So-net無料ブログ作成

村社 日御崎神社 [日本の歴史]

東伯郡下中山村大字御崎字屋敷下通鎮座

 祭神 天照大日?貴尊、素戔嗚尊、
    五男三女神、大山祇命
 由緒 天長年間島根縣國幣小社日
    御崎神社の御分霊を鎮祭し
    瀧上神社と称し、当時出雲国
    日御崎神社宮司小野尊光の祖先
    小野政重此地に移住し宮司とな
    り、政昭、昭高(後高光と改む)
    三代相継ぎて奉祀せしが、後昭
    高別に祭主を置きて帰国せしが、
    当時の領主厚く崇敬して?津の
    庄を社領に附し境内に於て殺生
    を禁じ国家泰平五穀成就の祈願
    所とし、

   このページは、数日前に、掲載しましたら、同じ所以下は、
   削除されました。以前は、このような時は、上記のように、
   半分の長さに書き換えますと、表記されましたが、今回は、
   表記されません。
 
   上手く掲載できないときは、ここまでとして、このまま、
   保存したく思います・

[記事の続き]
  旧幕府時代に至りて紋付幕及び灯燈を奉納せられ、
  主又社殿修理費を献納して上下の崇敬甚だ厚かり
  き、明治五年村社に列せられ、同四十年十二月十
  九日神饌幣帛料供進神社に指定せらる、大正元年
  十月下中山村大字田中字浜ノ上鎮座無格社剣野神社
  (祭神大山祇命)を合併す。
当社建立の際は出雲日御崎神社の古材を以て建立
  せられ、出雲の日御崎神社造営の節は必ず当社も修
  繕せらるゝを例とせり、現今の玉殿は日御崎の社よ
  り寄進せられしものとなりと云へり、当社の北方境
  内に接する地に検?屋敷と称する所あり、之れ天長
  年間より延長六年迄殆ど百年間小野家の祖三代居住
  せられし地なりと云ふ。

  例祭日 八月七日

  建造物  本殿、幣殿、拝殿、神饌所、神楽殿
       社務所、参籠所、随神門

  境内坪数 六百二十四坪

  氏子戸数 九十戸  

nice!(1)  コメント(0) 

大熊神社 [日本の歴史]

東伯郡以西村大字高岡字熊ノ原鎮座

祭神 素戔嗚尊

由緒 此大熊村は往昔山川村熊野権現
   の氏子たりしが、其の中間に矢筈川
   野荒流ある為常々の社参に支障屡々
   なることありとて、字熊ノ原に霊岩
   を設け傍に椋の樹を植えて磐境神籬
   と為して崇拝し来りしが、寛正の頃
   とか天変打続き加ふるに疫病の悩み
   あり村民痛く憂ひ彼の霊岩の側に石
   の小祠を造り三宝荒神と崇め祭産土
   神と為したるなり、明治初年大熊神
   社と改称せらる、明治七年社殿新築
   大正十年維持方確率し、拝殿、幣殿
   共新設せり、彼の椋の樹は今や五六
   百年を経たりと云ふ日通の周囲三十
   余尺に及び霊木として社頭に聳ゆ。

例祭日 十一月十九日

建造物  本殿、幣殿、拝殿、参籠所

境内坪数 百三十八坪

崇敬者戸数 三十戸
nice!(0)  コメント(0) 

村社 中里神社 [日本の歴史]

東伯郡下中山村大字田中字荒神ノ上鎮座

 祭神 事代主命、素戔嗚命

 由緒 創立年月不詳、古来王子権現と称す、
    明治元年中里神社と称し村社に列す、
    大正七年十月三十一日神饌幣帛料供
    進神社に指定せらる本村大字栄田字
    屋敷鎮座無格社田中神社(祭神素戔嗚
    命)を合併す

 例祭日 十月九日

 建造物  本殿、幣殿、拝殿、社務所、参籠所

 境内坪数 六百四十三坪
 
 氏子戸数 百二十戸
nice!(0)  コメント(0) 

村社 御崎神社 [日本の歴史]

東伯郡安田村大字八幡字八幡ノ後

 祭神 事代主命

 由緒 創立年月不詳、往古出雲国美保神社より
    勧請と云へり。

 例祭日  十一月二十九日

 建造物  本殿、拝殿、参籠所

 境内坪数 三百三十七坪

 崇敬者戸数 百戸
nice!(1)  コメント(0) 

木地神社 [日本の歴史]

東伯郡以西村大字大父字木地林 鎮座

 祭神 大山祇命

 由緒 創立年代不詳、明治維新の際本村
    々社大神社に合併せしを明治十二
    年十一月許可を得て復旧す。

  例祭日 十一月九日

  建造物 本殿、神楽殿

  境内坪数 二十七坪

  崇敬者戸数 十三戸
nice!(0)  コメント(0) 

村社 葦原神社 [日本の歴史]

村社 葦原神社
東伯郡安田邑大字湯坂字肝煎田鎮座

 祭神 事解男命、伊弉諾尊、速玉男命
    日本武命、大山祇命、誉田別尊
    気長足姫命、足仲彦尊、倉稲魂神
    素戔嗚尊、事代主命

 由緒 白鳳四年五穀不順人民難渋に及び、
    此の時天武天皇の御宣命によって
    一国一社づつ勧請、国内安堵五穀
    豊穣の地祭を行ひし時の其の一社
    にして、紀州熊野より勧請せるも
    のものなりと云ひ伝ふ、古来新宮
    大明神と称せしを、明治元年?津
    神社と改号せられ同四年村社に列
    す、明治四十年四月二十七日神饌
    幣帛料供進神社に指定せらる、大
    正五年九月十三日安田大字尾張字
    家ノ上鎮座村社中田神社(祭神日本
    武尊)同村大字光字宮ノ前鎮座村社
    小田神社(祭神大山祇命) 同村大字
    八幡字八幡ノ後鎮座村社八幡宮(祭
    神誉田別尊、気長足姫尊、足仲彦
    尊) 同村大字湯坂字宮代田鎮座無
    挌社湯坂神社(祭神倉稲魂神) 同村
    大字梅田字本谷西峰鎮座無格社梅田
    神社(祭神素戔嗚尊) 同村大字八幡
    字宮ノ下鎮座無格社前原神社(祭神
    事代主命)同村大字同字西屋敷鎮座
    無格社下市神社(祭神素戔嗚命) の
    七神社を合併し葦原神社と改称す。
     
 例祭日  十月十日
 建造物  本殿、幣殿、拝殿、参籠殿、随
      神門、社務所、宝庫
 境内坪数 四百三十坪
 崇敬戸数 二百九十五戸


原稿は、これで終わりですが、投稿終了しましたら、
「投稿時、処理が出来なくて、崩壊しましたから、
 処理方法を次の所へ、送ってください」とありま
 したが、境内坪数原稿の由緒の部分を倍近い文章に、
 書きなおし、再度、投稿しようと、もう一度、見直し
 ますと、投稿は、完了していました。
 という次第で、このまま、放置しておきます。

nice!(0)  コメント(0) 

村社 大父神社 [日本の歴史]

東伯郡以西村大字大父字宮ノ谷鎮座

 祭神 宇迦之御魂命

 由緒 勧請年代不明、棟札によれば
    寛永七年四月?日奉建立と記せ
    るもの有り、昔は毎年二月初の
    卯の日に記念祭を行ふ、近世二
    月九日を定例となす、又田植祭
    とて毎年五月五日に神事を奉仕
    明治維新前迄は産土神稲荷大明
    神と称たりしが明治元年十一月
    大父神社と改称し村社に列せら
    る、昭和三年三月二十八日神饌
    幣帛料供進神社に指定せらる。

 例祭日 十月二十日
 
 建造物 本殿、参籠所

 境内坪数 三百二十一坪

 氏子戸数 六十戸
nice!(1)  コメント(0) 

船上神社 [日本の歴史]

東伯郡以西村大字山川字船上山鎮座

祭神 伊弉冉那美命、速玉男命、事解男命
由緒 創立年月詳ならず、元明帝の時赤衣
   師寺を建て智照権現の祠を建つ以後
   両部の霊場となれり、降て元弘三年
   二月名和長年後醍醐帝を船上山に奉
   ずるや、賊将佐々木清高兵三千を率
   いて来り襲ひ既に行在所に薄らんと
   す、此時帝親ら神社に戦勝を祈らせ
   給ひしに神感空しからず、忽ち雷電
   風雨起こり晦瞑?尺を辯ぜず、官軍
   此機に乗じ大に賊軍を破り?襟を安
   じ奉りしは、名和氏の誠忠に因ると
   雖も、俄かに雲を起こし雨を降らす
   が如きは実に神の冥祐に外ならざる
   を以て帝複祚の後社殿を壮麗にし邑
   地をも賜はりしに、後又土匪此山に
   ?り壮麗なる社殿は兵?に罹り、大
   に荒廃せるを以て国主池田氏より社
   殿を造営し、邑地四石七斗八升七合
   を寄付せられたり、明治十一年四月
   神仏の両部を廃し神社に復古せらる、
   当社の西南に奥宮と称ふる小祠あり、
   後醍醐天皇と大山祇命を祀ると云へ
   り、此の付近一帯往古の智積寺の寺
   跡にして十数の寺坊址を存す、船上
   山は後醍醐天皇八十余日の行在所た
   りし地、名和氏の功績を敬仰すべき
   所、而かも建武中興の大業も実に此
   の船上山より発祥せりと云ふを得べ
   く、本縣としては最も誇るべき史跡
   地なり、昭和七年五月三日史跡地と
   して指定せらる。


  例祭日   三月二十三日、六月二十三日

  建造物   本殿、拝殿

  境内坪数  六千五百坪

  崇敬者戸数 三百戸

お詫び
 今回は、本文の一行の次数を 少なくしましたら、 一回で、投稿が済みました。読みにくいですが、これで、一回で、投稿が済みました。

もう、投稿は無理かなと思っていましたが、続けることが出来ることが解りました。

この資料は、出来れば、多くの方に、保存して、利用してほしいと思っていますので、コピーして、ご自分のコンピューターに保存するときには、一行の字数を増やして、保存して頂ければと思います。 

nice!(1)  コメント(0) 

村社 柴尾神社 [日本の歴史]

東伯郡以西村大字山川字柴尾 鎮座

 祭神 伊弉諾命、伊弉冉命、速玉男命、
    事解男命、倉稲魂神、素戔嗚命

 由緒 創立年代不詳、往古より小社あ
    りしが、白鳳年度宮代山の頂に
    社殿建立、御祖二柱神を鎮祭し
    熊野宮又は熊野権現と称へ来れ
    り、神徳霊妙にして衆庶の信仰
    厚く武将の改築造営も屡々行は
    れしと云ふ、元弘の世主上船上
    山に行在の際御親ら御玉一個及
    御製色紙一葉奉納あり、又屡々
    金輪法を修し給ひ戦勝を祈願あ
    りしとぞ、永禄の兵禍に罹り社
    殿炎上宝物など焼失す、其後宮
    代山の山腹に社殿を建立す、


以下の記事が、登録できません。

又、時間を経過したのちに、試みてみます。

続き
いろいろ試しましたが、上手くいきません。
しかし、 次の行は、表示されました。

  旧藩主松平相模守及池田亀五郎
     侯御誕生の折禁制札建設あり、
     明治維新の際柴尾神社と改称、
     村社に列す、大正七年秋風水害
     の為山地崩壊社殿破損、同八年
     社地拡張社殿を改築す、大正十
     一年一月八日神饌幣帛料供進神
     社に指定せらる。

     例祭日 十月二十九日

     建造物 本殿、幣殿、拝殿、参籠所

     境内坪数 五百二十四坪

     氏子戸数 五十戸 

   これで、全てです



    
nice!(0)  コメント(0) 

村社 松河原神社 [日本の歴史]

東伯郡南谷村大字松河原字小倉山鎮座

 祭神 品陀和気神、管原神
 
 由緒  創立年代不詳、古老の口碑に古昔
     三浦左衛門督景元なる者、当村地内字要害山
     に立籠り居りしが、此三浦景元当社を建立せし
     と言伝ふ、往古は八幡宮天満宮の二社別々に
     して、八幡宮は字宮谷なる宮山谷なる宮山の
     東端高所に在りて天満宮は是所より西に距こ
     と五町、字梅ノ木谷といふ所に在りしを、天文
     元年春、野火延焼して社殿を始め古来の神器棟
     札等藎く灰燼となる、一説に両社共炎上せりと
     もいふ因て仮殿を営み之に移し奉ること百四十
     六年にして、延宝五年公儀より米五石人足百五
     十人御寄付あり、村民之れに力を得て新に社伝
     を字宮谷なる八幡宮の社地に建立し両神を相殿
     に祀りて今に及びしが、大正八年十月字小倉山
     に移転す、大正十二年二月十一日神饌幣帛料供
     進神社に指定せらる。
 境内神社 須美天王神社 祭神 須佐之男神
      稲荷神社  祭神 倉稲魂神
 例祭日  十月十七日
 建造物  本殿、幣殿、拝殿、参籠所兼社務所
 境内坪数 七百五坪二合
 氏子戸数 百十三戸
nice!(0)  コメント(0)