So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古事放談  4-9 日留山人 [日本の歴史]

古墳時代の前期、中期、後期といわれてもはたして何天皇の御世だか分らない。考古学と歴史学の接点が見付からない位おかしな話はないが古墳の年代が絶対年でない限り、アベコベに接点があったらおかしいのである。
 古墳から出土した漢の銅鏡と古墳の年代が200年も違うこと位不思議なことがあるだろうか。
 弥生時代の遺跡で同じ様な土師器が出れば、なぜ同時期であり、古墳で中国と日本で同年代の銅鏡が出ても同時期といってはいけないのである。
 古墳から出た刀は北鮮と同じでも、北鮮派長期に中国の植民地だった異常中国の武器と呼ぶべきではないか。
 将軍は中国人で兵は北鮮人で、帯方郡が独立して高句麗となった以後も河内で行われていたのである。
 魏志倭人伝で魏と使訳通じる所30余国と書かれたのは、全国に分布した例えば三角縁神獣鏡が出土した所が候補地と考えたいのである。


古事放談  4-9   103頁より引用


私からの一言
 「 魏志倭人伝で魏と使訳通じる所30余国と書かれたのは、全国に分布した例えば三角縁神獣鏡が出土した所が候補地と考えたいのである」

 どうして、全国に分布するのでしょう。 これは、銅鏡です。日本書紀でも作られた様ですが、原料の銅は、どのような銅でも、良かったのでしょうか。

銅の質まで、研究したのはなかった様におもいますが・・・・。?

参考資料
三角縁神獣鏡
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E7%B8%81%E7%A5%9E%E7%8D%A3%E9%8F%A1

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。