So-net無料ブログ作成
検索選択
尖閣諸島と歴史 ブログトップ
前の10件 | -

これからの日本(11) 歴史を知らない日本人(278) 如何にして戦うか(223) 封じ込め(3) [尖閣諸島と歴史]

封じ込めは、どんどん行われているのに、どうして、日本人は気が付かないのでしょう。
 次の3つの記事を読んでください。

① 歴史を知らない日本人(263) 如何にして戦うか(208) 建国(131) 人工地震(61) アベノミクス(35) 
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2013-06-30

 ここに書きましたが、アメリカは、日本に忠告していることを書きました。

 しかし、アメリカは許さないと思います。そこで、韓国に助け舟を出しました。
そこで、アメリカは、日本は、竹島を渡した方が良いと、それとなく、アドバイスをしています。提案したのは、アメリカ海軍分析センターです。ということは、軍事的に分析すると、提案通りにすると、世界から日本は、称賛されて、ノーベル平和賞を貰えるでしょうと言いました。ノーベル平和賞を出すか出さないかは、アメリカが決定することが、是で判ります。
 
 「安倍、独島を諦めたらノーベル平和賞可能
http://www.m9l-o-l.com/archives/27958005.html
 何故か、日本のメディアは無視しました。

② 中国艦5隻、初の宗谷海峡通過 演習でロシア艦艇も
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1400K_U3A710C1000000/?dg=1
防衛省統合幕僚監部は14日、中国海軍のミサイル駆逐艦やフリゲート艦など艦艇5隻が同日午前5時ごろ、北海道の宗谷海峡をオホーツク海に向け東方向に通過したのを確認したと発表した。防衛省が中国海軍艦艇の宗谷海峡通過を確認するのは初めて。

ロシア爆撃機が日本に接近 自衛隊機が緊急発進
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130716/plc13071600120000-n1.htm
2013.7.16 00:09 [安全保障]
防衛省統合幕僚監部は15日、ロシア軍の爆撃機など3機が北方領土や日本海上空を飛行したため、自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させて対応したと発表した。
防衛省によると、ロシア軍のTU-95爆撃機2機が、朝鮮半島沖の日本海で日本の領空に接近した後、日本列島に沿って北海道沖まで北上。IL-20偵察機は北方領土上空を通過した後、襟裳岬沖で引き返し、再び北方領土上空を通過して日本海沖まで北海道を一回りするように飛行した。
 
 日本人は、襟裳岬沖がどこにあるのか知らないのでしょう。ロシアの飛行機が間違って、日本に入って来たのではありません。
ロシア軍のTU-95爆撃機2機が、ロシア軍のTU-95爆撃機2機が、北海道を一周したのに、サンケイは「北海道を一回りするように飛行した」と報道しました。
 他のメディアは取上げていません。
 

 封じ込めどころか、戦争が始まっています

日本のメディアは、朝から、一番のニュースは、野球・ゴルフの成績がどの様であったからから始まります。

 アメリカ、ロシア、中国、韓国からの封じ込めに気が付いていながら、知らぬ顔をしているのでしょう。
  知っているが、どのように、報道したらよいか、分らないのでしょう。

どうして、このように、急激に、締め付けが始まったのでしょう。

7月21日の選挙が関係あると思います。

自民党は、憲法改正を公約に掲げています。今更、自民党は、憲法改正を降ろす訳には行きません。
 今度の選挙で、自民党が、80%ぐらいで、勝ちそうです。

 そうしますと、日本の国力がおちることは、いろいろ行われることになります。

 でも、もう手遅れだと思います。
メディアは、このことを取上げますと、選挙妨害になると思います。と云って、黙っていますと、安倍政権は、憲法を改正して、世界が嫌がる軍国主義に突入するからです。

 次々、おこる封じ込め、これが、世界は嫌がっている証拠でしょう。 一番、嫌がっているのは、アメリカです。

歴史を知らない日本人(267) 如何にして戦うか(212) 建国(135) 人工地震(65) アベノミクス(39) [尖閣諸島と歴史]

竹中平蔵、アベノミクスを語る
竹中平蔵・慶応義塾教授に聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/13341

 前回、紹介しました竹中氏のコメントを読んで戴けましたか。

タイトルに、「竹中平蔵・慶応義塾教授に聞く」とありますから、学者だと思っていましたら、違うのですね。

 2001年(平成13年)の第1次小泉内閣と、2002年(平成14年)の第1次小泉内閣第1次改造内閣で経済財政政策担当大臣。金融担当大臣も兼任する。

という事は、12年前から、政治家です。それも、内閣にどっぷり浸かって居られたことになります。なのに、「竹中平蔵、アベノミクスを語る」では、評論家の様に、安倍氏を誉めておられます。アベノミクスの中身を理論的に構築された本人ですのに。
 どうして、このような対談が成立するのかと云いますと、質問している本人が、現在の内閣の人たちのことを良く知らないからではないでしょうか。

 では、話題を変えて、自民党の政治家が、アメリカからの要求通りに動いているのかと云いますと、

 フリーメイソンの集会で菅直人と小泉が?
http://blog.livedoor.jp/oppqr/tag/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3

 このブログをどんどん、下にスクロールしますと、上のタイトルの記事が出てきます。
この方は、泉パウロ氏の著書から引用されています。
 私と同様に、泉パウロ氏の著書にはめられたことになります。

 菅直人と小泉がフリーメイソンの集会に出席していたから、フリーメイソンに入っていたかどうかは、別ですが、この事実の確認すらできていません。
 このようなデマに対しては、毅然とした態度で、名誉棄損で訴えれば良いですが、裁判の以前に、闇の人たちからの判決が下されることを知っておられるのでしょう。
 そうであれば、せめて、国会議員を辞められたらいいのですが、辞められてません。小泉氏、引退されたのでしょうか。
 息子さんの方は、元気に活躍しておられますから、フリーメイソンではなくても、何らかの関係は有るのでしょう。

泉パウロ牧師の言っていたことが本当だった!ベンジャミンフルフォードが真相を!
 http://www.asyura2.com/10/nametoroku6/msg/2286.html


泉パウロ牧師の言っていることが、本当であれ、嘘であれ、日本の何所かで、近いうちに、大きな地震があることは、事実だろうと思います。

分かっていても、政府は、アベノミクスで乗り切れると考えていることは確かです。 結果的には、アメリカにお金を巻き上げられることは、続くのでしょう。

従いまして、 如何にして戦うとか、いかに建国するかなどは、どうでも良いことになります。

 今回で、 アベノミクスは、中止にして、では、国民はどのように対処すれば良いかを考えて見ようと思います。

歴史を知らない日本人(266) 如何にして戦うか(211) 建国(134) 人工地震(64) アベノミクス(38) [尖閣諸島と歴史]

アベノミクスは、竹中平蔵氏が指導したと、どこかで読んだ気がします。間違いでしょうか。
 WEBには、この方の対談や考えを述べたものが見ることが出来ますから、読んでください。

竹中平蔵、アベノミクスを語る 竹中平蔵・慶応義塾教授に聞く
http://toyokeizai.net/articles/-/13341

この記事は、次のような文章から始まります。

------安倍内閣は幸運ともいえるスタートを切りました。 いやいや、違うと思いますよ。これは安倍晋三首相が見事に期待の変化を作り上げたのだと思う。それを幸運だと言う人がいるが、それは本質を見誤っている。 これは故・速水(優)元日本銀行総裁に教わったのだが、鴨長明の『方丈記』の中に、景気とは「空気の景色」という説明が出てくるそうだ。まさしく、景気は「気」から。経済学的にはエクスペクテーション(期待)だ。それが今高まっている。それを高めたのは安倍首相の功績だ。

経歴を記しますと、(ウィキペディアより)
 2001年(平成13年)の第1次小泉内閣と、2002年(平成14年)の第1次小泉内閣第1次改造内閣で経済財政政策担当大臣。金融担当大臣も兼任する。2003年(平成15年)、第1次小泉内閣第2次改造内閣においても留任、内閣府特命担当大臣として金融・経済財政政策を担当。2004年(平成16年)7月、第20回参議院議員通常選挙に自民党比例代表で立候補し70万票を獲得しトップ当選(史上唯一人の現職民間人閣僚たる新人参院候補)。同年9月、第2次小泉改造内閣において、参議院議員として内閣府特命担当大臣(経済財政政策)・郵政民営化担当に就任。小泉内閣の経済閣僚として、日本経済の「聖域なき構造改革」の断行を標榜する。日本振興銀行に異例の速さで銀行業免許付与。2005年平成17年9月、 第3次小泉内閣においても役職はそのまま留任。同年10月、第3次小泉改造内閣においては総務大臣兼郵政民営化担当大臣に就任。
郵政民営化の件
郵政民営化など、竹中が進めた経済政策について、「アメリカのいいなりの経済政策を行っている」(対米従属)という批判に対し、竹中は「民間でできることは民間でやることが国民や国全体のためになるという思いでやっている」(官から民へ)、「アメリカのためにやるなどと考えたこともない」などと答弁した[37]。

 結果論になりますが、郵便局は、単に金融業の巨大化したものではなく、地方では、いろいろの面で集落の中心になっていましたが、現在は、中心になるものが無くなったように思います。

 小泉氏が、羽織ハカマで、靖国神社を参拝し、中国韓国の政府を怒らせたことは事実です。それ以後、ずっと、中国政府とは、国交が有りません。

 その時に、中国政府は、どのように発言したかと云いますと、

中国は、「日本人は、日本史の勉強をしなさい」と忠告してくれました。

日本史を勉強したら、中国は、紀元前から、日本を支配していました。 支配下にある国は、何ケ国あったかは、魏志倭人伝に書いてあります。

日本は、感謝して忠告を聞き、お返しをすべきです〕と、タイトル書きました。


 この文章は、今読んで戴いているブログの上に書いてあります

書き出しは、次の所に有ります
http://nihonnsi.blog.so-net.ne.jp/2005-05-28

2005-05-28 のことです。中国に、日本の歴史解釈では負けないようにと、8年間、考えてきましたが、中国の言う通り、日本人の歴史のとらえ方は、間違っていると思います。
 しかし、中国人も間違っていると思います。

中国人と言うよりは、中国政府は、これまで、2000年来、日本は、中国のお蔭で、今の日本が有るのに、第二次世界大戦では、中国を無茶苦茶にして、その時の反省はおろか、謝りもしていません。尖閣諸島も、盗まれたと発言しています。

 それに対して、日本人で、反論した人はいません。
 
 どうして、出来ないかと云いますと、日本の歴史を知らないからだと思います。

私が調べたところでは、紀元前から、中国人に、日本は征服されていたと思います。
昭和20年8月の終戦後、やっと、解放されましたが、今は、主人がアメリカと交代しています。

そのアメリカの言うとおりにしたのが、小泉首相と竹中平蔵だったように思っています。

 しかし、泉パウロという人の著書では、そうではなくて、お二人とも、フリーメイスンの仲間だと書いて居られます。これは、信用する人が居られないようですが、正しいとしますと、ここ8年間の政界の動きは、納得できるものとなります。

納得出来ましても、今更どうしようもありません。
郵便局の資産の大部分は、アメリカの国債で運用されているように泉パウロ氏の著書に書いてあります。
 アメリカの国債は売ることができません。
 だから、ジタバタしないで、大人しくしていると、郵便局は潰れませんよ。 と 泉パウロ氏は、警告を発しておられるような気がしています。

このような裏の事情があっても、アベノミクスは、中止をして普通に真面目に、生活をすべきだと思います。


歴史を知らない日本人(265) 如何にして戦うか(210) 建国(133) 人工地震(63) アベノミクス(37) [尖閣諸島と歴史]

後10年持つかどうかわからないお金しかない私は、アベノミクスで、2割ほど損をしたと考えています。今後は、年金生活ですから、円の価値が下がる円安になると益々、損になると思っていましたら、高齢者は、アベノミクスに賛成と言うアンケートが発表されて、がっくりしています。
 なにが、がっくりであるかと云いますと、私の頭が遣られて、世の中の人と違うことを考えていたことにがっかりです。

 日銀は、お金を印刷して、2兆円ほど、世界にばら撒いたことになります。当然、世界の人から感謝されなければなりませんが、先日、G2では、迷惑だと云われたコメントを記ました。それに加えて、中国と韓国は、昨日、共同で日本をやっつけようという会談をして、態々、テレビでその会見の様子を世界に報道しました。

 私の考えることは、大した考えはありません。私が損をしたとなれば、私が損をしたお金は、誰かの所へ流れて、得をした人が居る筈だと考えただけのことです。
 それは、誰か判らないが、内容をよく知っているはずの政治家と世界にいると云われているフリーメーソンの人達だと自分で言い聞かせて、これならいくらわめいても仕方がないなと、又、自分で言い聞かせています。

 でも、大損を受けた様に発言している中国に関する記事が有りました。

中国政府系ファンド 日本株の保有4兆円超
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130621/fnc13062123240018-n1.htm
2013.6.21 23:24

 中国の政府系とみられる投資ファンドが、3月末時点で少なくとも日本の上場企業174社に4兆2447億円を投資していることが21日、分かった。「アベノミクス」期待を背景にした株高により、保有株の時価総額は半年前から1兆円以上増え、平成21年3月末の調査以来、過去最高となった。企業に経営の見直しを積極的に迫る「物言う株主」のような行動は見られないが、東京株式市場で存在感を高めている。・・・・
 
この後ろに書いてあることが凄いと思うのです。
 投資ファンドの意味が分らないのですが、中国政府が持っているのでしょう。円安ですと、日本の株は、安く買えるし、株価は上がりますから、ボロ儲けです。そのうちに、各、会社には、社長として、中国の政府の人が乗りこんでくるのでは????


日本株、海外勢の保有比率が最高の28% 12年度
個人株主数も最高 
2013/6/20 16:18

http://www.nikkei.com/markets/kabu/marketsnews.aspx?g=DGXNASFL200ND_20062013000000

東京証券取引所など全国5証券取引所が20日発表した2012年度の株式分布状況によると、個人株主数はのべ4596万人と、10年度の4591万人を上回って過去最高になった。11年度に比べると約4万8000人増加した。新規上場企業が増えたほか、株式分割や投資単位の引き下げといった取り組みが個人株主の増加につながった。 以下、省略—

海外投資家を示す「外国法人等」の保有比率(金額ベース)が、40パーセントになると、日本の会社は、乗っ取られることになるのでしょうか。

歴史を知らない日本人(264) 如何にして戦うか(209) 建国(132) 人工地震(62) アベノミクス(36) [尖閣諸島と歴史]

余り、闇の集団のことを書いていますと、殺されますので、書くのは止めてみようかと、数日前から、思っていますと、前回などは、何を書いてあるのか分からなくなってきました。
 もう少し、メディアは思ったことを書いても良いのだと思いますが、

マスコミ教育で「自虐史観」を植えつけられてきた日本人
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-44cb.html
に、次の様な事が書いてありますと、何だか信じたくなります。こうなりますと、殺人ですね。でも、読売新聞の女性番記者は、実名も判っていますが、読売新聞は、抗議すらしていません。認めたという事でしょう。
 
・・・・・中川さんの側にいた財務省の幹部と、白川方明日銀総裁がそれを実行したのです。    中川さんが側で朦朧としているのに、白川さんは何もしないというあの怖ろしい状況こそ前代未聞でしたね。中川氏に、自覚できないほど朦朧とさせるために薬を盛った実行部隊は、読売新聞の女性番記者であったこともわかっています。…省略・・・

 でも、是よりすごい話が見付かりました。
大手メディアが一切語らない辛坊ヨット遭難事故の「自己責任」 (天木直人のブログ)
http://www.asyura2.com/13/senkyo149/msg/712.html
 
 天木直人の文章は、なんだかキレが悪いです。ところが、この記事を交ぜ繰り返した人が居ます。
 その人たちは、コメントで表現しました。全部で、100掲載されていますが、面白いですね。
 次のコメントは、なるほどと思いたくなりますね。
 
今回の事件の発端は、“お涙ちょうだい・詐欺チャリティー番組”の杜撰且つ無責任な“仕込み=チャラ男体質”にあった事は、明白な事実である。発端に関して「責任」を負うべきは<塵売りテレビ><アホ本興業><澱痛>である。
 兎に角、息抜きに読んでください。

歴史を知らない日本人(263) 如何にして戦うか(208) 建国(131) 人工地震(61) アベノミクス(35) [尖閣諸島と歴史]

日本がアメリカの属国であることは、認めたくないですが、普通の頭の持主ですと、属国であることは判ると思います。

 お隣の韓国は、何故か、日本人が嫌いで、戦後、60年以上、戦争の時に、ひどいことをした事を謝れと、続けて声を荒げて言い続けてきました。その時に、どれほど日本人は野獣のように醜い人間であることを言い続けてきました。
 その代表が、従軍慰安婦のことです。
仮に、私は慰安婦だったと云われる皆さんに、10兆円をお渡ししても、解決しないと思います。
 多く出すほどに、人間性を傷つけられたと怒ることになるでしょうし、少なくても、同じことでしょう。

 この問題は、決着を付けなければ、今後の日本の将来は、良くなることは無いでしょう。
と考えた人が、大阪市市長の橋下徹氏です。橋下氏は、いつもの調子で、発言すれば、誰かが、後に続いて来ると思われたのでしょう。セックスのことを持ち出しますと、政治の世界では、東西問わず、負けることに決まっています。加えて、歴史を勉強してなかったことが分かりました。政界の戦争に利用されただけで終わりました。
  
 不思議なことに、韓国は、日本と同様に、アメリカの属国なのに、中国寄りになっています。どうしてかといいますと、裕福になって来たから、勘違いをしているのだと思います。
 日本を叩いて、アメリカから離れて、中国と仲良くして行けると思っているのでしょう。

 しかし、アメリカは許さないと思います。そこで、韓国に助け舟を出しました。
そこで、アメリカは、日本は、竹島を渡した方が良いと、それとなく、アドバイスをしています。提案したのは、アメリカ海軍分析センターです。ということは、軍事的に分析すると、提案通りにすると、世界から日本は、称賛されて、ノーベル平和賞を貰えるでしょうと言いました。ノーベル平和賞を出すか出さないかは、アメリカが決定することが、是で判ります。
 
 「安倍、独島を諦めたらノーベル平和賞可能」
http://www.m9l-o-l.com/archives/27958005.html
 何故か、日本のメディアは無視しました。

従軍慰安婦などは、飛んでも無いことだとアメリカの高官が、叱責しました。

 さて、これで、韓国が中国へ靡くのは、阻止できるのでしょうか。

属国は、つらい所です。でも、独立しようとしますと、大きな地震が起こるでしょう。
 これは、日本政府も日本のメディアも認めています。

日本のメデテアの対応は、これで正しいのだと思います。
 次のブログは、私が、経験してきたことの失敗を言い当てているようで、面白いブログでした。

マスコミと教育で「自虐史観」を植えつけられてきた日本人
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-44cb.html

歴史を知らない日本人(262) 如何にして戦うか(207) 建国(130) 人工地震(60) アベノミクス(34) [尖閣諸島と歴史]

麻生財務相の「財政ファイナンス」容認発言?
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-177524/1.htm
の意味する所が解りませんでしたが、次のブログのことが、本当としますと、意味が自ずと判ることになります。

① 知ってた?あの政治家のルーツ!日本の貴族社会の家系図まとめhttp://kyudan.com/opinion/img/kakei02.gif

 なんだか 益々、怪しげなブログですが、読む価値は有ります。

②麻生太郎 家系図 安倍晋三
http://gazou-netsuai-news.blog.so-net.ne.jp/2013-01-22-4

前回のことと今回のことを続けて、頭の中に入れますと、麻生氏と安倍氏が中心になって、アベノミクスを推し進めておられる姿が、ぼんやりと理解出来るように思われます。
家系図は、複雑すぎて分らないのですが、麻生氏と安倍氏だけに限らず、国会議員は、選挙だけではなくて、多くの国会議員の家族が、婚姻で結ばれている姿が浮かんできます。


私は大きな間違いをしていました。安倍内閣は、次々、日本で起こる地震やHAARPを避けるために、アベノミクスをしていると思っていましたが、違ったようです。

 次々仕掛けるフリーメーソンの人たちと安倍内閣の人たちは、同じグループの人たちだったようです。

麻生氏の発言要旨は、
 アベノミクスの影響で景気回復の兆しが見えてきた日本経済の、重しになっているのが970兆円にも膨らんだ国債などの借金。国はそれを返済していかなければならない。
そうしたなか、麻生太郎副総理兼財務・金融相が「日本は自国通貨で国債を発行している。(お札=日銀券を)刷って返せばいい。簡単だろ」と、財政法で禁じられている「財政ファイナンス」を容認したかのような発言をした。


この方法は、アメリカが、ずっと続けてきたやり方です。

 この記事は、J-CASTニュースです。どのような会社か知りませんが、書いて居られることは、正しいと思います。外の読売とか、産経とか、朝日のメディアは、どうして報道しないのでしょう。
 日本のメディアは可笑しい様に思います。

 この事を指摘したブログが有りましたから、紹介します。

歴史を知らない日本人(261) 如何にして戦うか(206) 建国(129) 人工地震(59) アベノミクス(33) [尖閣諸島と歴史]

お金を多く印刷して、円安に誘導して、日本の株式が、上昇を続けて、どうして、国が富むのか分らなくて、アベノミクスを考えてきました。
 
 流石に、世界各国が、怪しい動きを始めました。

その内、日本人のおかしな人に注目します。
麻生財務相の「財政ファイナンス」容認発言?
http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/jcast-177524/1.htm

尖閣、盗んだと思われても仕方ない…鳩山元首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130625-OYT1T00934.htm?from=ylist
 【広州=吉田健一】鳩山由紀夫元首相は25日放送された香港のフェニックステレビとのインタビューで、沖縄県の尖閣諸島について、「中国側から見れば(日本が)盗んだと思われても仕方がない」と述べ、同諸島は「係争地である」との認識を示した。・・・・・

 ①は、失言かと思いましたが、失言ではないようです。その後、メディアで問題にしたところは有りません。
 ②は、関連の報道を全部読みますと、鳩山由紀夫氏が、元首相だけに、理解困難です。

 そこで、「麻生 フリーメーソン」のキーワードで、検索しました。なんだか、怪しげなブログが一杯で、読むのも嫌になりますが、次の二つは、読んでみても良いのではと思いました。
 鳩山 フリーメーソン
http://www.youtube.com/watch?v=g3GqhGDYxhA

鳩山フリーメーソン内閣
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano091010.html

歴史を知らない日本人(260) 如何にして戦うか(205) 建国(128) 人工地震(58) アベノミクス(32) [尖閣諸島と歴史]

アメリカの米個人情報収集は国の「正当な仕事」の側面もという報道は、分っているけれど、堂々と言われると、恐ろしい話だなと思います。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM11047_R10C13A6000000/?dg=1&n_cid=DSGGL001

これからも、アメリカの属国から逃れる事が出来ない日本は、仕方がないと思いますが、アメリカの言うことを聞かないときは、人工地震を使って阪神大震災を起こし、東日本大震災を起こしました。
 そんな馬鹿なと思われるでしょうが、私はほぼではなくて、間違いないと思っています。
 ただ、政府を初め、メディアの人も、一般国民の人も、誰一人、声を上げることなく、「仕方がない」と諦めておられるのだと思います。

アベノミクスは、経済のことは勿論、政治も知らないことだらけと私が考えたことを書きましたが、日本の貨幣の値打ちが下がることは、長い目でみますと、良いわけが無いのに、政府も国民も賛成しています。
 
 アングル:「アベノミクス」が強いる高齢者の痛み
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE92E05820130315

を初めとして、次第に世界の人は、間違っているとの声を上げ始めています。ドイツ、直接は指摘していませんが、日本は膨大な借金を減らすべきだと、サミットで指摘しました。

 ところが、不思議なことに、アンケートを取りましたら、痛みが直接降りかかる高齢者は、アベノミックスは賛成という人が多かったそうです。
 
 政府は、アメリカの喜ぶ事をしませんと、今度は、南海トラフが起ると考え、自分たちの命も惜しいので、アベノミックスをしたと考えています。

 それを認めてくれたのは、オバマ大統領ではなくて、米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長でした。バーナンキ氏は、米連邦準備理事会の雇われ人です。失敗は許されませんから、慎重な言動が続きました。
 どのように発言されたかは、すべて、コピーして読めば解ります。もっとも、私が読むのは、翻訳されたものですから、本当の意味は解らないことになります。

一応、日本は大損をしましたが、HARRPの攻撃は、軽微で済みましたから、アベノミクスは成功だったと思います。
 
しかし、前々回に、紹介しておきました
「南海トラフ」新予測、東海地震説を否定 連動視野に全域警戒を
2013.6.17 12:25 (1/3ページ)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130617/dst13061712260001-n1.htm
 を読んで戴きましたか。

政府は、地震調査委員会のいう事を信じて、「 江戸時代以降の発生間隔などを基に、30年以内の発生確率を今年1月時点で東海88%、東南海70~80%、南海60%程度と算出していた」と把握していたことが分かります。この確立ですと、30年以内に100%起こると解釈するか、一年以内に、半分の50%の確立で地震は起こると判断してもいいような発表です。
 しかし、この数値を出す根拠は、西日本を乗せた陸側プレート(岩板)の下にフィリピン海プレートが沈み込む場所が、東端の駿河湾から四国沖にかけて、マグニチュード(M)8級の東海・東南海・南海地震の震源域が順に並んでいるのですが、これらの震源地は別々に起こるという理論でしたが、これは、間違っていて、12年ぶりに訂正するという話です。
 この3つが連動して起こる可能性が出て来たと云う事です。
東海・東南海・南海地震で、其々、マグニチュード(M)8級の地震が、起るとします。その時に、東海のエネルギが隣りの東南海にエネルギー与えたとします。東南海は、マグニチュード(M)10級、南海地震はそれに加えて、マグニチュード(M)16級とします。
 マグニチュードが2倍ですと、被害の程度はどれぐらいになるのでしょう。

 何ぼでもいいのです。想定外の地震が起こったと二度とは言えませんから、地震の起るシステムを変えることにしたような説明です。

これは、東北大地震の時は、何故か、震源地が3ヶ所あったそうです。それが、連続して、地震を起こしたから、これまでにない地震と津波が起こったとの説明だと思います。
 デマに依りますと、3ヶ所震源地には、水爆が埋められていて、それが、次々順番に爆発させられたとありました。
 その根拠は、3つとも海底10キロが震源地でした。このうちは地震計が自動で、計測下値です。もう一つの証拠は、福島発電所付近の放射能汚染より、3ヶ所の震源地に近い海岸に追い寄せた海の方が、汚染度は高かったそうです。
 これは、発表されていないようです。

 これを発表しますと、どこの国かは分りませんが、HARRPの攻撃を受けることになります。
 その時は、「南海トラフ」の可能性がありますから、その時は、32万人が被災することになります。

「南海トラフ」新予測、東海地震説を否定 連動視野に全域警戒を
2013.6.17 12:25 (1/3ページ)
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130617/dst13061712260001-n1.htm

この発表は正しいことになります。

歴史を知らない日本人(259) 如何にして戦うか(204) 建国(127) 人工地震(57) スパイ活動 [尖閣諸島と歴史]

アメリカの中央情報局(CIA)と言えば、内容は知らないけれど、世界へのスパイ活動を大ぴらに行っていると思っている組織に、スパイが先入していて、元職員エドワード・スノーデンが、スパイ容疑者として、世界に公表して、そちらに行ったら、パスポートは無効ですから、スノーデンを送り返すように、要請しました。

 次の報道から、スノーデンは、香港、ロシア、エクアドルへと移動したように思われますが、本当の所は、まだ、香港、ロシアにいるかも知れません。


情報収集暴露の元CIA職員がエクアドルに亡命申請、モスクワ到着
2013年 06月 24日
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE95M01620130623

[香港/モスクワ 23日 ロイター] - 米当局による個人情報収集を暴露し、スパイ活動取締法違反容疑などで訴追された中央情報局(CIA)元職員エドワード・スノーデン容疑者(30)が、エクアドルに亡命申請をした。・・・
スノーデン氏、モスクワ到着=エクアドルに亡命申請―香港政府、米に引き渡さず
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-130624X445.html

オバマ氏は、周主席と仲良く、会談した所ですから、返してもらえると思っていたら、
偶々、駐機のロシアのアエロフロート機に乗って、ロシアへ。
 香港は、中国の特別地域で、治外法権の所だと報道しています。

中国政府「香港の処理尊重」=米国の批判かわす狙いも-スノーデン氏問題
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013062300251&rel=m&g=int

ロシアは、直ぐに、エクアドルに飛び立ったと報道。

エクアドルは、受け入れを引き受けると声明。しかし、スノーデン氏は、エクアドルに到着したというほうどうは有りません。

 
アメリカは、スノーデン氏のスパイ容疑の内容をメディアの記者から質問を受けた所、アメリカが行っている個人情報収集は、国の「正当な仕事」であると返答しています。
 個人情報とは、私が今、書いている文章まで、全部収集しているようです。
そして、この文章が、アメリカのテロに関係すると判断された時は、私は、殺されることが、正当だし、アメリカ国民の殆どの人が、納得しているそうです。

 次の記事は、イギリスのタイムズ紙のものですが、何だか、奥歯にものの挟まった文章に思えます。長いですが、読んでください。
 ここまでのことを元にしますと、人工地震は、どこで発生するのでしょう。
 こんなことを書かれますと、人工地震は起こしにくいですが、必ず、何らかの報復は有るでしょう。

 
[FT]米個人情報収集は国の「正当な仕事」の側面も
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM11047_R10C13A6000000/?dg=1&n_cid=DSGGL001
(2013年6月11日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

前の10件 | - 尖閣諸島と歴史 ブログトップ