So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

成美神社 [日本の歴史]

東伯郡成美村大字太一垣字宮ノ北鎮座

祭神 底筒男命、中筒男命、表筒男命、誉田別命
   気長足姫尊、足仲彦尊、素盞嗚尊、倉稲魂命

由緒 創立年月不詳、古来國石大明神と号し立子郷
   四箇村の総氏神たり、明治元年立子神社と改
   号す、其時本村別祠の神社倉稲魂尊を合祭す、
   明治五年村社に列す、明治四十年四月二十七
   日神饌幣帛料供進神社に指定せらる、大正六
   年二月十七日従来の同村大字太一垣字城山鎮
   座無格社福田神社(祭神誉田別尊、気長足姫尊、
   足仲彦尊) 同村大字中村字本谷鎮座無格社高
   取神社(祭神素戔嗚尊)同村大字佐崎字屋敷鎮座
   無格社佐崎神社(祭神素戔嗚尊) 同村大字出上
   字西屋敷鎮座無格社西井手神社(祭神素戔嗚尊)
   の五社と立子神社に合併し社号を成美神社と改
   称す。

 例祭日 十月十五日

 建造物 本殿、幣殿、拝殿、宝庫、参籠殿

 境内坪数 五百八十六坪

 氏子戸数 二百九戸
nice!(1)  コメント(0) 

黒谷神社 [日本の歴史]

東伯郡南谷村大字安歩字宮ノ上 鎮座

 祭神 不詳一神 大山祇神
 
 由緒 創立年代沿革等詳ならず。
 
 例祭日   十月十七日
 
 建造物   本殿、神楽殿

 境内坪数  百八十八坪

 崇敬者戸数 五十戸
nice!(0)  コメント(1) 

村社 瀬戸神社 [日本の歴史]

東伯郡大誠村大字瀬戸字宮ノ前カノジ山鎮座
 
祭神 國狭槌尊、國常立尊、豊?淳尊

由緒  本社に係る書類等悉く大永年間の兵?に
    かかりしを以て今?に其の徴證するに足
    るものなしと雖も、蓋旧社の一にして元
    該村字飯ノ山と称する所に鎮座ありし由、
    然るに中古要害山の城主秋近氏該城鎮護
    の為めに今の湊山に移し奉りしと云ふ、
    昭和二年一月二十一日神饌幣帛料供進神
    社に指定せらる、大正三年十二月六日大
    誠村大字西穂波字大門鎮座無格社西穂波
    神社(祭神素戔嗚尊)を合併す、同五年五月
    十四日大誠村大字穂波字塚林西鎮座村社
    穂波神社(祭神天児屋根命)を合併す。

 例祭日 四月九日
 
 建造物 本殿、拝殿、神門、神輿庫、参籠所

 境内坪数 九百三十五坪、

 氏子戸数 百三十戸
nice!(1)  コメント(0) 

村社 山守神社 [日本の歴史]

東伯郡山守村大字今西字宮ノ前 鎮座

 祭神 大己貴神
 
 由緒 創立年代不詳、往古より南谷九ヶ村の大社にして
    後醍醐天皇元応元年名和又太郎長年社殿を建立し、
    その後六度の建立は文書?蝕して年月等すべて不
    明なれど、皆国守の建立する所となりと云へり、
    降つて大永三年癸未三月地頭小鴨弾正鴨部幸基之
    を建立し、天文十七年戊申九月当国大守佐々木朝
    臣民部輔尼子晴久の代官藤原朝臣池田左衛門尉久
    重建立、天正四年丙子九月故賀茂朝臣小鴨左衛門
    元清建立文禄二年癸巳井部九郎左衛門建立、元禄
    四年辛未参月本殿建立の際因伯国守伯耆守光網公
    米五石寄進せらる明治維新の際社号を山守神社と
    改め村社に列せられ。大正七年十月三十一日神饌
    幣帛料共進神社に指定せらる。

 例祭日  四月十五日
 
 建造物  本殿、拝殿、神楽殿、随神門、神輿庫

 境内坪数 七百八十一坪
 
 氏子戸数 六十百戸
nice!(0)  コメント(0) 

村社 元野神社 [日本の歴史]

東伯郡大誠村大字原字東屋敷 鎮座

祭神 素戔嗚尊

由緒 創立年代不詳、往古より荒神社と称す
   当地中世以降当大字の中央なる平野山
   が其の頂上平坦にして且高燥なるによ
   り別に此の地に素神を祭りしが地の利
   を得たるにより終に平野社を部落の氏
   神として崇敬するに至りたるも、此の
   地は元より由緒ある旧跡なるを以て、
   里人は元宮荒神と称し今に尊崇絶ゆる
   ことなし、然るに明治十二年神社明細
   帳提出の際神社登録出願脱漏を遺憾と
   し、大正十一年六月二十日附を以て神
   社明細帳に編入方出願し同十一年十一
   月許可せられる、大正十三年十一月村
   社に列す、昭和三年三月二十八日神饌
   幣帛料供進神社に指定せらる。

例祭日  四月九日

建造物  本殿、幣殿、拝殿、社務所

境内坪数 五百六十七坪

氏子戸数 百十一戸
nice!(0)  コメント(0) 

村社 豊栄神社 [日本の歴史]

東伯郡成美村大字勝田字五輪田鎮座

 祭神 句句廼馳尊、事代主尊、品陀和気尊、
    倉稲魂尊、素戔嗚尊

 由緒 昭和二年五月成美村大字西宮字宮山
    鎮座村社西山神社(句句廼馳尊)
     <創立年月不詳古来大森大明神と称す
      以西郷六ヶ村の総氏神なりしと云ふ> 
      同村大字同字土居之上鎮座無格社
      上田神社(祭神素戔嗚尊) 
      <創立年月不詳、古来荒神社と称し、
      西山神社の摂社なりしと云ふ>
      同村大字出上字梨子垣鎮座無各社東
      井手上神社 祭神倉稲魂尊 (創立年
      月不詳、古来稲荷大明神と称し、西
      山神社の摂社たりしといふ)同村大字
      勝田字五輪田鎮座無各社大石神社(祭
      神事代主尊) <古来王子権現社と称
      し、西山神社の摂社なりしといふ>
      同村大字同字海中鎮座無各社水口神社
       祭神品陀和気尊 (創立年月不詳、
      古来荒神社と称し西山神社の摂社なり
      しといふ)を合併し豊栄神社と改称、
      昭和三年十ニ月十五日神饌幣帛料供進
      神社に指定せらる。、

 例祭日  十月五十日

 建造物 本殿、幣殿、拝殿、参籠所

 境内坪数 百十五坪

 氏子戸数 八十四戸
nice!(1)  コメント(0) 

村社 高岡神社 [日本の歴史]

東伯郡上中山村大字退休寺字宮ノ東鎮座

祭神 倉稲魂神

由緒  往古より氏神山王宮は体休寺の鎮守にして
    明治元年神社改正の際退休寺との協調出来
    ざりし為に遂に廃止せられしを、翌二年八
    月更に高岡神社の創立を仰付けられ村社に
    列し氏神とせらる。

例祭日  十月十八日

建造物  本殿、幣殿、拝殿、参籠殿

境内坪数 二百八十六坪

氏子戸数 三十五戸
nice!(1)  コメント(1) 

村社 福積神社 [日本の歴史]

東伯郡高城村大字福積字宮山 鎮座

 祭神   事代主神

 由緒   創立年月詳らかならず、


この資料は、5月8日に掲載しましたが、その時と同様に、
ここまでしか、表示されていません。

資料の量が、多いときは、表示されないことが多かったですが、
 このように、少なくても、表示されません。

 もう少し、頑張ってみようと思いますが、処置なしのように思われます。

私のコメントを入れた部分は、追加で表示されましたので、これも、表示
されるのではないかとの、テストです。
nice!(1)  コメント(0) 

村社 灘手神社 [日本の歴史]

東伯郡灘手村大字穴沢字中下谷鎮座

 祭神 大日?神、高御産巣日神、素戔嗚神
    大己貴神、天稚比古神

 由緒 創立年代不詳

 この項目、以前に掲載して、ここまでしか
 表示できませんでした。

 やはり、上手くいきません。

 三行だけ、追加できました。
nice!(1)  コメント(0) 

大江神社 [日本の歴史]

東伯郡倉吉町大字仲之町字打吹山 鎮座

祭神 大江磐代君

由緒 当社の御祭神は倉吉町の御誕生にして光挌天皇
   の御生母たり、御霊代は閑宮院載仁親王殿下の
   御奉納なり、明治十三年十二月九日郷社賀茂神
   社に合祀せられしを、明治四十五年五月十四日
   神社創設を許可せられ、現社地を撰びて社殿を
   造営、大正二年四月十四日奉還す。

 例祭日   四月十四日
  建造物   本殿、幣殿、拝殿
  境内坪数  三百十三坪
  崇敬者戸数 二千五百七十五戸
nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -