So-net無料ブログ作成

郷社 粟島神社 [日本の歴史]

西伯郡彦名村大字彦名字淡島山鎮座

 祭神 少彦名命、大己貴命、高皇産麗神、神皇産麗神
    稲背脛命、管原道真公、宇牟伎比賈命

 由緒 創立年代不詳、当社境内ノ地形に就て見るも
    頗る古代の風致なり、社地は円形岩石の弧峯
    にして頂きニ鎮座し、古木森々として社殿を
    擁セリ、社前は石階高く社後には一株の神樹
    あり、其の周一丈五尺餘、之を往古リ御崎松
    ト称す、山脚に静の岩谷と唱ふる一洞あり、
    口幅五尺許深さ幾千尺ト謂ふを知らず、土人
    の口碑に上古の岩垣岩柱にて神の居址なりと、
    又社境に隣接せる瀬灘は今を去る事凡そ七百
    年前餘戸瀬と称へし地にて聚落の地なりしが、
    当時激浪の為めに蕩没したりと云ふ付近の田
    圃より巨大の石室及び腐蝕したる刀剣、土器
    人骨を発掘することあり当社は永正年中尼子
    経久の為めに兵燹に罹り、大永四年又経久よ
    り再建、其の後元禄二年火を失し蕩燼、元禄
    三年社殿を建立す(棟札存す)当社は延喜式等
    に見るべきなしと雖も古事記、釋日本己に淵
    源を明記せり、其の他の古記は悉く焼失、文
    献の徵すべきものなし、明治元年境内末社を
    合祀す、同四十年二月三日新鮮幣帛料供進神
    社に指定せらる、大正二年十月十二日彦名村
    字後藤鎮座無格社北野神社(祭神菅原道真公)
    同村字下栗島鎮座無格社餘戸神社(祭神字牟
    伎比売命)を合併す、大正十一年十二月二十
    一日災火により社殿焼失、其後復興新築を完
    了す。

 例祭日  四月十二日

 建造物  本殿、幣殿、拝殿、透塀、随神門
      神楽殿、参籠所

 境内坪数 八千九百六十四坪

 氏子戸数 四百二十三戸
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。