So-net無料ブログ作成

郷社 住吉神社 [日本の歴史]

西伯郡御来屋町字宮ノ前屋敷 鎮座

 祭神 底筒之男命、中筒之男命、上筒之男命
   
    息長足姫命、大山祇命、大己貴命、

    事代主命、管原道真公

 由緒 当社創立年代不詳、往古は摂津大明神
    と称す(本社は摂津の國官幣大社住吉神
    社の分霊なること社帳及び棟札にて分
    明なり) 寛永六年八月正一位住吉大明
    神と改称せり、当時の宗源宣旨奉告祭の
    奉幣串祝詞は現に貴重品の中に保存せり
    、旧幕府時代には西ノ庄大社と称せられ、
    藩主池田光仲公特に崇敬ありて社領高三
    石五斗五升及び葵蝶打交ぜの紋章幕と提
    灯の寄進あり、明治維新神社改革により
    郷社に列せられ住吉神社と改称せらる、
合祀事代主神は波止場に鎮祭
あり、 管原道真公は境内末社にりしが明
治維新の改革により合祀せらる、明治四十
年 二月三日新鮮幣帛料供進神社に指定せ
らる、大正六年四月光徳村大字西坪字山王
鎮座無格社西坪神社(祭神大山祇命、大穴
牟遅命)を合併す。
    社伝及び古老の伝説に拠れば元弘帝隠岐
    より名和港に御潜幸の際土人戸屋助右衛
    門なる者所の鎮守住吉の社を暫く御座所
    となし当社に奉幣し給ひしと云ふ。

 境内神社 金毘羅神社、祭神 大物主命

 例祭日  十月十九日

 建造物  本殿、拝殿、神楽殿、随伸門

 境内坪数 千三百六十八坪

 氏子戸数 六百十五戸
nice!(1)  コメント(0)