So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

古事放談  5-6 日留山人 銅鏡 [日本の歴史]

崇神天皇は銅鏡を沢山持っていたタケハニヤスを征伐した。丹波を征伐したがここにも銅鏡が出土した。
 孝霊天皇が征伐した吉備にも銅鏡があった。景行天皇が征伐した九州周防、長門からも銅鏡が出土した。
 魏志倭人伝で当時2300万の人は雲南系だと、中国人までが証言している。しかるに学者は天皇を銅鏡愛好者だとおっしゃっている。この謎を学者は先づ解いていただきたいのである。
 異民族とは融和、混血は当然だとしか思えない発言を繰返えされているのだ。
 雲南系日本人は河内国と同じ地名の河内(ハノイ)を流れる紅河を通じて日本に渡来したと考えれば古代史の謎は全て解けるのである。
 「河を忘れた古代史」とは、日本国内で古代に重要な道の役目をした多くの河川と紅河を考えて欲しいためにつけたタイトルである。
 海を自由に航海した古代には河川は海の延長に過ぎなかったのである。


古事放談  5-6  109頁より引用


私よりの一言
  「河を忘れた古代史」とは、日本国内で古代に重要な道之役目をした多くの河川と紅河を考えて欲しいためにつけたタイトルである。
と書いてある通り、読んで頂いている本のタイトルが、「河を忘れた古代史」でした。


倭国ゼロ世紀第12話 「河を忘れた古代史」です。

日留山氏が書かれた著書 24冊の内、12冊目の本でした。
http://mino-sigaku.la.coocan.jp/page600.html

残すは、2頁になりました。

日留山氏は、田村誠一というお名前でも、書いて居られます。

どの著書も、
「不許複製」と記されています。 
それなのに、勝手に複製し、ネットで公表してきました。
 終了しましたら、ネットに公表したものは、消去しようかと迷っています。

「私からの一言」を消去して、コピーして頂きますと、「第12話 河を忘れた古代史」が完成します。

ただ、著書の一頁をコンピューターに入力するのに、当初は、2時間もかかっていました。一日、三回投稿するようになりましたら、5時間ぐらいに時間は、減りましたが、毎日、指が痛くなって、二本の指に鎮痛のテープを巻いて、頑張って来ました。

 今から思えば、私のコメントは無しで、掲載すれば良かったなとも思っています。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。