So-net無料ブログ作成

茶畑神社 [日本の歴史]

西伯郡庄内村大字押平字茶畑 鎮座

 祭神 彦火々出見尊、倉稲魂尊、市杵島姫命
    菅原道真公

 由緒 創立年代詳ならず、該社は往古より村社
    押平神社の摂社にして王子権現と称す、
    即ち該村の産神なり、明治元年茶畑神社
    と改称せらる、合祭の倉稲魂尊は本村内
    字ヶエゾウに稲荷大明神と称し、市杵島
    姫命は字弁天上に弁財天王と称し、管原
    道真公は字山道に北野神社と称し共に茶
    畑神社の末社として奉仕せしを、明治元
    年九月本社に合祀す。

 例祭日  十月十日

 建造物  本殿、拝殿

 境内坪数 二百九十九坪

 崇敬者戸数 三十八戸
nice!(0)  コメント(0) 

村社 押平神社 [日本の歴史]

鳥取県 西伯郡庄内村大字押平字アリセ鎮座
 祭神 天御中主尊、大山祇尊、素戔嗚尊
    猿田彦命、天鈿女命、大??尊
    経津主尊、建御雷尊、聖命
 由緒 創立年代不詳、往古より西之庄の惣産
    神にして社号を押平大明神と称す、明
    治元年押平神社と改める、明治四十年
    四月二十七日新鮮幣帛料供進神社に指定
    せらる。
    大正五年三月庄内村大字押平字五反田鎮
    座無格社阿須波田神社(祭神経津主尊、建
    御雷尊) 同村大字大塚字中乗木鎮座無格
    社塚宮神社(祭神聖命)を合併す。
   例祭日 十月九日
   建造物 本殿、拝殿、神楽殿、随伸門
   境内坪数 二百八十七坪
   氏子戸数 二百二十八戸

 現所在地
「鳥取県 西伯郡名和町大字押平172」
nice!(1)  コメント(0) 

前田神社 [日本の歴史]

西伯郡庄内村大字古御堂字於極鎮座

 祭紳 稚日女命、大山祇命、稲背脛命、猿田彦命
 
    天鈿女命、素戔嗚命、大己貴命

 由緒 創立年代不詳、往古より村社押平神社の
    摂社にして利壽権現と称す、則ち該村の
    産神なり、明治元年前田神社と改称せら
    る、大山祇命は山神と称し、稲背脛命
    は鷺神と称し、当社の末社として境内に
    在りしを明治元年九月合祭、猿田彦命、
    天鈿女命は字後ロ路に道祖神と称し当社
    の末社なりしゃ同時に合祀す、大正五年
    三月庄内村大字大坂字上屋敷鎮座無格社
    福田神社(祭神大己紀命、素戔嗚命) 同
    務大字古御堂字後ロ路鎮座無格社大代神
    社 (祭神素戔嗚命)堂村大字押平字アマ
    ゴゼン鎮座無格社茶畑原神社(祭神素戔
    嗚)を合併す。

 例祭日   十月一日

 建造物   本殿、拝殿

 境内坪数  四百二十七坪
 
 崇敬者戸数 五十七戸
nice!(1)  コメント(0) 

保食神社 [日本の歴史]

西伯郡車尾村大字観音寺戸上山鎮座

 祭神 市杵島姫命

 由緒 創立年月不詳、往古より藤内神と
    称ふ明治元年神社改正の際廃社と
    なり、四十三年再興保食神社と改
    む。

 例祭日  四月三十日

 建造物  本殿

 境内坪数 三十坪

 崇敬者戸数 五十戸

 注意事項
 ①祭神がお一人です。
 ⓶ 境内坪数 三十坪 は 今までで、一番狭いです。
 ③ 崇敬者戸数 今までの所、五十戸は少ないです。
    が、坪数に比しますと、多いです。
nice!(1)  コメント(0) 

村社 新宮神社 [日本の歴史]

西伯郡車尾村大字観音寺字地蔵院 鎮座

祭神 伊弉那岐命、伊弉那美命

 由緒 創立年月不詳、往古より観音寺村の産
   土神なり、その他明かならず。

 例祭日 十月一日

 建造物 本殿、拝殿、神楽殿

 境内坪数 二百六十二坪

 氏子戸数 五十三戸
nice!(0)  コメント(0) 

中嶋神社 [日本の歴史]

西伯郡車尾村大字中島字荒神前鎮座

 祭神 素戔男之命 

 由緒 明治元年神社改正の際今の
    社号に改称す。

 例祭日  六月一日

 建造物  本殿無、瑞垣、神楽殿

 境内坪数 百四十七坪
 
 崇敬者戸数 十二戸

祭神が素戔男之命 お一人であるのが、気になります。
nice!(0)  コメント(0) 

上福原神社 [日本の歴史]

西伯郡福生村大字上福原字豊田屋敷鎮座

 祭神 素戔男之命

 由緒 創立年月不詳、


この行以降の行は、表示されません。
nice!(0)  コメント(0) 

皆生神社 [日本の歴史]

西伯郡福生村大字皆生字上川端鎮座

 祭神 素戔嗚男命

 由緒 創立年月不詳、八大荒神宮と称へしを
    明治元年皆生神社と改称す。
    (此の地に皆生温泉神社あり)

    この文章から、皆生神社と皆生温泉神社
    は別の神社であることが解る。

    祭神がお一人は気にかかります。

    
  例祭日  四月十日

  建造物  本殿、神楽殿

  境内坪数 百四十七坪

  崇敬者戸数 九十戸
nice!(1)  コメント(0) 

和田神社 [日本の歴史]

西伯郡和田村大字和田字荒神南鎮座

 祭神 素戔嗚尊

 由緒 創立年月詳ならず、棟札の最も古き
    者を延享二年三月修復のものとす、
    其他沿革明からならず。

 例祭日  十一月十五日

 建造物  本殿、幣殿、拝殿

 境内坪数 百六十四坪

 崇敬者戸数 三百戸 

 注意事項 祭神がお一人である。
nice!(1)  コメント(0) 

富益神社 [日本の歴史]

西伯郡富益村大字富益字割往来西鎮座

 祭神 天照大御神

 由緒 当社は萬延元年霜月十九日勧請
    創立せるものなり、其他の沿革
    等詳ならず。

 例祭日 十一月三日

 建造物 本殿、幣殿、拝殿

 境内坪数 四十八坪

 崇拝者戸数 三百五十戸

注意---祭神がお一人です。
nice!(1)  コメント(0)