。朝鮮人も日本人も同じように働いていたと報道していますが、みなさんが、読んで居られる新聞には、軍艦島の事は、報道されていますか。


稲田防衛大臣辞任、中国でトップニュース扱い――建軍90周年記念を前に
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20170730-00073904/
 全部読んで居ませんが、「特に「稲田防衛大臣問題」に関しては尋常ではない頻度で、ほぼ逐一報道している」と書いてありますが、中国国民は、きっと、大喜びでしょう。

稲田防衛大臣が、自衛隊の駐屯地の側で、いつもお世話になっていますと、お礼を述べたら、その時に、選挙の時に、よろしくと言ったと発言したと取上げられました。

これは、メディアが喜んで、叩きました。 大成功で、あちこちの選挙で、自民党が大敗しています。

そのことを【おかしな世の中】
http://asilka.blog61.fc2.com/ で書きました所、8日で書き込みが出来なくなりました。
 少し、私の書き方が良く無かったのでしょうか。 

続けて、次々と私のブログは壊れています。

このようなことを書けば、このブログも又、壊されるでしょう

壊そうとしている犯人が、見つかりました。 警察に届ければ、犯人である証拠は、掴めるかどうか、思案中ですが・・・・。

必ず、日本は、遣られることになるだろうと 覚悟はしています。

その時に、頼りになるのは、自衛隊員です。

壊れても、せめてこの文章が残ればと思いますが、きっと、アクセスも出来なくなるでしょう。

私のつぶやき  その8 [日本の歴史]

幻の「吉備王国」の実像
http://bushoojapan.com/walker/2014/10/16/32397

①斉明天皇の石像の話が書いてありますが、ここは、是非歩いてください。もっとも、今は日射病になりますから、秋にしてください。

②邇摩郷のことを書いて居られますが、人間が無理のように書いておられますが、それよりも、沈められた船が400隻と言われています。そうしますと、50人乗りですし、、食糧、武器等を積みますから、相当大きな船になります。
 当時は、国道2号線は、海岸線だったと思います。港は要りません。海岸に沿って、舟を停泊させれば良いですから、2万人は、可能だったと思われます。

こうなると忙しいですよ。国道1号線、国道2号線、国道9号線。 二泊ぐらいしながら、歩いてください。



神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(179)   吉野ヶ里(22) [日本の歴史]

 
紀元前の神武東征の時代から、急に、斉明天皇の時代のことで恐縮ですが、660年の百済滅亡をうけて決定した朝鮮半島への派兵した白村江の戦いの時のことを書いて居られます。
 次のブログを読んで下さい。

幻の「吉備王国」の実像
http://bushoojapan.com/walker/2014/10/16/32397 この時に派兵した人数が、20000人だったから、現在、邇摩という町があると書いて居られます。
風土記では、661年、斉明天皇一行が下道(しもつみち)郡に宿泊したとき、家が多く建っている様子を見て、兵士を徴募したところ、2万人が集まった。天皇は喜んで、その土地を「二万(にま)郷」と名付けた。この土地を後にあらためて、「邇摩(にま)郷」といった、とある。
邇摩郷があったのは岡山県倉敷市。地図を開くと、高梁(たかはし)川の西岸に上二万・下二万という地名が残っている。風土記が書き留めた「邇摩郷」の最有力候補地だ。
現在の地名は、邇摩ではなくて、上二万・下二万の名前で残っています。



白村江の戦い
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E6%9D%91%E6%B1%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84#.E5.80.AD.E5.9B.BD.E8.BB.8D  
この時の派兵した舟の数は、1000隻と言われていますが、その内の水軍の400隻は、戦わずして、周りから火の矢を浴びせられて、燃えたと読んだ本には書いてありました。

どうしてかと言いますと、古い話ですから、確かではありませんが、400隻は、簡単に、河口からどんどん、入って行けたらしいです。 気が付いたら、河口は、塞がれて、中国の水軍と陸からの陸軍から、火を浴びせられて、戦わずして、全滅したと理解していました。
 
おかしいですね。
日本の二万の派兵は、そんなに、多いのかと思いましたが、
上記のブログでは、中国軍の人数は、130000人と書いてあります。

この戦いは、私が読んだ、二冊の本の知識によると、始めは、百済が、唐・新羅連合軍  と戦ったが、百済が、負けて来たので、日本に助けを求めて来たので、出撃したことになっていました。  しかし、これは、嘘で、その証拠として、日本軍は、河口では、狭いですから、陸からの攻撃は、簡単であった筈ですが、奥深くまで、侵入することが出来ました。 ここは、負けた百済の兵隊がいた筈ですが、このときは新羅連合軍がいて、日本軍をたたけたはずです。

今日は、白村江の戦いの事ではなくて、
「斉明天皇が兵士を徴募したところ、2万人が集まった」という、一見馬鹿げた話ですが、私は信じました。
 斉明天皇とは、天智天皇と天武天皇のお母さんです。

 この後に、日本では、壬申の乱がありますが、これは、天皇家の相続争いということになっています。

壬申の乱の原因
http://www12.plala.or.jp/rekisi/jinnsinn.html

しかし、そうではなくて、
田村誠一氏の著書 
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html
第19話として、『壬申の乱は日唐戦争』のタイトルで、こんな話は、聞かれたことのない本を出版して居られます。

私はこれは、正しいと思っています。
何故かと言いますと、天智天皇と天武天皇は、具合が悪くなってから、4ヶ月で亡くなられています。

証拠は有りませんが、田村氏は、毒殺されたと書いておなられます。

古事記をかくように太安万侶に命令したのは、天武天皇です。

現在、日本人が、古事記や日本書紀から学んだ、日本の歴史は間違っていると思います。


神話ではなかった古事記・古事記を読んでみます(178)   吉野ヶ里(21) [日本の歴史]

 この様に眺めますと、岡山県は、天皇家の勢力範囲のように思えます。

しかし、岡山県には、竜王山が一杯有ります。
岡山県内の竜王山
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1qen02NyYyoVibAaPKLgp-6plJcg&hl=en_US&ll=34.73505291017903%2C133.83132950000004&z=10 この山の麓の集落は、漢人と関係が有るかどうかは、解りませんが、大阪府では、茨木市と箕面市の近くの能勢町に竜王山が有りますので、登って来ました。

全国の竜王山
http://vbsoft.sub.jp/hana/takatori30.html

これだけ、山の名前だけの竜王山が有るということは、龍という字は、中国人に関係が有ることが多いですから、全国的に、もう少し、検討を加える必要があります。

さて、岡山県の竜王山と吉野ヶ里とがどの様に関係が有るのかは、これからの研究になります。
 少なくとも、この二つの勢力が争ったのと、大型の古墳が、一杯あり、神武東征に、広島で5年、吉備で8年掛かった証拠として良いと思われます。

神武東征に16年掛かった内の、8年が、吉備で費やされた事になります。

私も岡山県の探索に、一日は、本土と笠岡市の高島で二泊してきました。

岡山までは、車で行きましたが、カーナビに竜王山が表示されます。暫く走っていますと、又、竜王山の麓を走っていることになり、これはカーナビが壊れたかと思うほど、竜王山を眺めることになりました。

 これは、竜王山を少しずつ、形を変えて、目印にしたかと考えましたが、全国に有ることは、これでは、説明が付きません。

 何故 吉備にこんなに多くの竜王山があり、大きな前方後円墳があるのでしょう。