So-net無料ブログ作成

村社 小田神社 [日本の歴史]

東伯郡上北條村大字小田字宮ノ谷鎮座

 祭神 大山祇、宇迦之御魂命

 由緒 創立年代詳ならず、往時近江国
    滋賀郡上阪本木村鎮座日吉神社
    の分霊を勧請し、山王権現と称
    して奉仕し、一般民衆は更なり
    武将の崇敬殊に篤く、打吹山の
    城主山名時氏透谷を領するに及
    びて屡幣帛を奉り、又上灘郷中
    より神田を寄進し崇敬怠ること
    なかりき、後吉川元春当地を領
    するに及びても崇敬尚ほ厚く、
    暫幣帛を奉りき、明治五年小田
    神社と改称せられ、大正十二年
    十月十七日新鮮幣帛料供進神社
    に指定せらる。

 例祭日 十月十九日

 建造物 本殿、幣殿、拝殿、神楽殿
  
 境内坪数 四百五十四坪

 氏子戸数 五十一戸
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。