So-net無料ブログ作成

村社 鈑戸神社 たたらど [日本の歴史]

西伯郡大山村大字鈑戸字槇平鎮座

 祭神 大国主神、伊弉諾神、伊邪那美
    須佐之男命、倉稲魂命

 由緒 創立年月不詳、古来三社大明命
    と號す伊弉諾、伊弉冉の二柱は白山神社
    の分霊にして、大国主神は三輪神社の分體
    なりと伝ふ、蓋し往昔該村開けしときに當
    り人民始めて勧請奉祀せしものなり、明治
    元年鈑戸神社年代不詳、改称村社に列せら
    る、合祀倉稲魂命は村内上ノ山にありしを
    明治元年十月合祀せらる、大正六年十一月
    二十三日大山村大字鈑戸字荒神平鎮座無格
    社種原神社(祭神須佐之男命)を合併す、大
    正六年十一月二十三日新鮮幣帛料供進神社
    に指定せらる。
    
 例祭日 十月十九日

 建造物 本殿、幣殿、拝殿

 境内坪数 二百八坪

 氏子戸数 八十六戸

http://houki.yonago-kodaisi.com/F-Jinja-houkiW-C-daisentyou.html


難儀した投稿記事
 ① 鈑戸神社の「鈑」という漢字が、どうしても、私のコンピューターで
   入力できませんでした。
 ⓶解決は、どこから見つけたか忘れましたが、「西伯郡」に存在する神社
  を探しましたら、見つかりました。そして、そこにあった「鈑」をコピー
  し、画像として、保存しました。
 ③ 「鈑」という漢字は、「バン」と読めそうですが、「バン」で検索しても、
   コンピューターでは、表示できませんでした。

 ⓸ 「鈑」は、「板」の木の部分が、金です。「板」は「イタ」と読みますから、
   「鈑」は、金属を薄くしたものですから、
    「バン」で検索しましたが、見つかりませんでした。
 ⑤ おかしいことに、一般には、使われないそうです。金属の加工の仕事に携わる
   人の間では、使われることが解りました。
 ⑥ タイトルに書きましたが、「鈑戸神社 」は、「たたらど」と読むことが解りま
   した。

  以上のことが解るようになったのは、一日中、コンピュータと戦って、二日かか
  りました。

 この漢字が、使われなくなった理由は、解りませんが、深い「訳」があるのでしょう。

この後は、文章が、カットされました。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。