So-net無料ブログ作成

鹽津神社 [日本の歴史]

西伯郡逢坂村大字?津字宮ノ前鎮座

 祭紳 天照大神、素戔嗚尊、倉稲魂命

 由緒 創立年代不詳、往古は該村の産神
    にして村社と崇敬奉祀す、故に中
    古迄逢坂別社妙劔大明神と号す、
    往昔毛利元就崇敬ありて社殿再建
    の挙あり(天正十九年遷宮の記に見
    ゆ)然れども其前後の事不詳、慶応
    四年九月?津神社と改められ逢坂
    八幡神社の摂社となる、号祭倉稲
    魂命は本村内字古宮に祠字ありて
    稲荷大明神と称せしを、慶応年中
    本社に合祀せらる。

 例祭日  十月九日
 
 建造物  本殿、拝殿、神楽殿、随神門

 境内坪数 九百六十三坪

 崇敬者戸数 六十五戸
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。