So-net無料ブログ作成

侵略国家日本 [政治経済]

最近は、本を買わなくなってしまいましたが、ある人が、図書券は、9月から使えなくなるといわれまた。残5000円ほどあり、勿体無いので、無理やりに本を2冊買いました。

一冊は、投資の本です。「投資戦略の発想法」木村剛著
読後の結論。家計簿をつけよ。本業に120%費やせ、経済の勉強をせよ。お金のない者は投資をするな。
こんなところでしょうか? その通りとおもいました。

もう一冊
「戦後60年の大うそ」 前野徹著
この人は、ハラワタ煮えくり返るとは、こんな人を言うのだろうと思えるほど、全力投球で文章を書いておられます。今のままでは、日本が駄目になるという所でしょう。

書いてあることは私の知らないことばかりです。
どれほど、戦後の首相は、世界に誤り続けてきたか。東京裁判は間違っていた。******。
まだ、半分しか読んでいませんが、驚くことばかりです。

私が一番興味をもったのは、東京裁判で、日本を叩きのめしたマッカーサーが、その後、日本に君臨し、日本の隅々まで、調べましたが、日本は貧乏国であることを知りました。日本から絹を取ったらなにも残らなかったということです。ということをアメリカの公の席で話しているそうです。東京裁判でたたき、憲法をつくり、日本を骨抜きにしましたが、そんなことするほどの国ではなかったということです。
私は紀元前200年から、日本は絹を世界に輸出していたと書いていますが、そんな歴史は誰も見向きはしません。2000年来培ってきた絹の技術は、江戸幕府が崩壊してから、一気にまた、花開き絹は世界中に流れていきました。その見返りにお金が入ってきたことになります。どれぐらい入ってきたのか、統計がありませんが、これが無かったら、明治政府も成り立たなかったでしょうし、その後、戦争をする資金も無かったでしょう。

驚くことに、日本は第二次世界大戦にほぼ、負けることが判っていて、戦争に突入していったことが書かれています。本当なのでしょうか? 予想通り、負けたのですが、なぜ 負けるのを承知で戦争をはじめたのか? 侵略どころでなかったことが書かれています。日本人全員がもう一度、勉強する必要があると思いました。

たまに本を買うのも悪くありません。
図書券店員に確かめましたが、通用するそうです。

もう一度、始めにかきましたある人に確かめましたら、10月まで有効と訂正しました。
本当でしょうか? 高速券のように現金払い戻しではなく、無効だといいました。
ありえない話しですが・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0