So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

日本のあけぼの(4) [日本の歴史]

日本のあけぼの(4)
******************************
中山王国からの人達にイザナギの命が含まれていた。中山王国は北京の南で300年間狭い、一県位の所で独自の高度の文化を持った、狩猟と焼畑の少数民族白狄人の国だった。
 中国の中から追出されても、イスラエルを追われたユダヤ人と同じで、白狄人には、行く所があったろうか。
 この人達も少数民族で決死的に脱出して日本海沿岸はもちろん、津軽海峡を越えて、太平洋岸を房総半島まで南下した。
 この人達は日本で狩猟と焼畑の適地を選んで住んだ。北方系民族だから日本でも、東北が多くなったのは当然である。
 隠岐が狭くなるとヒルゼンに進出した。ここが高天原である。ここにやって来たのが、高麗のスサノオの命である。しかし乱棒だったために、天ツ神の座から追われた。
 シルクロードのかなたから月氏族の月読命がやって来た。この神は丹波の夜久野の国をあてがわれた。福知山周辺の広大な原野で天山山脈の南と同じ地形であった。古代の人は日本の地形を驚くばかりよく知っていた。

一言---いかがですか。煙にまかれたように思われたでしょう。全部、始めて知られたことばかりだと思います。全部、自信に満ちた文章です。
例えば、「福知山周辺の広大な原野で天山山脈の南と同じ地形であった。古代の人は日本の地形を驚くばかりよく知っていた」の記事は本当でしょうか?
これを確認することは容易でありません。福知山は簡単です。田村氏の所為で、私は5回行く羽目になりました。まだ、完全ではありませんが、地図なしで走ることができます。
天山山脈の南は、行くことが出来るのでしょうか?  行かなくても、地図があれば解ります。10年前ですと、中国から地図を持ち出すことはできませんでした。中国へ行った人に勝手来るように頼みました。もし、カバンをチェックされて地図が見つかりますと、2,3日の取り調べを受けたと思います。現在は日本で買うことができますが、地形図は較べようがありません。田村氏は天山山脈も行かれたのだと思います。
〔隠岐が狭くなるとヒルゼンに進出した。ここが高天原である。ここにやって来たのが、高麗のスサノオの命である。しかし乱棒だったために、天ツ神の座から追われた〕二なりますと、もっと、大変です。
 〔隠岐が狭くなるとヒルゼンに進出した〕を証明するためには、隠岐とヒルゼンに共通点を見つけるしかありません。隠岐とヒルゼンに行きませんとお話になりません。
〔ここにやって来たのが、高麗のスサノオの命である〕これは、古事記に書いてあるのですが、古事記を100回ほど読みますと、分かるかも知れません。
〔しかし乱棒だったために、天ツ神の座から追われた〕 これは、古事記を一回読んだだけで分かります。
〔中山王国は北京の南で300年間狭い、一県位の所で独自の高度の文化を持った、狩猟と焼畑の少数民族白狄人の国だった〕は、調べてもきっとわからないと思います。



遅くなりました。 やっと、二つあったコンピューターのうち、一つが使えるようになりました。
しかし、準備してあった原稿をコピー するだけで、40分もかかってしまいました。しかも、原稿をコンピューターにコピーする方法も忘れています。


という次第で、思い出すのに、時間がかかりそうです。 














nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。