So-net無料ブログ作成

村社 日間神社 [日本の歴史]

西伯郡大山村大字豊房字前田鎮座

 祭神 大日霎命、月読命、伊邪那岐神、
    高垣神、御妻神、大穴貴神、
    少彦名神

 由緒 創立年月詳ならざれども、木椀元祖惟
    高親王の末葉轆轤師山本右近藤原家富
    なる者、此の地に移住して開業の始に
    祭りし神なりと云伝ふ、故に其地を右
    近垣と云ふ、又世俗伝へて神主塚と云
    へり、古来日光月光兩大明神と称へ崇
    敬せしを、明治元年神社改正の際日間
    神社と改称せらる、大正二年一月三十
    日大山村大字豊房字八斗内鎮座無各社
    蔵岡神社(祭神伊邪那岐命高垣神)同村
    大字同字松本鎮座無格社畑神社(祭神御
    妻神)同村大字同字大森神社(祭神大穴
    貴神少彦名神)を合併す、大正六年十月
    十七日神饌幣帛料供進神社に指定せらる。

 例祭日 十月二十日

 建造物 本殿、拝殿、神楽殿

 境内坪数 二百三十一坪

 氏子戸数 百戸
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。