So-net無料ブログ作成

村社 佐間神社 [日本の歴史]

西伯郡大山村大字坊領字下宮長鎮座

 祭神 天津彦火瓊々杵尊、誉田別尊
    市杵嶋姫命、瑞津姫命、田心姫命
    倉稲魂命、伊弉諾尊、五十猛命
    素戔嗚尊

 由緒 創立年代不詳、往古より佐間大明神と称し
    本村内字岡ノ谷に鎮座せられしを、其の後
    現今の地に移転す、明治維新の際佐間神社
    と改称せられ村社に列す、此の時村内鎮座
    の八幡宮、厳島大明神、稲荷大明神を合祀
    せらる、大正二年十一月二十三日大山村大
    字前字宇多川神社(祭神伊弉諾尊)同村大字
    同字川床鎮座無格社山口神社(祭神五十猛
    命)同村大字同字川床鎮座無格社山口神社
    (祭神五十猛命)同村大字今在家字清水坂鎮
    座無格社今在家神社(祭神素戔嗚尊、市杵
    島姫命、?津姫命、田心姫命) 同村大字
    佐摩字池田鎮座無格社佐摩神社(祭神素戔
    嗚尊)を合併す、大正六年十一月二十三日
    新鮮幣帛料供進神社に指定せらる。

例祭日 十月十五日

建造物 本殿、拝殿、神楽殿

境内坪数 千六十六坪

氏子戸数 百九十戸
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。