So-net無料ブログ作成

村社 瀬戸神社 [日本の歴史]

東伯郡大誠村大字瀬戸字宮ノ前カノジ山鎮座
 
祭神 國狭槌尊、國常立尊、豊?淳尊

由緒  本社に係る書類等悉く大永年間の兵?に
    かかりしを以て今?に其の徴證するに足
    るものなしと雖も、蓋旧社の一にして元
    該村字飯ノ山と称する所に鎮座ありし由、
    然るに中古要害山の城主秋近氏該城鎮護
    の為めに今の湊山に移し奉りしと云ふ、
    昭和二年一月二十一日神饌幣帛料供進神
    社に指定せらる、大正三年十二月六日大
    誠村大字西穂波字大門鎮座無格社西穂波
    神社(祭神素戔嗚尊)を合併す、同五年五月
    十四日大誠村大字穂波字塚林西鎮座村社
    穂波神社(祭神天児屋根命)を合併す。

 例祭日 四月九日
 
 建造物 本殿、拝殿、神門、神輿庫、参籠所

 境内坪数 九百三十五坪、

 氏子戸数 百三十戸
nice!(1)  コメント(0) 

村社 山守神社 [日本の歴史]

東伯郡山守村大字今西字宮ノ前 鎮座

 祭神 大己貴神
 
 由緒 創立年代不詳、往古より南谷九ヶ村の大社にして
    後醍醐天皇元応元年名和又太郎長年社殿を建立し、
    その後六度の建立は文書?蝕して年月等すべて不
    明なれど、皆国守の建立する所となりと云へり、
    降つて大永三年癸未三月地頭小鴨弾正鴨部幸基之
    を建立し、天文十七年戊申九月当国大守佐々木朝
    臣民部輔尼子晴久の代官藤原朝臣池田左衛門尉久
    重建立、天正四年丙子九月故賀茂朝臣小鴨左衛門
    元清建立文禄二年癸巳井部九郎左衛門建立、元禄
    四年辛未参月本殿建立の際因伯国守伯耆守光網公
    米五石寄進せらる明治維新の際社号を山守神社と
    改め村社に列せられ。大正七年十月三十一日神饌
    幣帛料共進神社に指定せらる。

 例祭日  四月十五日
 
 建造物  本殿、拝殿、神楽殿、随神門、神輿庫

 境内坪数 七百八十一坪
 
 氏子戸数 六十百戸
nice!(0)  コメント(0)