So-net無料ブログ作成

村社 坪田神社 [日本の歴史]

西伯郡名和村大字奈和字飛田 鎮座


祭神 伊弉諾尊、伊邪那美尊、天津児屋根尊
   素戔嗚尊、大穴牟遅尊

由緒 創立年月詳ならずと雖も、寛文四年社
   殿建立以来造営修復して現今に至れり
   往古は武将の崇敬厚く天文十二年尼子
   晴久神田を寄付せられ、又天正十五年
   毛利元就の家臣大草玄蕃允、藤井臺岐
   守、木曽與一兵衛より神田六反を寄進
   す、現に寄進状を保存す、文禄年中中
   絶のこと旧記に存す、往古は出雲江大
   明神、佐陀大明神、春日大明神と三社
   を合祀し、出雲江大明神と称へしが、
   明治元年神社改革の際坪田神社と改称
   せらる、明治四十年四月二十七日新鮮
   幣帛料供進神社に指定せらる。大正四
   年十月名和村大字門前字鎮守山鎮座無
   格社義方神社(祭神素戔嗚尊大穴牟遅尊)
   を合併す。


例祭日  四月二十一日

建造物  本殿、拝殿

境内坪数 四百三十一坪

氏子戸数 八十五戸
nice!(1)  コメント(0)