So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

記紀(20)  - 日留山氏 - [日本の歴史]

古事記は天皇の都合のよい様に、ゆがめられて書かれたと云われている。
 はたして崇神天皇の御世までの、出来事に具体的な事実があるだろうか。
 崇神天皇の御世に、中国は全国各地を占領した。この中国人が帰化を許されて、しかも権力を持った。他方天皇は現在に至るまで、無力である。
 記紀と一言で云われることに、不信の念をわたしは持つ根拠である。天皇には、近衞兵がなかったのである。
 反対に近衞兵を持たなかったから、皇統は連綿と継いたと考えてよい様だ。
 ここで古事記のイザナギの命の記述に、もどりたい。
 イザナミの命を黄泉国に尋ねた時に、黄泉国軍が1500人で、イザナギの命を襲った。
 これが話の本すじである。尾ヒレがなぜつけられたか、これもカムフラージのためと、考えて見ることだ。
 このときにはイザナギの命が勝った。勝ったレポートには、尾ヒレがつき易いものだ。


第13話 建国の日は正しかった  106ページ より 引用


参考資料
黄泉の国
http://www.shoai.ne.jp/sanin/wagamachi/yominokuni.htm

nice!(0)  コメント(0) 

記紀(19)  - 日留山氏 - [日本の歴史]

古事記には原本はなかったと考えられる、根拠をわたしなりに述べておいた。
 ここで古事記の序文を、よく読んで見ることだ、
 諸家のもっている、帝紀と本辞は、事実と違っていると書かれている。これを一般学者は、アベコベに、古事記は天皇に都合よい様に書き改めたと強調して来た。
 序文にはハッキリ虚偽を帝紀と本辞が書いていると指摘している。
 ヒエダアレに帝皇日継と先代旧辞を見せたと書かれている。しかしこれは、地名が漢字で書かれてなかったことは、明らかになった。
 やはり音標漢字、すなはち沢山の、和歌と同じ様な書き方をしてあったと考えられる。
 念のため、古事記と日本書紀に書かれた、同じ和歌の音標漢字を較べて見た。しかるに
同じ和歌でありながら、漢字は全く別だ。
 日本書紀が書かれた時より、700年以上昔の和歌である。書き物を見て日本書紀を、書いたのであれば、こんな間違いは起る筈がなかった。


第13話 建国の日は正しかった  105ページ より 引用


私からの一言
このページは面白い指摘だと思いますが、自分で、確認はようしませんでした。
という次第で、ここに書いてあることが、正しいとか、間違っているとかは言えません。


nice!(0)  コメント(0)